雪降る上海

中国のマーケティングは目立たないとダメですね。

アイデアや見た目はともかく。

ディナーで飲んだ、新疆ワインも美味しく。

日本ワインも負けてられないレベル。

 

 

雪降る上海も初体験。

 

次の訪問はいつかな?

 

 

 

 

 

 

 

 


秋の上海

夜中着で上海へ。

羽田のラウンジは混雑気味。上海国際空港も少し混雑。

ですが、道路は混雑せずにホテルまでスムーズに。

 

事前打ち合わせ後に、上海側の要人と打ち合わせ。

後、ランチ。シーズンの上海カニも美味しかったですが、

前向きなビジネス打ち合わせができて良かった。

IMG_1787.JPG

夜の打ち合わせまでは、ランとスイムトレーニング。

移動で体がかたまらないようにしないと。

 

夜も中華。二食続くとちょいと辛いかも(笑)

その後バーにて1杯。平日なのに混雑してるな〜。

IMG_1788.JPG

 

年内にもう一度来て、色々と話を進めたいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


怪しまれる・・・。

バンコクから土曜日帰国。

羽田の税関にて「ゴールドとか持ってないですか?」

「見知らぬ人から荷物預かってませんか?」と、、、。

まー、現地24時間の滞在って、確かに怪しいな(笑)

 

荷物を開いてランシューズとか

トレーニングウェアしかないのを確認しておしまい。

お仕事ご苦労さまです。

 

関空が閉じているからなのか?

羽田は相変わらず、訪日客で溢れている。

自然災害が多い日本であっても恐れずに来ていただけて、ありがたい。

 

今週は移動が多かったな、、、。

動かないからかえって疲れました・・・。

 


バンコク出張

木曜の夜、会食の後にバンコクへ。

羽田から25時ごろ出発し、翌朝6時ごろ到着。

便利だが、機内泊はやっぱり疲れる。

 

午前と午後に打ち合わせ。

合間にバンコク市内の公園でラントレーニング。

出張時には体を動かさないと、かえって体がだるくなる。

 

夕飯の場所からホテルまで歩く間に、エラワン廟にてお参り。

エラワン廟は数年前にテロが起きた場所。平和であれ。

 

 

 

 

 

 

 


インバウンドマーケティングセミナー第2弾!

セミナーの告知ばかりですみません。

http://www.d2c.co.jp/news/2018/07/03/2845/

 

 

 

インバウンドマーケティングセミナーの第2弾です。

今回のテーマは

「データと販売の現場から探る、訪日外国人に人気のコンテンツ」

漠然と捉えている内容が、データでわかりやすく。
 

◾日時:2018年7月23日 17時から

◾場所:D2Cホール@東銀座

無料ですので、ぜひお越しください。

 

 

 

 


CEBIT2018@ハノーバー

ドイツのハノーバーで開催されているCEBITへ。

 

CEBITは、デジタル系のイベントとしては世界最大級。

一時期は30万人以上の動員があったと記憶。

 

20年ぐらい前に訪問した時には、とてつもなく大きくて、

めちゃくちゃ混雑して居て、全て見るのは不可能じゃなかろうか?

って、思ったのを覚えてます。

 

広さで言ったら、幕張メッセの3倍ぐらいかな?

コンセプト変更したCEBIT。さてはて、どんな感じかな?

 

==============================

トルコのアタチュルク空港経由でハノーバーへ。

メッセまでは電車で行って会場へ。

 

d!conomy、d!Tec、d!talk、d!campusと大きく4つに区切られたゾーン。

その中で、いくつかのカテゴリーに。

 

巨大ブースを構え居たのは、

Huawei、SalesForce、IBM、Vodafone、SAPあたり。

スタートアップゾーンもありました。

 

R1049788.JPG

 

R1049790.JPG

 

R1049794.JPG

 

R1049796.JPG

 

R1049798.JPG

 

R1049800.JPG

 

R1049802.JPG

 

R1049803.JPG

 

R1049804.JPG

 

R1049807.JPG

 

R1049809.JPG

 

R1049811.JPG

 

R1049814.JPG

 

R1049816.JPG

 

R1049818.JPG

 

R1049820.JPG

 

R1049823.JPG

 

早い時間から訪問したので、少し人が少ないかも。

イベントプログラムを見ると、夕方から夜に音楽イベントもセットで

盛り上げるような雰囲気になってます。

が、それって本質的なイベントの盛り上がりとは違うような、、、

 

R1049825.JPG

街中のCEBIT開催ポスター

 

R1049839.JPG

美しいハノーバー市庁舎

 

早めの夕飯を食べに、市内にて一人夕食。

地元のビジネスマンが「今年のCEBITはどう?」と、話しかけて来る。

どうやら会場スペースが半分程度になっているのとか、出展者数が減ってたり、

CEBIT目的で来る人が少ないのを、気にしている様子・・・。

 

 

ものづくりから、サービスに移行が進む中で、

ものづくり大国のドイツは、悩んでいる様子がうかがえる

象徴的なイベントだったかも・・・。

 

 

素直に言うと、ラスベガスのCES、バルセロナのGSM-WC、

リスボンのWeb Summitの方がコンセプトが明確で、

人も集まっており、新しいことが起こりそうな熱量を感じることができた。

と言うのが、結論。もしかしたら、CEBITはもう来ないかも、、、。

 

 

 

 

PS:機内2泊、現地1泊の弾丸出張。

  欧州は時間かかるな〜。少し疲れました・・・。

 

 

 

 

 

 


アジア周遊出張から帰国して。

ダッカを2時。バンコクを9時に出発して、土曜日の18時に羽田到着。

直行便がないので、厳しいフライトプランだが、

機内のラーメンに癒される自分は、やっぱり日本人だな〜(笑)

 

 

今回は、アジア3都市を周遊したわけですが、

「日本はやはり老い始めているな」と感じざるを得ない。

 

失敗も多い中、ある種の実験的、先進的取り組みが続く上海。

アジアの成功した都市としての成長したバンコク。

中国とインドの間に位置し、これからの成長起点となるであろうダッカ(バングラデシュ。)

 

それぞれの文化背景に基づき、都市として発展し

近代都市としての基盤的な発展段階を感じることができました。

 

欧州の都市を見るとすでに成熟し、老いているわけですが、

独自文化を残し、観光遺産として昇華させていると思います。

老い始めた日本も成熟国家としての面を強く意識した

都市運営が必要なんだろう。

 

ビジネスも国や都市、民度など発展段階を確認しながら

進めるものだと、改めて再認識。

アジアへの関与方法を、引き続き検討していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 


ダッカ出張

新年を迎えるバンコクを後にして、バングラデシュの首都ダッカ(ダカ)へ。

 

そもそもバングラデシュには日本からの直行便はないので、

バンコクかシンガポール経由ってのが一般的なようだ。

 

初上陸のダッカはどんな街かな?

 

==============================

バングラディシュ基礎情報

==============================

■正式国名:バングラデシュ人民共和国

■人口:1億6175万人

 ほぼ、ベンガル語を話すベンガル人。

■首都:ダッカ(ダカ) 

■時差:3時間

■地方行政:大きく8つ

■公用語:ベンガル語

◾宗教:イスラム教が約90%、ヒンドゥー教、仏教、キリスト教

■通貨:タカ

■GDP:1678億米ドル ※一人当たりGDP:1538ドル

 GDP成長率7.24%

 

◾外務省の概況

http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000274426.pdf

 

◾池上彰が明かすイスラムビジネス入門

http://special.nikkeibp.co.jp/as/201307/dhaka/vol1/

 

・1971年に独立。

・1972年に日本は国として認める。

・日本の支援は以前から強く、親日国。

・繊維業、農業がメイン。海外移住者、労働者からの送金も多い。

・独立50周年にあたる2021年までに中所得国になることを掲げ、

 全国IT化を目指す「デジタル・バングラデシュ」を打ち出している。

・国としてデジタル化を推進しており、IT、サービス業も発展中。

・現在は、後発開発途上国だが、国連の卒業基準を満たしており、

 2021年の再審査後、2027年には正式認可。

・在日邦人は400名ぐらい?

・日本コミュニティでは色々と情報交換。

 

R1049610.JPG

 

R1049622.JPG

 

R1049627.JPG

 

R1049629.JPG

 

R1049634.JPG

 

R1049637.JPG

 

 

3レベルのショッピング場所を案内してもらいました。

●大使館街にあるUnimart

西麻布にあるナショナルスーパーマーケット的な位置付けで

海外からの商品も豊富。まだ1店舗のみで、超高級。

R1049642.JPG

 

R1049640.JPG

 

R1049638.JPG

 

R1049641.JPG

 

●市内にある Agora

もう少し庶民的なスーパー。海外からの商品もあるが、品数は少ない。

少し活気があって、多くの人が買いに来ている。

R1049643.JPG

 

R1049644.JPG

 

R1049645.JPG

 

R1049646.JPG

 

R1049647.JPG

 

 

●より庶民的な売り場

 魚、肉共に売り場がありましたが、衛生状態的には大丈夫なのかな?

生臭い匂いが、、、

R1049649.JPG

 

R1049650.JPG

 

R1049651.JPG

 

●街中の携帯屋は、新品と中古両方販売し、修理も受け付け。

 電気屋も新品と中古両方販売。

R1049648.JPG

 

R1049652.JPG

 

●ナショナルモスク

金曜日は休みで礼拝の日。

日本人だと告げると「中に入って見ていって良いよ」と暖かい言葉。

R1049661.JPG

 

R1049663.JPG

 

R1049666.JPG

 

R1049668.JPG

 

R1049672.JPG

 

●船着場

船同士がギシギシと擦れるようななか、大量の荷物を持った人や

すでに出航し始めた船に飛び乗る人も。

R1049679.JPG

 

R1049683.JPG

 

R1049684.JPG

 

R1049685.JPG

 

R1049688.JPG

 

R1049700.JPG

 

R1049703.JPG

 

R1049711.JPG

 

バングラデシュと聞くと、最貧国?テロ?危険地域?未知の病気?

みたいに感じる人もいるかも知れませんが、

世界の他の国と同様に「良い暮らしがしたい!」と

日々頑張っている国でしかありませんでした。

 

ダッカの旧市街で、人、力車、車が入り乱れる光景を見ると、

「何かの為に生きる」というよりも「生きること自体が目的」という

エネルギーを感じてしまいます。

 

現時点では、まだまだ開発途上国ですが、

25年前のシンガポール、20年前の中国を見ている僕としては

「あー、これから発展するんだな」と言う感覚しかありません。

 

二国間での援助で言うと、日本からの支援額が最大。

なので親日だと言う側面もありますが、

街中で「日本人?」と確認され、一緒に写真を撮られることも・・・。

親日のバングラデシュと日本とはビジネス接点も増えていくと確信。

 

猛烈なエネルギーを感じたバングラデシュ。

若い人々の力を、うまく導いて、成長してもらいたいと願います。

 

 

 

 


4年ぶり?!@バンコク

バンコクに来たのはいつぶりか?

 

今回は、バンコクの後にバングラデシュのダッカに行くので

トランジション兼ねて、訪タイ。

 

上海から現地入りは夜。空港に到着して、「あれ?すごく大きくなってないかな?」

「あれ?お札の絵柄が変わってる・・・」と続く驚き。

僕の持っていたのは、旧紙幣に・・・。

 

4年間近く来てなかったのか・・・時の経つのは早いですね〜。

 

===============================

早朝に、地元の人に混ざってルンピニー公園をジョギング。

多くの人が話し、散歩し、走ってる。

 

その後、有名な観光地、ワットアルンとワットポーへ!

バンコクは8回ぐらいは来てると思うのですが、

有名な観光地を訪問するのは初めて。素直に嬉しい!!

 

来れた理由は、ちょうど年末年始期間にあたり、

お金持ちはすでに出国済みで、バンコク市民は帰省中。

なので、市内の渋滞が緩和気味!! よっしゃ!

 

暁のお寺と言われるワットアルンは、静かで落ち着く。

巨大なブッダが居るワットポーは、

マッサージを教える学校もあるぐらいなので「健康祈願」。


明日からは、新年を祝う「水かけ祭り」。色々とその準備に忙しいそう。

確かに、バンコク市内は、人が少なく、渋滞が弱いかも?!

R1049537.JPG

 

R1049551.JPG

 

R1049565.JPG

 

R1049562.JPG

 

 

グループ会社のMCFIVAは、オフィスを引っ越して、綺麗で快適。

現地のスタートUP支援にも協力的なので集まれるスペースも。

社内外のコミュニケーションハブが強化されて、

働きやすい環境になっててくれれば嬉しいな。

 

R1049587.JPG

 

R1049588.JPG

 

R1049584.JPG

 

R1049586.JPG

 

R1049585.JPG

 

年末年始の忙しい中、バンコク在住30年の方にお時間をいただき、

在タイ日本人の事や、日本人から見た最近のタイの状況など話を伺う。

 

お話を聞いていて感じるのは「30年は伊達じゃない」って事。

人に歴史あり、ビジネスにも紆余曲折あり。素直に学びたいところ。

R1049592.JPG

 

 

年末年始の「水かけ祭り」や雰囲気も体験してみたかったですが、空港へ。

次は、初上陸地バングラデシュのダッカ! どんな都市かな?

 

 

 

 

 


初夏の陽気@上海

1月に続き、上海へ。

 

地下鉄は時刻通りに運行され、車中も静かで、皆さん、スマホをいじるだけ。

屋外広告は日本以上に目立つ。

屋外広告条例の規制が強い日本は、少し緩和しても良いのでは?

 

いつもは広東、上海、北京など中国料理をいただくのが常ですが、

今回は、日本料理屋さんで夕食をいただく。

 

日本でも珍しい日本酒があり、少しびっくり。

訪日客が増えたので、知名度が上がってるのかな?

それとも日本側が積極的に輸出してるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

寒いかな?と思いつつ訪問した上海は、初夏の陽気。

この後はより暑いバンコクへ。



profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM