初棄権、、、トライアスロン

第9回 館山わかしおトライアスロン大会に参加。

スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのオリンピックディスタンス。

 

よく考えるとスタンダードの距離のトライアスロンに出るのは、数年ぶり。

ここ最近は、アイアンマンを目指しての練習だったので、勝手が少々異なる。

 

まー、完走ぐらいできるだろう。

と舐めていたのが敗因かな、、、。

まさかのスイムで棄権をすることに。

 

以下は、敗因分析。

●棄権理由

 スイム時に呼吸ができないようになってしまった。

 *肺式、腹式いずれの呼吸法でも呼吸が落ち着かず。

  背泳ぎや平泳ぎにしても落ち着かず。

 

●想定理由

・心拍計がきつかったか?

・ウェアがきつくなっていた?

・ウェットがきつくなっていた?

・スタートまでの待ち時間が長い中、ウェットを着ていた?

・気温、水温共に低かった?

 

実際に競技をやっていない人には、全くわからない理由だと思いますが、

僕は1日226kmのアイアンマンをやる場合は、スイム、バイク、ラン

全ての種目に応じて最適なウェアに着替えます。

*プロは着替えません・・・。

 

ですが、51.5kmというスタンダートな距離の場合は

着替えずに、競技をこなすというのが一般的。

なので、ウェアやアイテムの使いこなしが今回の反省要素だったかと・・・。

 

うーん、全てのことに共通しますが、

「舐めてはいけない」

一番の反省点はここかも。

 

気持ちを改めて、練習に臨もうと思います。

 

 

 

 


グランフォンド軽井沢2400

自転車の練習を兼ねてグランフォンド軽井沢に参加。

 

色々と種目もありますが、厳しそうな2400に。

2400の意味は、ルート中の獲得標高と呼ばれるもので

2.4kmを指しています。要はアップダウンが多いってことです。

 

ちなみに、距離は115km。

距離だけで言うと、アイアンマンが180kmだし、

ツールド宮古島は184kmなので、あまり驚きません。

が、獲得標高2400は、初めて。目指すは完走。頑張るぞー

 

=============================

土曜日に前乗りして、知人宅にテントを張らせてもらいBBQ。

天候は晴れてるし、気温も下がりすぎず「軽井沢って良いな〜」と。

 

朝3時半に起床して準備開始。

会場に自走して向かい、走り始めは朝6時。

どうやら今日は遅くなるほど、天候が崩れるらしいので、

本降りの前にゴールしたいところ。

 

ルートは広大なワンウェイ。

軽井沢プリンスの駐車場→旧軽井沢→白糸ハイランドウェイ→北軽井沢

→嬬恋→パラギ湖→鹿沢→湯の丸高原(1732m)→小諸→千ヶ滝→中軽井沢→ゴール

 

グランフォンドはスピードを争うのではなく「皆で楽しく乗りましょう」と言うのが本質ですが、

みなさん早いので、ついついスタートから引っ張られる。

 

第1エイドは北軽井沢。走行距離は約20kmぐらい。

天候も崩れておらず、浅間山も見える。

バナナをいただき、トイレに行って悠々と。気持ちいい走りだな〜。

IMG_1057.JPG

 

IMG_1058.JPG

 

第1エイドからグオーって降って、第2エイドに向けて登り。

距離は約30kmで獲得標高約650m。

うーん、それなりに辛い。が、雨も降らず、悪くない調子。

第2エイドに到着して、筍ご飯とお味噌汁をいただく。

雨が降る前にゴールしたいので、ささっと。

IMG_1064.JPG

 

第2エイドから第3エイドが最難関。

距離は約26.5km、獲得標高840m。特にラストは8kmぐらいの登り・・・。

ここさえクリアできれば、ゴールはできそう。

 

途中少し雨が降り、徐々に本降りに。

雨の中、登り坂を黙々と漕ぐ参加者達。

 

「終わりのない坂はない」

「練習できる自分に感謝」

「どの筋肉を使うと楽に動くか?」

 

など、自分に向き合い淡々と漕ぎ続ける。

IMG_1067.JPG

 

やったー、第3エイド湯の丸(1732m地点)に到着。

時間は10時半なので、ここまでで約4時間半。

おー、いい感じ。脚もまだまだいけそう。

 

カレー、アイス、甘酒がふるまわれているが、

トイレに行って、暖かい甘酒飲み飲み干して、下り開始。

外気温は7度。寒すぎ、、、。

 

第4エイドまでの距離は21km。獲得標高は500m。

下り始めは約10kmの曲がりが続く、急な下り。

 

雨も降っててブレーキ制動も悪いので、ゆっくりと。

と行っても、ガンガンスピードが上がる。

ブレーキかけすぎも故障するので、怖い・・・。

 

寒い、寒い、寒い、体が震える。怖い・・・。

 

下に降りるにつれて、気温上昇。雨もやみ暖かく。

はー、良かった。これなら走り続けられる。

 

あまりに寒すぎて、下りより上りの方が嬉しいなんて、初めてだ。

第4エイド(小諸)も無事到着。

 

 

第5エイドの千ヶ滝までは、ほぼフラット。

距離は18.5kmで、獲得標高は144m。

イェーイ、ガンガン行くぞ!

 

と喜ぶものの、雨が本降りに・・・。

 

 

約1時間で第5エイドに到着。

たい焼きが振る舞われてましたが、ゴールまではあと8.5km。

IMG_1070.JPG

 

早くゴールして暖かくしたい。

たい焼き食わずに、ささっとゴールに向かう。

ゴールまでは、距離8.5km、獲得標高22m。

 

雨が強まり、道路も車が多い・・・。

赤信号で止まる回数も多いし、早くゴールしたいね〜。

 

IMG_1071.JPG

で、13時半には無事ゴール。はー、良かった。

早く温泉に行こうっと。

 

天候は厳しかったものの、

少し自転車の体の動きがわかった気がした、今回のグランフォンド。

まだまだ、成長の余地があるな〜。

 

健康を崩さずに練習できている自分に感謝。

参加を許してくれた家族に感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


50m背泳ぎ・・・

GWの最終日。

高校の水泳部OGから呼びかけがあり、競泳大会に参加してみることに。

 

高校卒業以来の競泳大会、しかも辰巳の50m長水路。

招集所でも緊張し、スタートも緊張。

泳いでいる間もピッチも上がらず「ゴールまだ?」って感じ。

 

トライアスロンの練習で泳いでいるとはいえ、競技の方向性が全く違う・・・。

高校時代と比較するのも意味ないのですが、ベストから7秒落ち・・・。

スプリント力も落ちたもんだ(笑)「悔しい」とも思わず、笑うのみ。

あー、疲れた。

 

大先輩方もお元気そうで、何より。

 

 


バイシクルライド in 東京2018

バイシクルライド in 東京2018に息子と参加。

http://www.crankcrank.com/brt/index.html

 

日比谷公園→国会議事堂→日枝神社→虎ノ門→銀座→築地→晴海大橋

→富士見橋→豊洲→月島→越中島→日本橋→東京駅→皇居一周→ゴール

 

自宅からスタート会場の往復も自転車だったので、都合44km。

付き合わされた息子も頑張って完走。

 

一年前は、宮古島でトライアスロン大会だったけど、

気楽な自転車イベントも楽しいな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 


初トレランは30km

トライアスロンのラン練習と山登りの登山力を鍛えるために

初めてトレイルランニングの大会に参加してみました。

練習がてらなので、知人も誘わず、一人でパッと。

 

参加したのは、

第4回石和・春日居温泉郷 富士山眺望トレイルランの30kmの部。

11kmのラン&ウォークイベントもありましたが、

わざわざ行くので、なかなかチャレンジしない30kmの方で参戦。

 

早朝、中央高速で現地入り。7時にアスリートチェックイン。

ゼッケンなどをつけながら、1時間ほど車で待機。

8時から開会式で、8時半にスタート!

 

参加者は221名の小さな大会ですが、

みなさん、トレランに慣れた感じ。

トライアスロンの初戦にも感じた、周りの人が、皆さん、すごく見える・・・。

僕みたいにグッズが綺麗な人は少ない(笑)

 

怪我をしない! 完走! 体の動きを確認しながら筋力を鍛える!

この3つを目標にして、スタートから丁寧に走る。

 

10kmごろまでは、ほぼ登り。

10kmから13kmが下りで、その後18kmに向けて急な登り・・・。

その後は、多少の登り下りを繰り返しながら、標高270mあたりまで下って行く。

参加者のみなさん、男性も女性も早いです。登りも下りも。

 

 

実際は32kmの距離でした。

最高点は1171m、最低点は270m。

累積標高は2036m。

 

累積標高を高尾山で換算すると、

高尾さんは、登り標高400mなので、約5往復ぐらい。

そう考えると疲れて当然か?(笑)

 

僕は登り、アキレス腱からふくらはぎが重くなり、

下りは距離が進むと腿の全面の大腿四頭筋が筋肉痛に。
やはり、トライアスロン、通常のランでは鍛えにくい部分を使って

運動するのだと理解。

 

通常、筋肉は曲げる事で力を発するのですが、

下りの太腿の筋肉を伸ばしながら負荷がかかる

エキセントリック(伸張性筋活動)が弱い・・・。

山登りの下山をするのに、必要な筋力なので、

陸上トレーニングをしないと厳しいかも・・・。

 

100名山制覇に向けて、考えるならば、

「かも・・・」ではなく、やらないとダメ(笑)

 

天気も良く、富士山も時々コースの合間に見れたし、

当初の3つの目標はクリアできたので、良かった!

明日は太腿筋肉痛、間違いなし(笑)

 

============================

◾リザルト

 5時間25分51秒

 総合:123位 40歳代:41位。

============================

PS:頑張りすぎても、しょうがないのですが、

  頑張っても、そんなにタイムが上がったとも思えない大会でした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 


ラン・ラン・ラン

台風迫るこの週末。

数ヶ月前から予定していたレースに知人と参戦。

都合3本ほど、走ってきました。

 

真面目に記録を狙うとかではなく、

トレーニング含みでの参戦なので、そこまで追い込まず。

以下、レース参戦記。

 

◾スパルタンレース

 http://www.spartanrace.jp/ja

 

 5月に日本で初開催されたスパルタンレースですが、

 2回目にして種目が増え、距離が長いスーパー、短めのスプリント。

 さらには、12歳以下の子供向けのKidsレースも開催!

 

 せっかくなので、スーパー(12km)とスプリント(5km)を

 午前と午後で行うコンボで参戦! ついでに子供も、Kidsレース(1km)に。

 目指せ完走!

 

==================================

1:スパルタンレースのスーパー(12km)。

 土曜日の午前に出走。距離は12kmで、マップを見る限り、どうやら山岳コース。

 昇り下りのトレラン要素が加わった感じか?

 

 スタートから急な下り、その後泥道の登りに、、、。

 最初の関門である壁やバーを越えた後、ジャングルジム登って、

 泥水潜って壁越えて、やっぱり来たぞ有刺鉄線。

 障害物はある種、五月開催の延長だったので、まー想定内でしたが、

 トレランコースが厳しい・・・。

 

 特にゴールに近くなる11km地点ぐらいで、

 ふくらはぎが埋まると抜けないような沼地の行進・・・。

 多分、運営側も意図しないぐらい、大雨でドロドロになってしまい

 このようなコースになってしまったのだろう。

 

 僕はトレランシューズで臨んだので、ルートを走ることができましたが、

 普通のランニングシューズで参加していた知人や選手は、

 ツルツル滑って、スピードが全く出なかったようです。

 

 そんなこんなで25個ぐらいの障害を越えて、ゴール!

 いやー、前回とは全く異なり、スパルタン度合いが増してました。

 

 後で確認しましたが、結構早かったみたいです。

 =============================

  時間:1時間56分15秒

  順位:1953人(男性1571人)中 90位(男性89位)

     40代では6位! 

 =============================

 僕が参加したオープンクラスよりもレベルが高い

 エリートクラスとコンペティションクラスがあるので、純粋な順位ではないですが、

 それなりには早かったらしく、一因にシューズがあるなと。 

 

 

◉Kidsレース

 知人達が戻ってくる間に、ドロドロの服を脱いで着替えて、

 午後のスプリントに備える。その前に、お楽しみのKidsレース!

 

 Kidsレースは1kmの間に、10個ぐらいの障害物で、

 順位を争うエリートもありますが、うちの息子はオープンクラス

 8歳から10歳の競技に参加。

 

 子供も壁越え、平均台渡り、トンネルくぐり、シートくぐりなど

 障害物を越えながら、泥道を進む。

 息子がゴールした時には、顔に泥が跳ねてて、なかなか見ないシーンかも(笑)

 

 息子もメダルをもらって、満足気。

 一緒に参加した子も「もっと長いのが良かった」と。

 ついつい、泥遊びとか避け気味ですが、子供は楽しいんだろうな〜。

 大人が遠ざけてるんだろうなと反省。

 

 次回はもっと長いといいね〜。

 

 

2:スパルタンレースのスプリント(5km)

 一緒の参加者は、温水シャワーを浴びて、温泉へ。

 僕だけ残って、2回目のレース・・・。うーん、寒い・・・。

 辞めとけば良かったかも・・・。

 

 2時半に出走。

 コースはスーパーの短い版なので、基本的に理解。

 寒いのでさっさと終わらせて、温泉に行きたい。

 

 4kmすぎた最後がスーパーと異なって、

 ドロドロの沼地ではなく、粘土層の山を10メートルぐらい登る。

 こちらも皆さん、ツルツル滑って大変そう。

 僕はササッと昇りきり、ゴールを目指すが、細い道になると渋滞で全く進まず・・・。

 スーパーの人達と比較すると、装備や準備が足りない人が多い気が・・・。

 

 抜ける部分は抜いて、無事ゴール。

 

 =============================

  時間:1時間16分40秒

  順位:2005人(男性1474人)中 67位(男性53位)

     40代では6位! 

 =============================

 こちらも、なんかいい順位。

 やっぱりシューズが良かったんだろうな。

 

 サクッと着替えて、子供達が待つ温泉に向かい、お湯に浸かる。

 ハー、気持ち良い。極楽極楽。

 

 参加選手の中には、低体温症になる人もいたかも・・・。

 危ない危ない。

 

 

 

 その夜、日曜開催のスパルタンレースの中止メールが届く。

 まー、そうだわな・・・。

 

 午前と午後ではコースコンディションが

 猛烈に悪化してたので、しょうがないだろう。 

 

 午前、午後と1本づつやりましたが、上半身が筋肉痛になるのは、前回同様。

 特に前腕が重い・・・。トライアスロンでは全く使わないからな〜。

 

 

 スパルタンレースは、日本開催分は全てこなしているので、メダル3つ。

 子供の合わせて家に4つ(笑) 次回開催分は、どうしようかな・・・。

 

 

=================================

◾軽井沢マラソンフェスティバル

 http://sanspo-marathon.net/karuizawa-fes/

 

3:ハーフマラソン(21.5km) 

 早朝に起きて、軽井沢へ新幹線で向かう。

 理由は知人のハーフマラソンにお付き合いで出走するため。

 まー、これも練習。

 

 駅を降り、アスリートチェックイン。

 雨、雨、雨、、、コインロッカー近くで着替えて、外で待つ。

 雨、雨、雨、、、スタート時刻まで後5分。

 雨、雨、雨、、、スタートの号砲とともに、雨よけゴミ袋を脱ぎ、いざ出走!

 

 走ってる間は、ずっと雨。

 体が暑くならずに良いかもしれませんが、少し低体温気味・・・。

 うーん、寒い。

 

 5km、10km、15km、特に大きく崩れることもなく、淡々と。

 ハーフマラソンを20kmと考えると大間違い。約22kmと考えた方が良い。

 

 15km過ぎても、淡々と走り、ゴール。

 本当は旧軽井沢近辺の別荘地を紅葉見ながら走る予定だったのに、、、

 まー、これも経験。

 

 タイムもそこそこ。ハーフのベストが数年前の1時間45分だったので、

 前日のスパルタンレース、当日の雨コンデションを考えると、素晴らしい。

 

 初ハーフマラソンに挑んだ知人も無事ゴール。

 良かった!良かった!

 

 で、早々に温泉へ。 フヒー、極楽極楽。

 厳しい体験をすると、嬉しさ倍増。

 

 

====================================

 

秋の行楽とトレーニングを兼ねる予定が、雨で厳しいものになりました。

逆を言えば、寒い雨の中、自分でトレーニングすることもないだろう。

なかなか経験できない事を、体験できたので、良かったことにしよう!

 

主催の皆さん、ボランティアの皆さま、

応援していただいた皆さま、会を運営していただきまして、ありがとうございました。

両方の大会の参加の皆さん、お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 


第30回 沼津千本浜トライアスロン

スイムの朝練メンバーが、大勢出るというので、僕も参加。

 

今回の距離はスプリントと呼ばれる、25.5km。

オリンピックディスタンスと呼ばれる標準距離である51.5kmの半分です。

 

個人で3種目こなす通常のスプリントレース、

スイム、バイク、ランを選手が交代していくリレーもありますが、

エントリーしたのは、なんと「駅伝」。

 

第1走はスイム750m、バイク20km、ラン5km

2走、3走がスイム500m、バイク20km、ラン5km

で3人で合計タイムを争います。

 

トライアスロン大会としては、珍しい駅伝スタイルの大会。

ゲストにはデンジャラスのノッチさんも参加。

僕は3走なので、メンバーに迷惑かけないように、気楽に行こう!

 

===============================

沼津へは、自走。当日朝4時に起床して、知人をピックアップ。

その後、渋滞に引っかからないように高速を移動し、現地入り。

 

初めての沼津は、快晴! 

ここ数年は、後半になると海のうねりや天候悪化で、

3走はスイムをスキップしていたらしいが、

今年は天候に恵まれ、安定している。

少し暑いが、トライアスロン日和!

 

8時半ごろ、1走スタート。

スイムはかなり早く、頑張ってる。

バイク、ランと落ちてきて、少し疲れ気味。

順位を目指してないので、怪我くUPしてくれれば、それでOK!

 

2走は女性。宮古島大会でも一緒でしたが、僕よりも早い方。

今回もスイム、バイク、ランと堅調にまとめてきて、素晴らしい仕上がり。

さー、僕の出番。

沼津の海で泳ぐのは初めてでしたが、水温26度と少し温かめ。

500mなので、コースをミスせず、きっちり泳ぎきる。

何人か抜いたかな?

 

砂浜から階段を登り、バイクに。バイクは岸壁の往復20km。

どうやら今年は20kmに足りない距離になってるらしい。

行きは向かい風、戻りは追い風。

数名に抜かれ、数名を抜くぐらいだったので、個人的には悪くない。

 

さてと、最後はラン。

走り始めは、いつも重いのですが、

今回は走り初めから終わりまでズーンと体が重い感じ・・・。

こないだの北岳登山の疲れが抜けきってない・・・。

松林の中などを抜けるコースで、下は砂利とか。少しトレランぽい感じも。

 

応援をもらっても、暑い・・・。だるい・・・。頑張りが効かない・・・。

さすがに5kmだったので、歩くことはせずにゴール。

最後のゴールは3人で手を繋いで!

 

 

結果的には、2走の女性が一番早く・・・。すんませんでした・・・。

===================================

◾リザルト(駅伝)

 総合記録:4時間2分25秒 57位/135チーム

 一般混合:13位/47チーム

 

 個人記録:1時間19分50秒

  スイム:9分35秒 バイク:42分28秒 ラン:27分47秒

 

 

 

いやー、宮古島の大会以降、練習量が落ちてます。

と言っても、短い距離なので、スピードを上げないとダメなのですが、

全くスピードが上がらない・・・。

 

心拍数だけは上がりましたが、ロング系と比較すると

体が動き始める前に、負荷をかけて終わってしまう感じ・・・。

かえって辛いかも(笑)

 

 

何れにしても、怪我なく、楽しく、終えることができて良かったです。

 

 

 

 

 

PS:朝練メンバーのリレーチームは男子、女子、女子の混成チームでしたが、

  男子3名のチームなども抑えて、総合1位。素晴らしい〜。

 

 

 

 

 

 

 


スパルタンレース@相模原

日本初開催のスパルタンレースに知人と参加。

http://www.spartanrace.jp/ja

 

2010年に米国で始まった障害物レースですが、

世界各地で開催されており、やっと日本上陸という感じらしい。

 

スパルタンレースにはコース設定がいくつかあって、

・スプリント:5km前後+20個ぐらいの障害物

・スーパー:10km前後+25個ぐらいの障害物

・ビースト:20〜30km前後+30個ぐらいの障害物

と、長くなると同時にクリアする障害物も増えて行くようです。

 

障害物をクリアできない場合は、その場でバーピーを30回すると

次に進めます。

 

簡単に言えば「大人の障害物競走」って感じかなと。

 

=============================

今回は日本初開催なので、スプリントのみ。

コースは7km+22個の障害。

相模原にある米軍基地内に設けられた

特設会場で5000名の参加者を集めて実施。

 

5000名もの奇特な人が集まった訳ですが、

外国籍の方が多いのと、皆さん筋肉ムキムキしてる感じ(笑)

 

マラソン大会やトライアスロン大会とは

鍛えている方向が全く違う感じでした。

 

9時にエリートと呼ばれる、本気で記録を狙う人がスタート。

1位の人は7km+22個の障害を35分で走破。

 

マラソンで言えば、5分/kmですが、ほふく前進や槍投げ、

サンドバッグ運びなどなどこなして35分って、恐ろしい早さ・・・。

 

まー、うちらは気楽に行きましょー。

ということで、出走は10時45分。

司会の合図で、スタート。

あまり詳細に言うとネタがバレてしまうので、少しだけにしますが、

バーを乗り越え、有刺鉄線のある泥沼を匍匐前進し、バケツ一杯の石を運んだり、、、

走る途中で筋トレしている感じでした。

自分には握力が無い事にびっくり。

まー、トライアスロンじゃ、使わない筋肉だからな〜。

 

障害物をクリアする時には、協力しても良いので、

皆さんチームを組んで、わいわいと。

 

最後のロープクライムをやったあたりで、59分。

せっかくなので1時間切っておこうと、ゴールまではダッシュ。

本気で行ったら、50〜52分前後かな?

 

マラソンとも、トライアスロンとも、筋トレとも違う

大人の障害物競走。

 

流行りそうな予感です。

 

 

 

あー、楽しかった!

 

 

 

 

PS:行き着く所は、AGOGEのようです・・・。

 こりゃコンバットトレーニングだな・・・。

 http://www.spartanrace.jp/en/race/race-types/endurance-races?article=29031

 

 

 

 

 

 

 

 


第33回全日本トライアスロン宮古島大会 その2

朝4時に目覚める。想像以上に緊張しておらず、良く寝れたかも。

 

スタートまでに行うのは、

最終チェックイン、朝食、バイクの最終セット、

トランジションへの荷物預け、ストレッチ、トイレ(笑)。

これらをこなして、7時のスタートを待つ。

 

天気は良好。落ち着いた風。トライアスロン日和!

 

今回は約1650名の参加者ですが、浜辺からの一斉スタート。

なので、スイムバトルが繰広げられます・・・。

泳いでる人の上に乗り上げて来たり、選手同士がぶつかったり、、、

うー、嫌だ。嫌だ。嫌だ・・・。

よし、スタートダッシュで抜け出そう!

 

ということで、今回の作戦はプロやエリートと一緒に

一番最前列からスタートする事に。

お!大学のサークルの後輩が居るぞ。お互い頑張ろう!

 

==============================

スタートの合図とともに、泳ぎだし。

多少のスイムバトルはあるものの、早めに抜け出し、

少し息が上がったので、背泳ぎをして、整える。

 

さて、3kmの道のりですが、いつもの通り淡々と。

1700mでブイをターンし、浜に向かう。が、引き潮で、進みが遅くなる。

こりゃ、選手皆さん大変だろうな〜などと考えながら、淡々と。

 

※後で、聞きましたがスイムの関門で、100名超の方が

 タイムUPによる棄権扱いに・・・。

 そこまで流れキツくなかったと思うけど・・・。

 

浜に上がろうと立ち上がった時に、痛みを覚えて転ぶ。

どうやら珊瑚かなにかで足裏を切ってしまったようだ・・・。

うーむ、しょうがない。そのまま行こう。

 

スイムは52分ぐらいで、UP。

あまり疲れてないぞ!いい調子!

===========================

バイクウェアに着替えて、向かうと

バイクがずらっと並んでる。

かなり早めにスイムUPできたようだ。

無理し過ぎずに、自分のペースで行こう。

 

伊良部島の30kmまで約1時間。いい感じ

池間島の60kmまで1時間5分。こちらもいい感じ。

東平安名の98kmまで1時間23分。少し落ちて来たけど

時速28kmぐらいを保ててるので、良いペース!

うぉ、これならバイク6時間切れるかも?!

と、喜んだのも束の間、、、

「ピっ」と音がした後、「ゴトゴトゴト・・・」

スピードが、徐々に落ちて行く、、、なんと後輪がパンク(涙)

トライアスロン人生で初パンクだ〜。

修理キットも持って来てないし、こりゃ棄権かな・・・。

後続にどんどん抜かれる・・・。

はー、悔しい・・・。

どうしようかな・・・。

 

ン?待てよ?

もう一つ橋超えて進めば、ホテルにある

予備ホイールと交換できるぞ。

まだ数キロあるけど、なんとか辿り着こう!

 

ルートをはずれて、ホテルに戻り、ホイール交換。

F1のピットインみたいだな〜。よし、復帰!

残り30kmぐらいだが、頑張ろう!

 

なんとかかんとか、バイクもフィニッシュ。

よし、後は走るだけ!完走はできそうだ!

===============================

ランウェアに着替えて、スタート。

最初の足取りは重く。その後、少し軽くなり始める。

 

往路が緩い登り道、復路が緩い下り道。

日は暑いが、風は涼しく。

 

島民からの応援が多いな〜。

折り返しには、宮古島マモル君の人形。

TVクルーも居たので、映ってるのかな?

 

何人か知り合いとすれ違い、「頑張ろう!」と声を掛け合う。

抜かれるよりも抜く方が多い。

 

膝も少し痛いが、まだまだ行ける。

今回は調子いいな〜。

 

折り返しが約2時間20分。

30km(10km)で約1時間。

35km(5km)で36分

残り7キロ、行けそうだ。

スタジアムに入り、ゼッケンナンバーと名前が呼ばれる。

「おかえりなさい!」と。

 

============================

11時間48分05秒

ゴールテープを切る。

 

想定13時間だったのが嘘のよう。

12時間切りを果たせたなんて、夢のよう。

良かった良かった。疲れもほどほど、大満足!

 

 

============================

徐々に日が暮れて来て、13時間30分の制限時間が迫り来る。

一緒に参加した知人は間に合うかな〜。

 

この大会は応援が凄い。

ゴールも仲間と。誰がランナーだがわからないぐらい。

けど、この応援があるから頑張れるのかも。

 

 

残り、10分、5分、、、ダメかな・・・。

と、待っていると、残り2分で競技場に!

なんと残り29秒で無事完走!

 

自分のゴールでは、涙でなかったけど、

知人の完走には、なぜか涙が。よく頑張った〜!

 

===============================

■オフィシャル記録

 総合タイム:11時間48分05秒 (500位/1552人)

  男性463位/45〜50歳カテゴリー110位

 スイム:3km 52分09秒(69位)

 バイク:157km 6時間10分18秒(989位)※T1含む

 ラン:42km 4時間45分38秒(408位)※T2含む

 

スタート人数1552名。完走者1263名(完走率81.4%)

スイム棄権100名、バイク棄権49名、ラン棄権140名。

 

プロが20人ぐらい居るって考えると、スイムは早かったな〜。

けど、バイク遅すぎ。ランは良かった!

課題はバイク・・・。練習方法を見直さないと。

 

 

 

ゴール後に、ホテルで汗を流して、焼肉へ。

翌日はバイクを片付け、プールサイドでゆっくりと。

 

参加を許してくれた、家族、会社のメンバーに感謝。

あー、楽しかった! 次、何でようかな〜。

 

 

 

 

 

 

 


第33回全日本トライアスロン宮古島大会 その1

日本ではロングのトライアスロン大会として名高い

宮古島ストロングマンに参加。

 

スイム3km、バイク157km、ラン42kmの計202kmなので、

ロングのアイアンマン大会よりも24km短い大会ですが、

33回の歴史を数える日本屈指の大会です。

 

本当は木曜日に、現地入りしたかったのですが、

諸事情により金曜入り。日曜が本番なのに大丈夫かな〜。

 

===========================

羽田から那覇経由で、宮古島入り。

トライアスロン大会に参加する人の荷物の載せ替えでフライト遅延・・・。

僕は、バイクを別便で送付しているの直接迷惑かけてませんが、

他の同乗者に対して、申し訳なく・・・。

 

宮古島空港到着後はホテルに直行。

部屋に入って、バイクにのって、アスリートチェックイン。

 

その後は、夕方のオープニングセレモニーまで、

ストレッチ等して過ごす。夜は居酒屋さんで知人達と。

 

土曜日は早朝に起床。7時にはスイム試泳。

ウェットスーツがめんどくさいな〜。

その後は、部屋にてストレッチなどしながら、ダラダラ過ごす。

日に当たると疲れるからね〜。17時には夕飯食べて、20時には寝始める。

明日は4時起床。天気が良いといいな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM