第48回衆議院議員選挙の結果を受けて思うこと

軽井沢から新幹線で帰宅し、自宅で夕飯。

 

ビールで乾杯していると、8時を迎え、

TV番組が一斉に衆議院議員選挙の速報番組に切り替わる。

 

さてはてどうなる?と思っている矢先に

「自民圧勝・単独過半数が濃厚」と。

 

まー、読めていたことかもしれませんが、

自民党が強かったというよりも、それ以外が自滅したという感じの選挙感が強いなと・・・。

 

以下、雑感。

 

 

◾自民党が勝ったのではなく、他が自滅した。

 2大政党制度のような形を望む人は、一般の人も

 政治家も多い気がしますが、実際は多様な考え方が存在し

 その考えに基づき、どのように社会構造を作り上げるか?

 

 その手段として、考えが似通った人が集まり政党を作りますが、

 野党側が本気で2大政党制度を望むならば、全党解党して集合すれば良いのでは?

 

 結局、それができないために、無理に候補者を乱立し、

 票を奪い合っているだけ。

 

 自民党は「政党政治」で勝てる=候補者擁立を秩序立て戦略化。

 

 これでは野党は絶対に勝てるわけはない。

 自滅しただけと言われてもしょうがないだろう・・・。

 

 

◾小池さんは何をしたかったのか?

 希望の党を立ち上げて、党首にならず、自分は

 「都知事」の仕事でパリに・・・。

 もし、票が集まっていたらパリに行かなかったのでしょうか?

 それもそれで、おかしな話・・・。

 自民党との政権交代を本気で考えていたのか?疑問です。

 

 それに伴い、若狭さんは小選挙区でも比例でも落選し、

 前原さんも、細野さんも、なんか居心地悪い感じ・・・。

 

 全ての責任が小池さんにあるというのも変な話で、

 「俺がやる!仕切る!」という気概を持った人はいなかったのでしょうか?

 

 都民としては、都知事の仕事をやりきって、

 国政を目指すならば目指して欲しいところ。

 

 

◾日本人は筋を通す人・事が好き?!

 今回から立憲民主党になった旧民進党ですが、

 希望の党に合流しなかった(できなかった)人達は

 「筋を通している」という事で、評価されていると感じています。

 

 大義を忘れず、志を持って、今回の選挙戦に望んだのは素晴らしい。

 忠臣、忠義の精神みたいなもんですかね?

 

 野党第1党を維持できたので、野党側の主導権を取って

 頑張ってもらいたいところ。

 

 

◾政党に属しているのに、無所属として出馬ってなんじゃ??

 政党に所属しているのに、出馬の際には「無所属です」と。

 全く理解できません。

 政党政治をきちんと遂行したいのか?

 政治家として、個別個別の制作毎に判断したいから無所属を選んでいるのか?

 無所属という党でも作りたいのですかね?

 

 

◾低い投票率 

 投票率は53.6%前後と、低調。

 台風による天候不良が理由に挙げられ、そこを理由にすれば

 本質を見逃すかと。

 

 今のネット技術を使えば、ネットでの在宅投票とか可能だろうし、

 低い投票率の原因は別にあると考えた方が良いと思います。

 

 まずは、投票手段の刷新は当然で、その後に、

 政治家を選出するプロセスそのものに手を入れるべきだと。

 

 ・衆議院の優位を残すなら、参議院は実質不要。

 ・小選挙区で大差で落選したのに、「比例で復活」とか、

  信用されてない人をなぜ政治家にさせるのか・・・。

 ・候補者の預託金廃止しないと、そもそも立候補しにくい・・・。

 ・どういう日本にしたいのか? そのためにどういう法整備を考えているのか?

  これらをきっちりと伝わるツールは解禁すべき。

 ・告示から2週間で投票する事も見直して良いのでは?

 

 

 

 

 

いずれにせよ、当選した議員の方々は、頑張って

日本を良くしてもらいたいと思います!

 

 

 

 

 


ラン・ラン・ラン

台風迫るこの週末。

数ヶ月前から予定していたレースに知人と参戦。

都合3本ほど、走ってきました。

 

真面目に記録を狙うとかではなく、

トレーニング含みでの参戦なので、そこまで追い込まず。

以下、レース参戦記。

 

◾スパルタンレース

 http://www.spartanrace.jp/ja

 

 5月に日本で初開催されたスパルタンレースですが、

 2回目にして種目が増え、距離が長いスーパー、短めのスプリント。

 さらには、12歳以下の子供向けのKidsレースも開催!

 

 せっかくなので、スーパー(12km)とスプリント(5km)を

 午前と午後で行うコンボで参戦! ついでに子供も、Kidsレース(1km)に。

 目指せ完走!

 

==================================

1:スパルタンレースのスーパー(12km)。

 土曜日の午前に出走。距離は12kmで、マップを見る限り、どうやら山岳コース。

 昇り下りのトレラン要素が加わった感じか?

 

 スタートから急な下り、その後泥道の登りに、、、。

 最初の関門である壁やバーを越えた後、ジャングルジム登って、

 泥水潜って壁越えて、やっぱり来たぞ有刺鉄線。

 障害物はある種、五月開催の延長だったので、まー想定内でしたが、

 トレランコースが厳しい・・・。

 

 特にゴールに近くなる11km地点ぐらいで、

 ふくらはぎが埋まると抜けないような沼地の行進・・・。

 多分、運営側も意図しないぐらい、大雨でドロドロになってしまい

 このようなコースになってしまったのだろう。

 

 僕はトレランシューズで臨んだので、ルートを走ることができましたが、

 普通のランニングシューズで参加していた知人や選手は、

 ツルツル滑って、スピードが全く出なかったようです。

 

 そんなこんなで25個ぐらいの障害を越えて、ゴール!

 いやー、前回とは全く異なり、スパルタン度合いが増してました。

 

 後で確認しましたが、結構早かったみたいです。

 =============================

  時間:1時間56分15秒

  順位:1953人(男性1571人)中 90位(男性89位)

     40代では6位! 

 =============================

 僕が参加したオープンクラスよりもレベルが高い

 エリートクラスとコンペティションクラスがあるので、純粋な順位ではないですが、

 それなりには早かったらしく、一因にシューズがあるなと。 

 

 

◉Kidsレース

 知人達が戻ってくる間に、ドロドロの服を脱いで着替えて、

 午後のスプリントに備える。その前に、お楽しみのKidsレース!

 

 Kidsレースは1kmの間に、10個ぐらいの障害物で、

 順位を争うエリートもありますが、うちの息子はオープンクラス

 8歳から10歳の競技に参加。

 

 子供も壁越え、平均台渡り、トンネルくぐり、シートくぐりなど

 障害物を越えながら、泥道を進む。

 息子がゴールした時には、顔に泥が跳ねてて、なかなか見ないシーンかも(笑)

 

 息子もメダルをもらって、満足気。

 一緒に参加した子も「もっと長いのが良かった」と。

 ついつい、泥遊びとか避け気味ですが、子供は楽しいんだろうな〜。

 大人が遠ざけてるんだろうなと反省。

 

 次回はもっと長いといいね〜。

 

 

2:スパルタンレースのスプリント(5km)

 一緒の参加者は、温水シャワーを浴びて、温泉へ。

 僕だけ残って、2回目のレース・・・。うーん、寒い・・・。

 辞めとけば良かったかも・・・。

 

 2時半に出走。

 コースはスーパーの短い版なので、基本的に理解。

 寒いのでさっさと終わらせて、温泉に行きたい。

 

 4kmすぎた最後がスーパーと異なって、

 ドロドロの沼地ではなく、粘土層の山を10メートルぐらい登る。

 こちらも皆さん、ツルツル滑って大変そう。

 僕はササッと昇りきり、ゴールを目指すが、細い道になると渋滞で全く進まず・・・。

 スーパーの人達と比較すると、装備や準備が足りない人が多い気が・・・。

 

 抜ける部分は抜いて、無事ゴール。

 

 =============================

  時間:1時間16分40秒

  順位:2005人(男性1474人)中 67位(男性53位)

     40代では6位! 

 =============================

 こちらも、なんかいい順位。

 やっぱりシューズが良かったんだろうな。

 

 サクッと着替えて、子供達が待つ温泉に向かい、お湯に浸かる。

 ハー、気持ち良い。極楽極楽。

 

 参加選手の中には、低体温症になる人もいたかも・・・。

 危ない危ない。

 

 

 

 その夜、日曜開催のスパルタンレースの中止メールが届く。

 まー、そうだわな・・・。

 

 午前と午後ではコースコンディションが

 猛烈に悪化してたので、しょうがないだろう。 

 

 午前、午後と1本づつやりましたが、上半身が筋肉痛になるのは、前回同様。

 特に前腕が重い・・・。トライアスロンでは全く使わないからな〜。

 

 

 スパルタンレースは、日本開催分は全てこなしているので、メダル3つ。

 子供の合わせて家に4つ(笑) 次回開催分は、どうしようかな・・・。

 

 

=================================

◾軽井沢マラソンフェスティバル

 http://sanspo-marathon.net/karuizawa-fes/

 

3:ハーフマラソン(21.5km) 

 早朝に起きて、軽井沢へ新幹線で向かう。

 理由は知人のハーフマラソンにお付き合いで出走するため。

 まー、これも練習。

 

 駅を降り、アスリートチェックイン。

 雨、雨、雨、、、コインロッカー近くで着替えて、外で待つ。

 雨、雨、雨、、、スタート時刻まで後5分。

 雨、雨、雨、、、スタートの号砲とともに、雨よけゴミ袋を脱ぎ、いざ出走!

 

 走ってる間は、ずっと雨。

 体が暑くならずに良いかもしれませんが、少し低体温気味・・・。

 うーん、寒い。

 

 5km、10km、15km、特に大きく崩れることもなく、淡々と。

 ハーフマラソンを20kmと考えると大間違い。約22kmと考えた方が良い。

 

 15km過ぎても、淡々と走り、ゴール。

 本当は旧軽井沢近辺の別荘地を紅葉見ながら走る予定だったのに、、、

 まー、これも経験。

 

 タイムもそこそこ。ハーフのベストが数年前の1時間45分だったので、

 前日のスパルタンレース、当日の雨コンデションを考えると、素晴らしい。

 

 初ハーフマラソンに挑んだ知人も無事ゴール。

 良かった!良かった!

 

 で、早々に温泉へ。 フヒー、極楽極楽。

 厳しい体験をすると、嬉しさ倍増。

 

 

====================================

 

秋の行楽とトレーニングを兼ねる予定が、雨で厳しいものになりました。

逆を言えば、寒い雨の中、自分でトレーニングすることもないだろう。

なかなか経験できない事を、体験できたので、良かったことにしよう!

 

主催の皆さん、ボランティアの皆さま、

応援していただいた皆さま、会を運営していただきまして、ありがとうございました。

両方の大会の参加の皆さん、お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 


CODE DCアカデミー開講!

D2C主催のCODEアワードですが、

受賞者をお招きしたアカデミーを開講させてもらうことにしました!

http://www.d2c.co.jp/news/2017/10/18/1979/

 

その名も

CODE Digital Creative Academy


・Partyの伊藤さんによる、CODEアワード2017の振り返り。

・「Glicode」でアワードを飾った電通の小池さんによるブランド関連の講演

・「聞き間違えない漢字辞典」を企画された博報堂の三浦さんによる講演

・最後に3名でのパネルディスカッション


講演の後には、ネットワークパーティも少しだけ開催します!

 

初回内容はクリエイター必見です!

ぜひ、ご来場ください!

 

詳細はこちら:http://www.d2c.co.jp/news/2017/10/18/1979/

申し込みはこちらhttp://peatix.com/event/310024/

 

 

 

 

 

 


事前投票

今週末は予定があるので、投票に行けず。

なので、第48回衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査の

事前投票に行ってきました。

 

今週末に結果は出るわけですが、その前に思うことをつらつらと。

 

 

◾投票時の違和感

 投票所に行って、投票用紙をもらいブースに立つと違和感。

 比例代表を記載する時に「支持政党なし」と言う政党名が目に入る・・・。

 

 支持する政党がない人の気持ちを代弁していると言えば、都合が良いかもしれないが、

 誤認誘導しているようにしか思えません。

 

 「支持政党なし政党」の方は、政党政治を否定し民意をよりダイレクトに

 反映させる政治のあり方を真面目に考えているのかもしれませんが、

 もう少し政党名に気を使って良いのではないか?と。

 やり方としては、不誠実だと感じます。

 

 

◾最高裁判所裁判官国民審査の実施方法は適切なのか?

 比例投票の用紙を貰う際に、一緒にもらうのが

 「最高裁判所裁判官」の○✖をつける審査用紙

 

 全く情報がない方々の○✖をつけろと言われても、、、

 事前に、どう言う裁判をどう言う方向で結審させたとかないのですかね?

 判断基準が全くなく、この投票システムの意味すらわけわかりません・・・。

 

 

◾約半分が当選する制度ってどうか?

 今回の衆議院議員選挙に立候補した数字を見てみる。

 

 小選挙区に936名、比例区に855名(小選挙区との重複は611)で、合計1180名の立候補者。

 議員定数は10減っているので、小選挙区289、比例区176の合計465名。

 

 半分というのは言い過ぎですが、1180名の立候補に対して、

 465名が当選するのは、確率的には相当高いのではないでしょうか?

 

 もともと貴族院しかなかったのを、民意を代弁するために、

 誰でも投票し、立候補できるように、制度改正を重ねてきた衆議院と

 元貴族院の参議院ですが、制度改正待った無しでは?

 

 2院制のあり方(衆議院偏重)もそうですし、

 議員の質も担保できず、政党政治のあり方も含めて、議論しないと

 政治の質を保てないところに来ているんだと思います。

 

 小学校の頃や部活動などで、リーダーを決める時や

 中高大学入試、就職時の適合テスト、面接、サラリーマンになっても続く昇格テストなど

 投票的な方法、面接、思考体系テスト、知識レベルテストなど

 歳をとっていく中で、様々な選ぶ・選ばれるプロセスを経たと思うのですが、

 告示されてから2週間で、投票する人の事も、何をしたいのか?も

 想像以上に伝わってこない中、日本の大きな枠組みを決める議員選挙制度が

 とてもとても「雑」に思ってしまいます・・・。

 

 

 

◾選挙制度の問題解決の方が先決か?

 選挙制度の課題を潰して、改良することをしないと、

 多くの人が、支持したい政党はないし、政治家もいない・・・と。

 ですが、選挙制度を改善できる人も政治家・・・。

 

 鶏卵論になってしまいますが、

 政治家を第3者的に見て、制度解決できる政治家を求めたいところ。

 

 

 

 

さてはて、22日投開票。

投票率はどうかな? 18歳からの投票はどうなったかな?

どうなるでしょうか? 楽しみです。

 

 

 

 

 

 


アプリ甲子園2017 優勝者決定!

この週末の15日に、D2Cホールにてアプリ甲子園の決勝が開催され、

優勝が決まりました!

http://www.d2c.co.jp/news/2017/10/16/1987/

 

優勝は慶應義塾湘南藤沢高等部3年の西村佳之さん!

アプリのタイトルは「Nekt」です。

 

アプリ名からは、少しサービスイメージがわかりにくいのですが、

「遊びたい同士が気軽にコミュニケーションをとれる」アプリです!

http://www.d2c.co.jp/news/2017/10/16/1987/

おめでとうございます!

 

 

============================

決勝に残った10名のプレゼンは、全てが上手で、

今年は稀に見る接戦でした。

 

多くの人が言うように、年々レベルが上がってます。

審査員の先生もそう感じていますし、アベマフレッシュを通じて見た方々や

ツイッターでつぶやいている状況からも察せます。

 

アイデア、デザイン、プログラミング、プレゼンなど

全て質が上がっていて、主催していて嬉しいです!

 

 

お金儲けのアプリやサービスだけではなく、

身近な何かを解決する、改善する、社会を良くするアプリ

そんなピュアな視点を忘れずに、これからも精進してもらいたいと思います。

 

 

ちなみに優勝した西村君には、「総務大臣賞」も!!

ぜひ、後輩にも「がんばれよ!」と、先輩風を吹かせてもらいたいと思います(笑)

 

 

決勝に残ったみなさん、入賞した方々、本当におめでとうございます!

 

応募いただいた皆さま、協賛いただいた企業の皆さま、メディアの皆さま

ご来場いただいた皆さま、ネット視聴いただいた皆さま、審査員の先生方、
2018年もさらに拡大&質の向上目指して、主催したいと思います。

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


キャンプ&登山

秋もやっぱり、キャンプと登山。

浜松にてキャンプ。海沿いのキャンプは初めて。

天候に恵まれ、朝焼けも綺麗。

海つりも初めて。なかなか難しい。

浜松餃子も初めてでしたが、野菜多めでなかなか美味しい。

 

家康ゆかりの浜松城にも行き、ゆかりの龍胆寺にも訪問。

正夢稲荷にて、各種祈願。

 

移動して、木曽駒ケ岳にも登頂しようとしましたが、天候不良で途中下山。

妻と子供がいるので、無理はできない。まー、また来よう。

少しだけ秋を感じることができましたが、

紅葉とかもっとみたいな〜。

 

 

 

 


Spikes Asiaにて広告賞3つ!

グループ会社が頑張ってくれています。

なんとSpikes Asiaにて3つの広告賞を受賞してくれました!

http://www.d2c.co.jp/news/2017/10/06/1975/

 

D2C dotは【デジタルクラフト部門】と【モバイル部門】にて
GoogleさんのKIBO SCIENCE 360 - A Space Experiment with Google

シルバーを受賞!

 

IMG SRCは【デジタル部門】にて、

TIFFANY & CO.さんのHAND MEETS HANDでシルバーを受賞!

 

 

広告賞を取れるってのは、単純に嬉しいですね〜(笑)

クライアントさん、代理店さん、

協業パートナーの方々、ご一緒させていただいた皆さん

 

おめでとうございます&ありがとうございます!

 

 

 

 

 


Gushcloudの日本パートナーに。

D2Cは東南アジアで最大級のインフルエンサー規模を誇る

Gushcloudの日本展開パートナーになりました。

http://www.d2c.co.jp/news/2017/10/03/1934/

 

東南アジアでも市場が拡大するインフルエンサーマーケティングは

マーケティング手法として無視できません。

 

特に、日本から東南アジアの人々にアピールしようとしたい場合には、

効率的な手法だと言い切れます。

 

すでに、Gushcloud社は東南アジアでの実績はありましたが、

日本での営業展開はまだ未開拓だっったので、今回の出資・業務提携に至りました。

 

訪日客を取り込みたいクライアント向けには、

良いマーケティング手法だと思いますし、

これ以外にも、色々とご提供していこうと思って居ますので、

よろしくお願いいたします。

 

https://www.gushcloud.co.jp

 

 

 


内定式2017

毎年恒例、内定式。

2018年4月入社予定の学卒者は29名。

バイトはほどほどに、「学生に飽きました!」と胸を張って言えるぐらい、

学生生活を謳歌して、入社してきてほしいと思います。

 

 

 

 


アプリ甲子園2017、決勝進出者決定!

今年も数多くの応募をいただいた

アプリ甲子園の最終審査会が開催され、

10月15日の決勝に臨む10組が選ばれました!

 

http://www.d2c.co.jp/news/2017/10/02/1943/

 

社会人の視点と違って、身近なところからの発想が素敵。

 

アイデア、プログラミング。

さらにはプレゼン力も重要なアプリ甲子園の決勝ですが、

残り2週間、ブラッシュUPして、臨んでもらいたいと思います!

頑張れ〜。

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM