CES2017@ラスベガス

今年も年明けからCES(Consumer Electronics Show)視察@ラスベガス。

 

今回で3年目の定点観測になりますが、なんとCESは今年で50年目!

家電のイベントが50年前からあるなんて、凄いな〜。

 

会場は昨年同様、サンズエクスポの方が、スタートアップや大学、IoT系が多く

ラスベガスコンベンションセンターは、SONY、サムソン、

Panasonicなどのグローバル企業系が多い。

 

どちらの会場が良いというよりも「なるほどこういうトレンドね」

「面白いな〜」「個人的に購入したい」などと感じるサービスが

広大な展示場に点在しているので、とにかく歩き回るのみ。


 

以下、雑感。

・大潮流である世の中なんでもネット接続=IoTは変更はなし。

・コネクティドホーム、カーは実現に向けて1歩前進。

・ホーム内サービスの普及には、音声入力がキーになりそう。

・車内のモニター大画面化は必須。家電メーカーの自動車販売もあり得る。

・IoT、ウェアラブルは活用領域が明確に。

・スポーツ、フィットネス、健康、ベビー&キッズ、美容、教育あたりが多く出展。

・スポーツ、フィットネス系は、各社出来る事は大きく変わらず、

 見た目のデザイン違いぐらい。すでに飽和傾向か?

・ウォッチは飽和というか、デザイン違いだらけでも、見向きもされず・・・。

 市場特化型の方が需要があるかも。

・ハードウェア系の参入も容易になってますが、

 差別化を求めるならば自社製造しかないかも。

・今回初めて聞いた「スリープテック」は、カテゴリとして拡大しそう。

・3Dプリンターはメタルまで可能になり、一家に一台を目指してる感あり。

・ドローンは用途に応じて、機種拡大。数年内にはパーソナルドローンが普及するかも。

・VR、ARのヘッドセットはいたるところで、付けられてました。

 技術的にはクリアできてるにしても心理的な障壁を越えられるかが、鍵かなと。

・子供向けプログラミング教育ガジェットがちらほら。

・大学系の出展が無駄に面白かった。 

・5Gのリアルタイム伝送実験も展示。バルセロナの展示会に期待。

 

 

R1048615.JPG

 

R1048603.JPG

 

R1048601.JPG

 

R1048596.JPG

 

R1048590.JPG

 

R1048583.JPG

 

R1048581.JPG

 

R1048580.JPG

 

R1048577.JPG

 

R1048576.JPG

 

R1048573.JPG

 

R1048572.JPG

 

R1048561.JPG

 

R1048560.JPG

 

R1048557.JPG

 

R1048556.JPG

 

R1048550.JPG

 

R1048546.JPG

 

R1048545.JPG

 

R1048544.JPG

 

R1048542.JPG

 

 

ごちゃごちゃと書きましたが、総括すると、

大きな概念の進歩はなかったと思います。

が、着実に一歩づつ進めて来てると思いました。

 

もう一段の普及にあたっては、

「もう少し小型化できない?」

「それ実際に取り付けると出っ張りが・・・」

「電源どうするよ?」

「それやってると回りから変に思われない?」とか・・・

しょーもないけど、実際に起こりうる心理的なハードルが出てきます。

来年は是非「もう、これ絶対!」みたいな、超えたモノを観たいと思います!

 

R1048569.JPG

 

PS:早朝から夕方まで、ずっと考えながら、人ごみをかき分けて

 歩き回る会場視察って、凄く疲れます・・・。

 

 

 

 

 


仕事始め

仕事始めと行っても、海外からです。

が、年始に思った事を。

 

様々な企業の方が話されていますが、2017年は不確実な時代かなと。

地政学的に大きな変化がありそうで、経済にも大きな影響がありそう。

 

そんな中にあっても思うのは、

長期的な視点に基づけば、「確実性を持って変化を起こせる」という事。

 

長期的な視点とは、世の中の止められない流れみたいなものだと考えてますが、

単発的、偶発的、局所的な事象ですべてを捉えず、

多くの要因の変化の方向性を可能な限り理解して、

「変化して行かざるを得ない」事を理解するって事かなと。

 

世の中がデジタル化して行く事、IoT化が進むのは疑いようも無い事実。

グループ上げて、頑張って行こうと思う。

 

 

 


あけまして おめでとうございます。

あけまして おめでとうございます。

 

2017年の元旦は、早朝ランから。

年賀状を確認し、増上寺にお参りした後、実家にて兄弟と。

2日の夜に釣りバカ日誌を見て、3日は妻の実家の集まりへ。

 

今年も一年あっという間なんだろうな〜。

やるべき事を着実にやっていこう。

 

皆さま、2017年もよろしくお願いいたします!

 

 

 

 


煩悩払いの108本スイム

本日、午前は、煩悩を払う?!108本スイムトレー二ング。

 

以前、50mでやったことはありましたが、今年は100mで参戦!

クロール100mを108本、2分サークルで淡々と。

 

途中水分補給は行いましたが、何か食べれば良かった。

完全にエネルギー不足で70本目あたりから、急激にスピード劣化・・・。

10km以上泳いだ訳ですが、さすがに疲れました・・・。

 

来年はもう少し厳しいスイムトレーニング環境に移るので、頑張ろう!

 

 

 


業界いろいろ

本日仕事納め。

 

といっても、ぎりぎりまで打ち合わせが詰まっている訳ではなく、

今週はそもそも打ち合わせを少なく。

年末年始の挨拶もお断りするようにしています。

 

挨拶回りという慣習もわかるのですが、

「挨拶の為の挨拶」に時間を割くのは

お互いにもったいないかなと・・・。

お断りしている方々、申し訳ありません。

 

で、今年一年振り返ると、広告業界的にはいろいろあったなと。

思う事をつらつらと。

 

■デジタル上の「メディア」は広告収益に頼り過ぎではないか?

 キュレーションメディアのメディアとしての信頼性が揺らぎました。

 ある種、行き着いてしまったなと・・・。

 というのも、事業主体者が行いたかったのは「広告事業」であり

 「メディアを運営する保管としての広告収益」ではなかったと考えているからです。

 

 メディアの先輩である新聞、雑誌は、

 コンテンツを届ける手段として、有限スペースである紙にまとめ、購入してもらう。

 読者数が伸びれば、広告メディアとしての価値が産まれ、広告収益が伸びる。

 

 さらっと書いてますが、

 自分達がまとめた内容を「コンテンツとして、購入してもらう」のって

 すごく大変な事だと思います。

 

 キュレーションメディアは全く逆の発想です。

 課金できるコンテンツには、そもそもなってない。

 広告収益で事業を成立させる為には、ページビューが必要。

 ページビューが伸びる、伸ばせる情報が良質なコンテンツであり

 最も収益貢献する。雑に書くとこういう事かなと・・・。

 これは「メディア」と言えるのでしょうか?


 新聞、雑誌の記者さん、ライターさんは、

 有限スペースに「まとめて良いよ」と、お墨付きをもらって書いているわけです。

 その世界にあって深い知識と洞察とセンスがあると、

 他者から一定の評価をされている人々なわけです。

 

 旬なニュースをプロピッカーが選ぶNEWSPICSはのような

 デジタルメディアは、広告&課金収益で、きちんと成立している。

 更に言えば、旬なニュースの出元は、ある一定の質が担保されているメディア。

 

 専門家が集まっているオールアバウトは

 広告収益が基本だと思いますが、課金は難しいのかな? 

 

 販売、課金できるレベルのコンテンツって難しい。
 デジタルメディアと括られていても、

 コンテンツのレベルが違うのは当然。

 

 デジタル化によって、誰でも「メディア」を

 名乗れるようになったのは良い事だと思ってます。

 が、コンテンツを届けたいという理由ではなく

 「広告で(簡単に)儲かるから」という理由で、

 開始・運営しているのであれば、再考すべきかと。 

 

 デジタル広告産業は伸び続けていますが、たかが1兆円。

 広告産業全体で6兆円ですが、日本のGNPのざっくり1%しかありません。

 ビジネスの基本は販売すること。

 何でもかんでも広告で賄えるほど大きな収益手段ではありません。

 

 質を求めるデジタルメディアは課金の手段を、

 よりいっそう考えるべきタイミングかなと。

 

 

■広告のネットワーク型配信は、品質を争うべき

 デジタル化によって、メディアは増加。

 課金できないメディアが多いため、広告収益に頼っているメディアばかり。

 デジタル上の広告スペースは無尽蔵に増加し、個別販売は、ほぼ不可能。

 結果的に、デジタルの広告販売、配信方法はネットワーク型に向かわざるを得ない。

 

 広告はメディアへ収益をもたらし、存在できる助けをしています。

 であれば、広告のネットワーク型配信をなりわいとしている主体は

 配信先をきちんと選定し、品質を高める努力を、怠ってはいけないのではないか?

 まだまだ、配信先の総量を競っているように思います。

   

 配信先の質が、広告主に選ばれるようになって行く事で、

 「自称メディア」は淘汰され、自浄作用が働き、

 メディアそのものの質を競う方向に向いていて行くと思います。

 

 メディアが質を競うようになると、広告ネットワークもより質を問われる良循環に。

 メディア側の改善も希望しつつ、広告業界側も健全に向けた努力を。

 

 

 

■広告業って、誰の為に何をしているのだろうか?

 広告業と行っても、存在する職種は多様。

 立場に寄って、上記の問いは変わる。

 

 広告主の為って言う人も多いだろう。

 メディアの存立の為って言う人も多いだろう。

 社会に何かメッセージを投げる事で世の中に伝えるって人もいるかも。

 何が正解ってわけではなく、正解はいろいろなんだと思う。

 

 多様な職種の中に、自分を見いだし、広告業界で働く意義を持ち、

 誰かの為に何かをしている。


 広告主から受けた要望に基づき、愚直に仕事を遂行する。

 メディアが存立するために、枠を預かり愚直に販売を遂行する。

 少しでも生活者の気を引く為に、独創的なアイデアを産み出す。

 そこには、工場のような定型的な業務はないし、これが正解って答えもない。

 なので、仕事をしようと思えば、いくらでもあるし、終わりもなくなる。

 

 広告主が要望しなければ、仕事も発生しない。

 広告業界が提案しなければ、仕事も発生しないかも。

 

 民放ラジオ、テレビの広告枠を取引できなかったら、

 民放ラジオ局、テレビ局はNHKのように国民に課金するのかな?

 

 AIがもう少し発達すれば「これが答えです」って

 クリエイティブが生まれたりするのかな?

 

 などとくだらない事を考えつつ、

 広告業って、業務内容が広く、答えを模索し続け、厳しい仕事だなと改めて思う。  

 社会全般からは、何やってるか理解しにくい部分もあるし、

 存在意義も理解されにくいだろうし。

 

 広告業って、誰の為に何をしているのだろうか?

 まだまだ若造の僕には答えが見いだせていない。

 問い続けよう。

 

 

 

 

社会全般のデジタル化に伴って、広告業そのものも変わって行かないとダメなんだろう。

2016年はいろいろ、業界的に問われた年。

来年は改善に向けて、着実に進むのみ。

 

業界関係者の皆さま、お疲れさまでした。

また、来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 


クリスマス風クリスマス

クリスマスツリーがあって、、、

イブに鶏とケーキを食べて、、、

夜にはプレゼントが届いて、、、

恋人やパパはサンタクロースって感じだったり、、、

世の中の色は赤と緑な感じで、、、

 

クリスマスほど「これぞ、クリスマス!」ってイメージが

日本に根付いている輸入されたイベントはないだろう。

 

家族とそういった過ごし方をしよう!と思いつつ、

上記イメージと関係なく過ごしたくなる今日この頃・・・。

 

クリスマスはキリスト教圏で広くイベントになっていますが、過ごし方は様々。

すべて文化的背景に馴染ませて行ってるようです。

 

本来はキリスト教のイベント。

僕は信者ではありませんが、お祝いだけ楽しんでます。

イベントだけに頼らずに、様々な事に感謝を示せるようになりたい。

 

 

 

 


家具探し

子供も大きくなって来たので、洋服やら本やらいろんなモノが増え始め、

いろいろと収容できなくなって来た感じ。

僕の練習用のウェアが増えてるってのも要因ですが、、、。

 

なので、チェストとかTV台とか、家具を少し探してみる事に。

いくつかお店を回ってみましたが、コレ!っていうのには出会わず。

適当なサイズや色、機能、値ごろ感があるのって

なかなか見つからないものですね〜。

 

急いで後悔するよりも、もう少し我慢しつつ、良いのを探したいなと。

まずは、年末に断捨離でもして、僕の洋服を減らそうかな・・・。

些細な悩みは続く・・・。

 

 

 

 


区民プールにて

息子と区民プールへ。

 

税金を納めているので、利用権利があります。

1回500円支払います。

 

ですが、20回分のチケットを先に1万円で買うと

なぜか、追加で1500円分(3回分)お得になるようです。


で、ふと・・・。

区民プールの回数割引って何??
 

区民であってもプールを使う人、使わない人が居ますが、

使える権利は平等・公平に付与されているわけで、

税金の使い道としてはある種正しいのかなと。


民間事業者的には、サービス競争なので、回数割引はありですが、

「使えば使っただけ、さらに得する」って概念は、

税金を使った設備の利用料としては、どうなんでしょうか?

要は「使ったもん勝ち」

 

あくまで、利用機会の平等を守るぐらいであって、

利用頻度の考えは入れない方が正しいのでは?

 

少し話を拡大させると増額し続ける医療費も

同様な考えが入ってやしないかな?

 

雑に言えば「使ったもん勝ち。」

どうなんでしょうかね?

 

=============================

てな事を考えながら、息子と水泳。

クロールだけじゃなく平泳ぎも教えないと。

 

競泳部の高校生に毎日教えるのと違い、

小学生に、ときたま教えるのは、なかなか難しいですな〜。

 

 

 

 


D2Cグループ全社忘年会@D2Cホール

本日は、D2Cグループ全社の忘年会。

 

こういう時に自社ホールがあると、大変、都合が良いです(笑)

 

300名以上集まると、熱気が違いますね。

 

来年度の学卒入社予定のメンバーを紹介したり、

毎年恒例D−1グランプリがあったり、大抽選会があったりと

終始和気あいあいな会でした。

 

D2Cグループの全社忘年会は、いつも早めですが、

それは、部門やチーム、社外の方々など、より近しく働いている人々との集まりや

いつもサポートしてくれている家族との時間を優先してもらいたいからです。

 

忘年会も「明るく、楽しく、厳しく!」

お疲れさまでした!

 

 

 

 


FIFAクラブワールドカップ2016 準決勝

人生初のサッカー観戦はFIFAクラブワールドカップ2016の準決勝。

北米大陸のチームと、欧州NO1であるレアル・マドリードの戦いでした。

 

会場は港北にある日産スタジアム。なんと7万人収容!すごく大きいですな〜。

会場に入ってびっくり、あれ、残席多数・・・。

チケットが高いので、埋まらないのかな?

皆さん、決勝は気になっても、準決勝は気にならないのかな?

まー、余ってるなら、ド素人の僕が観ても良いですね(笑)

 

北米チームがコールされても、選手交代しても

会場はあまり盛り上がりませんが、レアルがすると

拍手が起こったりと、人気の差は歴然としていました。

 

会場で生で見ていると、なんか煮え切らない展開に感じてしまいます・・・。

TVで観ていると解説があったり、外したゴールシーンのリプレイとかありますが、

会場内では、淡々とサッカーの試合が続いていく感じ・・・。

 

前半、後半ともに、ロスタイムにレアル・マドリードが点を入れる展開で、

結果、レアル・マドリードが勝利。

日曜日の鹿島アントラーズとの決勝戦はどうなるかな?

 

それにしても、寒い・・・。

サッカー観戦って、こんなに寒いのか・・・。

来年はチケット買えたり、もらえたりしたら、社内に配ろうかな・・・。

こういうのも経験ということで。

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM