第48回衆議院議員選挙の結果を受けて思うこと

軽井沢から新幹線で帰宅し、自宅で夕飯。

 

ビールで乾杯していると、8時を迎え、

TV番組が一斉に衆議院議員選挙の速報番組に切り替わる。

 

さてはてどうなる?と思っている矢先に

「自民圧勝・単独過半数が濃厚」と。

 

まー、読めていたことかもしれませんが、

自民党が強かったというよりも、それ以外が自滅したという感じの選挙感が強いなと・・・。

 

以下、雑感。

 

 

◾自民党が勝ったのではなく、他が自滅した。

 2大政党制度のような形を望む人は、一般の人も

 政治家も多い気がしますが、実際は多様な考え方が存在し

 その考えに基づき、どのように社会構造を作り上げるか?

 

 その手段として、考えが似通った人が集まり政党を作りますが、

 野党側が本気で2大政党制度を望むならば、全党解党して集合すれば良いのでは?

 

 結局、それができないために、無理に候補者を乱立し、

 票を奪い合っているだけ。

 

 自民党は「政党政治」で勝てる=候補者擁立を秩序立て戦略化。

 

 これでは野党は絶対に勝てるわけはない。

 自滅しただけと言われてもしょうがないだろう・・・。

 

 

◾小池さんは何をしたかったのか?

 希望の党を立ち上げて、党首にならず、自分は

 「都知事」の仕事でパリに・・・。

 もし、票が集まっていたらパリに行かなかったのでしょうか?

 それもそれで、おかしな話・・・。

 自民党との政権交代を本気で考えていたのか?疑問です。

 

 それに伴い、若狭さんは小選挙区でも比例でも落選し、

 前原さんも、細野さんも、なんか居心地悪い感じ・・・。

 

 全ての責任が小池さんにあるというのも変な話で、

 「俺がやる!仕切る!」という気概を持った人はいなかったのでしょうか?

 

 都民としては、都知事の仕事をやりきって、

 国政を目指すならば目指して欲しいところ。

 

 

◾日本人は筋を通す人・事が好き?!

 今回から立憲民主党になった旧民進党ですが、

 希望の党に合流しなかった(できなかった)人達は

 「筋を通している」という事で、評価されていると感じています。

 

 大義を忘れず、志を持って、今回の選挙戦に望んだのは素晴らしい。

 忠臣、忠義の精神みたいなもんですかね?

 

 野党第1党を維持できたので、野党側の主導権を取って

 頑張ってもらいたいところ。

 

 

◾政党に属しているのに、無所属として出馬ってなんじゃ??

 政党に所属しているのに、出馬の際には「無所属です」と。

 全く理解できません。

 政党政治をきちんと遂行したいのか?

 政治家として、個別個別の制作毎に判断したいから無所属を選んでいるのか?

 無所属という党でも作りたいのですかね?

 

 

◾低い投票率 

 投票率は53.6%前後と、低調。

 台風による天候不良が理由に挙げられ、そこを理由にすれば

 本質を見逃すかと。

 

 今のネット技術を使えば、ネットでの在宅投票とか可能だろうし、

 低い投票率の原因は別にあると考えた方が良いと思います。

 

 まずは、投票手段の刷新は当然で、その後に、

 政治家を選出するプロセスそのものに手を入れるべきだと。

 

 ・衆議院の優位を残すなら、参議院は実質不要。

 ・小選挙区で大差で落選したのに、「比例で復活」とか、

  信用されてない人をなぜ政治家にさせるのか・・・。

 ・候補者の預託金廃止しないと、そもそも立候補しにくい・・・。

 ・どういう日本にしたいのか? そのためにどういう法整備を考えているのか?

  これらをきっちりと伝わるツールは解禁すべき。

 ・告示から2週間で投票する事も見直して良いのでは?

 

 

 

 

 

いずれにせよ、当選した議員の方々は、頑張って

日本を良くしてもらいたいと思います!

 

 

 

 

 


事前投票

今週末は予定があるので、投票に行けず。

なので、第48回衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査の

事前投票に行ってきました。

 

今週末に結果は出るわけですが、その前に思うことをつらつらと。

 

 

◾投票時の違和感

 投票所に行って、投票用紙をもらいブースに立つと違和感。

 比例代表を記載する時に「支持政党なし」と言う政党名が目に入る・・・。

 

 支持する政党がない人の気持ちを代弁していると言えば、都合が良いかもしれないが、

 誤認誘導しているようにしか思えません。

 

 「支持政党なし政党」の方は、政党政治を否定し民意をよりダイレクトに

 反映させる政治のあり方を真面目に考えているのかもしれませんが、

 もう少し政党名に気を使って良いのではないか?と。

 やり方としては、不誠実だと感じます。

 

 

◾最高裁判所裁判官国民審査の実施方法は適切なのか?

 比例投票の用紙を貰う際に、一緒にもらうのが

 「最高裁判所裁判官」の○✖をつける審査用紙

 

 全く情報がない方々の○✖をつけろと言われても、、、

 事前に、どう言う裁判をどう言う方向で結審させたとかないのですかね?

 判断基準が全くなく、この投票システムの意味すらわけわかりません・・・。

 

 

◾約半分が当選する制度ってどうか?

 今回の衆議院議員選挙に立候補した数字を見てみる。

 

 小選挙区に936名、比例区に855名(小選挙区との重複は611)で、合計1180名の立候補者。

 議員定数は10減っているので、小選挙区289、比例区176の合計465名。

 

 半分というのは言い過ぎですが、1180名の立候補に対して、

 465名が当選するのは、確率的には相当高いのではないでしょうか?

 

 もともと貴族院しかなかったのを、民意を代弁するために、

 誰でも投票し、立候補できるように、制度改正を重ねてきた衆議院と

 元貴族院の参議院ですが、制度改正待った無しでは?

 

 2院制のあり方(衆議院偏重)もそうですし、

 議員の質も担保できず、政党政治のあり方も含めて、議論しないと

 政治の質を保てないところに来ているんだと思います。

 

 小学校の頃や部活動などで、リーダーを決める時や

 中高大学入試、就職時の適合テスト、面接、サラリーマンになっても続く昇格テストなど

 投票的な方法、面接、思考体系テスト、知識レベルテストなど

 歳をとっていく中で、様々な選ぶ・選ばれるプロセスを経たと思うのですが、

 告示されてから2週間で、投票する人の事も、何をしたいのか?も

 想像以上に伝わってこない中、日本の大きな枠組みを決める議員選挙制度が

 とてもとても「雑」に思ってしまいます・・・。

 

 

 

◾選挙制度の問題解決の方が先決か?

 選挙制度の課題を潰して、改良することをしないと、

 多くの人が、支持したい政党はないし、政治家もいない・・・と。

 ですが、選挙制度を改善できる人も政治家・・・。

 

 鶏卵論になってしまいますが、

 政治家を第3者的に見て、制度解決できる政治家を求めたいところ。

 

 

 

 

さてはて、22日投開票。

投票率はどうかな? 18歳からの投票はどうなったかな?

どうなるでしょうか? 楽しみです。

 

 

 

 

 

 


祝! Emoji@MoMA

日本発のコミュニケーション文化「絵文字」が

ニューヨーク近代美術館にコレクションされました!

素晴らしい!

http://www.news24.jp/articles/2016/12/13/10348916.html

http://bitecho.me/2016/10/27_1243.html

https://www.buzzfeed.com/harunayamazaki/emoji-moma?utm_term=.erwvvlaWa#.snpwwdVkV
https://medium.com/moma/the-original-emoji-set-has-been-added-to-the-museum-of-modern-arts-collection-c6060e141f61#.p8noh9b1y

 

栗田さん! おめでとうございます!

 

=============================

1999年に開始されたドコモのiモード。

標準機能としてセットされたケータイメールで

気持ちを表現する為に用意されたのが絵文字の由来。

日本人的には普通に利用してましたが、

海外では、スマホの普及とソーシャルの普及と共に拡大。

現在では絵文字やスタンプみたいな形で、利用されている訳です。

 

古い話で恐縮ですが、僕が海外講演した時に、

「日本特殊論」でいろいろと片付けられてしまいました。

 

「日本のモバイルコミュニケーション、

コンテンツ消費動向、モバイル広告の可能性」

など説明すると当初の反応はこんな感じ・・・。

 

 ・エモジ?そんな幼いメッセージなんて贈れないよ〜

 ・ケータイみたいな小さい端末じゃ、うちらの指は押せないよ〜

 ・ケータイでマンガ?ゲーム?? へ??

 

2000年代前半は、日本でしかモバイルインターネットが普及していなかったので、

各国ともに「凄いね、けど日本だけ特殊なんじゃない?」と僻みともゆっかみとも・・・。

 

2000年代後半には、APPLE、Googleが本格参入し、スマホ時代に移行。

彼らは隠していませんが、「iモードのビジネスモデルを研究して、造り上げた」と。

振り返ってみても、モバイルインターネットの本格到来を予感させた

iモードは社会インパクトが凄かったんだなと思います。

 

==============================

昔話はさておいて、今のデジタルコンテンツ利用の大元の大元は絵文字。

絵文字がEmojiになって、世界のコミュニケーションを「ちょっと楽しく」。

凄い事だと思います。

 

改めて、おめでとうございます!

 

 

PS:絵文字が人気になり追加作成をしたのは、実はD2C、、、

  社内に居た女性デザイナーが、ドット絵を書いて納品しました。

  惜しい!(笑)

 

 

 

 


昭和通りのイチョウ

特に意味なく、写真UP。綺麗だな〜。


米国次期大統領とロシアとの経済協力

アイアンマンの準備中、米国の時期大統領選選挙。

結果は、ご存知の通り、トランプ次期大統領が誕生。

 

一介のビジネスマンが述べる事ではないかもしれませんが、

世界情勢が一変する可能性があるので、思う事を書いときます。

 

■米国は変化を望んだ。

 オバマ大統領を選ぶとき、様々な変化を望んだ米国があったわけですが、

 オバマさんの延長感が強いクリントンさんではなく、

 トランプさんが選ばれたのは、米国が更なる変化を望んだという事。

 

 一番変化が大きいのは、米国第一の保護主義的な施策が

 多くなって行くだろうと予想されること。

 

 外交政策、安全保障政策、金融政策、産業政策、

 エネルギー政策、雇用政策、移民政策、関税政策、、、

 ありとあらゆる施策が自国民優先で判断され決まって行くのだろう。

 

 実際は極端な変更よりも、現段階よりも数段「自国優先」色が強まった

 ものに変更されていき、落としどころが見いだされて行くのだろう。

 

 変化を恐れない米国は強いな〜。

 

■英国のEU離脱よりも影響は大きい。

 英国のEU離脱は、世界に影響を与えるだろうが、

 内容的には金融、産業など経済的なものに影響を与える方が大きい。

 

 一方、今回の米国次期大統領選挙は地政学的な影響をベースに

 経済にも影響を及ぼす事が想定されるので、桁違いに大きいと考えざるを得ない。


 反感をかっている国も多数いるというのを前提ですし、

 好むと好まざるとに関わらず、20世紀の実質上の世界の安定を求めたルールメイクをしてきたのは米国。

 軍事力、経済力をベースに世界の警察的な役回りを担って来たし、担わされて来たのは米国。

 が、今回の選挙で米国は従来の方針を変更する事を望んでいる。

 トランプさんが勝たず、クリントンさんが次期大統領になっていたとしても、

 従来の方針をそのまま踏襲というわけにはいかないだろう。

 

 経済は、世界が安定している中で、伸びるもの。

 世界平和無くして、経済発展無し。

 

 米国の外交政策、安全保障政策の変更が、地政学に与えるであろう影響は

 ここ2年〜3年ででてくるだろう。

 

■日米安保条約

 地政学が大きく変わる中、日本人的には一番気になるのはこれ。

 日米安保条約がどうなっていくか?

 

 ある種、米国主導で勧められて来たTPPに

 日本が応じる理由の大きな部分に日米安保条約があるのだと邪推。

 

 もし米国がTPPから身を引く方針なのであれば、

 日本はTPPを積極推進する理由も減じるのではなかろうか?

 結果、日米安保条約の堅持のほうも理由が減じるか?

 

 安全保障政策と経済政策を切り離して、議論を進め、

 諸外国との関係を見つつ、現実的に解釈するならば、

 米国駐留費用の実質的負担増を受け入れ日米安保条約を堅持し、

 自衛隊の拡充しかないだろう。

 

 日本人の平和ボケを揶揄される「日本では水と安全はただ」

 これは世界の非常識。

 世界では「水を得て、安全に生活するのは大変」

 

 安全保障で一番重要なのは、抑止力。

 戦争を起こさない=やっても無駄であると考えさせられるだけの力。

 自国での力も必要かもしれませんが、単体での力よりも

 周辺各国と連携して対応するチーム力が最大の抑止力。

 日米安保を基本として、アジア諸外国との強調をいかに強められるか?

 

 

■ロシアとの関係

 ロシアとは平和条約もなければ、北方領土の帰属でも懸案があり、実は国境線もあいまい。

 そんな中、日本側は大きく動いている。

 世耕さんが経済産業大臣に就任後、兼務しているのがロシア経済協力担当省。 

 EU側からは疎遠になってきているロシアと日本の関係は良好。

 ロシアへの経済協力をベースに平和条約締結や領土問題を解決できるかも。

 少なくとも日本側は最大限の努力をしているように思います。

 

 米国の政治的大転換にともなって、日本とロシアが協力関係が築ければ

 東アジアでの安全性は確実に増す。

 トランプさんは、プーチンさんの政治的手腕をかっている様子なので、

 米国ロシア関係は融和に向かうと思われる。

 であれば、日本を仲介役とした米国ロシア間の平和的な関係も進むかも。

 

 接している割には、ほぼ接点を感じないロシアですが、

 経済協力関係はおおいに築いて行けるし補完関係にあると思います。

 ぜひ、前向きに未来志向で関係構築してくれるのを期待します。

 

 

 

 

 

 


iphoneなど時事ネタいくつか

最近書いてませんが、時事ネタ思う事いくつか。

 

■iPhone7、7Plus

 型番的には好きな番号。カメラ機能、耐水性、処理速度等魅力的。

 ワイヤレスなAirPodは革新的ですが、微妙かも。

 ですが、サイズが・・・。SEサイズが欲しい・・・。

 

 FeliCa対応してきたのは、日本市場的には素晴らしいと思うのですが、

 Appleが個別対応して来たって事は、裏読みすると何か訳があるのかな?とも。

 世界的にはアンドロイド端末が圧倒的なシェアで、日本市場を守りたいからか?

 横浜にできる(できた?!)Apple社の開発拠点が何か動いてるのかな?

 強烈なプラットフォーマーが国別対応しないから世界標準化が進んでたのに、逆行しないか?

 とか、、、対応を素直に喜べないな〜。

 

 と言いつつ、相変わらず5S使ってます。

 SEサイズが欲しい・・・どうしようかな・・・。

 

 

■民進党の代表に蓮舫さん

 現在の安倍政権、自民党に対しての世の中の評価は高いです。

 いろいろ決まってるし、変化もしてきてるので、積極的に認めている人も多い。

 ですが、各種世論調査を見る限り「他に任せられる政党もない」という消極的な理由も多い。

 となると、民進党が目指すべきは、国民から「任せられる政党」になる事。

 

 そんな民進党の代表戦で圧勝した蓮舫さん。

 頭の回転がすこぶる早いと感じます。

 

 どうやったら任せてもらえる政党になるのか?という視点で行けば、

 民意を汲み取れば、自ずと政策方針は出てくるのだと思いますが、

 ポピュリズムには陥ってもらいたくないなと。

 

 国籍の件で、横やりが入ってますが、個人的には

 政治家としての能力があるのであれば、不問で良いかなと。

 あくまで蓮舫さんの場合に限りますが・・・。

 

 

■日露関係

 平和条約すら締結していない日本とロシアですが、

 日本側がアプローチを変更したことによって、大きく関係が改善傾向。

 平和条約、領土交渉、経済交渉すべてまとめたのが、素晴らしいと思います。

 一番重要なのは日米関係であると思っていますが、

 日中、日韓、日印関係など様々なレベルで外交関係を構築することが日本には重要。

 結果的には、自立と中立的な存在になっていけるのだと思います。

 12月の日露会談が楽しみ。

 

 

■豊洲への市場移転問題

 築地から豊洲への市場移転は、どっかのタイミングで必要だったのだと理解してます。

 かなり長い年月をかけて、議論し、決議され、実現に向けて動いていたのだと思います。

 が、地下室の漏水問題とか、あり得ない状況に・・・。

 

 数代前からの都政のガバナンス問題とか指摘されており、

 遡って原因究明をするのも重要かも知れませんが、最重要なのは

 「現在起こっている問題をどうやってクリアするか?」。

 

 TV番組等では、犯人探しみたいなのが増えると思いますが、本筋ではない。

 悪意をもっていないと言うのが、前提になりますが、

 その時々で、最善の判断をしていたと考えないと、

 すべての事が後から否定される事にも繋がりかねない。

 

 せめてもの救いは「築地」問題ではなく「豊洲」問題であること。

 築地の老朽化も激しく早く移転すべきと理解していますが、

 移転前に問題が発覚したわけで、前向きに捉えて、解決してもらいたいと思います。

 でないと、豊洲市場経由のものを信用できません・・・。

 

  

■オリパラ

 オリンピックが終わり、パラリンピックに。

 各選手の頑張りに尊敬の念。

 メダルを取れるも取れないも、ありますが、よく頑張っていると思います。

 4連覇できなかった選手とか涙がでますが、圧倒的な重圧感が取れたんじゃないかな?

 初心に戻ったり、楽しく競技できるんじゃないかな?などと思います。

 

 メダルも重要かもしれませんが、自国の選手じゃなくても

 素晴らしい選手を褒めて楽しむスタンスが平和の祭典オリパラに必要だと。


 また、パラリンピックを先に実施した方が良いと言う意見に賛成。

 東京オリンピックでは何かの競技会場に、直接見に行きたい!

 

 

 

■休刊日

 出勤時に日経新聞の電子版をダウンロードして読むのが日常ですが、

 相変わらず、新聞を紙で読んだりもします。

 ニュースソースとして重要だと思ってます。が、昔から違和感があるのが新聞休刊日。

 

 うーむ、24時間365日、ほぼリアルタイムで世の中の情報が更新される中、

 新聞休刊日はどうなんだろう・・・。

 

 キュレーションメディアの立付けで、メディア運営が自由になされてますが、

 新聞、雑誌、ラジオなどのある特定領域を深堀している知見は、

 やはり一日の長があると信じてます。配信方法としての紙が時代遅れになっているだけ。

 アプリを使って新聞社の読者層が大きく若返った事例も

 海外にはあるようなので、より積極的にデジタル活用策を模索してもらいたいと思います。

 

 新規メディアは行き着く所、オリジナルコンテンツを産み出す力があるかないか?

 dTV、AbemaTV、ネットフリックス、ニューズピックスしかり。

 新聞記者さんの奮闘求む。

 

 

 

 

 


都知事選挙など時事ネタ

社会が日々動いているのを強く感じる今日この頃。

久しぶりに時事ネタで思う事いくつか。

 

■参議院選挙

 今回半数の議員が入れ替えで、結果的に自公などが快勝。

 結果、改憲派と目される派閥が2/3超に。

 それ自体の結果は、淡々と受け入れるだけですが、

 そもそも参議院って必要なのか?

 

 以前も書いた気がしますが、参議院の大元は貴族院。

 既に社会で何かを成し遂げた方が、組織運営や意思決定も理解し

 生活をしていく為の議員ではなく、社会を国を良くして行く為に

 ご奉公として務められたのだと思います。

 が、今の参議院はどうか?

 

 そもそも衆議院で可決され、参議院に回り

 否決して、衆議院に戻されたとしても、

 再度、衆議院で決議されれば案件としては通るわけで、

 衆議院の方が優位にある。

 

 参議院のポジションをどうするか?

 そもそもの要否について、議論しないと

 単なるコストが積み上がり続けるのではないかな?と。

 

 

■南沙諸島の国際仲裁裁判結果について

 フィリピンが申し出て成立した中国の南沙諸島領有権問題ですが、

 オランダの国際仲裁裁判所で「島」ではなく「岩」であり、中国の領有権はない。

 との認識で、中国側の意見を全面的に却下。

 

 国際海洋法を適用させた判決ですが、

 これに対して、中国は反論、無視。

 

 意見の衝突は各国あってしょうがないと思いますが、

 反論は許されるにしても「無視」するのは、

 国際社会の一員としてどうなのか?

 強攻策にでない事を望みます。

 

 

■事後より事前

 参議院議員選挙も都知事選挙もそうですが、

 なんで、連呼し続ける方法しか取らないのだろうか?

 なんで、政策案を中心に説明しないのだろうか?

 なんで、放送局は各候補者の政策の比較一覧等を作らないのだろうか?

 

 事前に・簡易に説明をして欲しいのですが、

 今は、自分で取りに行かないとダメ・・・。

 

 事前が足りないから、当選確定後に「こんな人だったんだ」と

 後から後悔して、無理にすげ替えるような事が起こるんだと思います。

 

 事後より事前に、政策方針を中心に説明を求めたい。

 

 

■生前退位

 一民間人がコメントする事ではないと思いますが、あえてします。

 「お望みならばさせてあげてください」と。

 

 憲法上は整っていないと言う人がいます。

 解釈論では出来るという人がいます。

 専門家が集まって、議論の上、是非進めて頂きたい。

 

 天皇は神ではない。人間であり象徴である。

 公務を務めるのが厳しくなるようであれば、引退し隠居したくなるのも自然。

 引き継ぐ方が自然な事。皇族で引き継ぐ事ので、皇族内で決めて頂ければ良い。

 

 憲法が規定している内容は、崩御なさるまで無理をしてでも立ち居振る舞えという事か?

 十分過ぎる程、お務めいただいたと感じます。

 天皇のご意志を尊重していただきたいと思います。

 

 

■次の社会構造を産み出すのは女性なのかも?

 金融資本主義が席巻したが、万能ではないというのが露呈した昨今。

 次の世界的な社会構造を求めている時代。

 

 ドイツはメルケル首相。

 イギリスはEU離脱争議後にいろいろあってメイ首相に。

 デンマークはシュミット首相。

 スロバキアはラディツォバー首相。

 米国はクリントンさんが候補者に。

 IMFにはラガルド専務理事。

 日本の政治は女性が少ないですが、都知事の有力候補に小池さん。

 

 不穏な世界に突入している世界ですが、

 もしかして男性よりも女性リーダーを求めてるのかも?なんて。

 性別で区別してる時代じゃないのかもしれませんが。

 

 

 

 


熊本地震

14日に起きたM6.5の地震が前震で、16日のM7.3が本震という
前例を見ない直下型地震が熊本・大分を中心に起こった。

気象庁も地震専門家も前例がないと言い切り
引き続き警戒を促すのみ。

余震が多いため、多くの人が避難をし、
11万から20万程度の避難者がでているとの事。
避難所もパンクしており、避難できるところに移動を推奨中。

東日本大震災ほどの超広域災害ではないものの、
物資輸送手段などに限界が生じており、インフラ安定にはほど遠い。

うーむ、、、またしても地震に翻弄される日本。
どんなに研究したとしても、活断層が多い日本は
根本解決はできないんだろう。

============================
こういう時になると、すぐに「政府は?国は?県は?どうなってるんだ?」
と騒ぐ人が居ますが、日本は懸命にやってると思います。

自衛隊は現地入りし、救助作業と復旧作業を遂行中。
民間も救援物資も一度博多や周辺に集めて、必要な分を搬送するとか、
官民ともに善処してると思います。

救援物資が届かないのは、道路網が寸断されると、
どうしても動きが悪くなってしまう為であり人為的な問題ではない。

対策として必要なのは「配送網の多重化」なんだと思う。
自動車やバイクなどの輸送手段に追加して、
ドローン配送など、未熟な手段であっても
活用できるようにしていくべきなんだろう。

まだ解決できてない事も多いと思いますが、
徐々に滞留していたものが流れ、
少しでも被災者の生活環境が改善されるのを願っています。

取り急ぎ、個人募金をさせていただき、
会社での支援策は何か考えてみたいと思う。

============================
そもそも自然には抗えない。

できるのは、防災、減災のみ。
自助、共助、公助の順番。

この土日に防災グッズを改めて確認。
来年の1月ぐらいで水や乾パンの賞味期限が切れそう。
電池も交換しといた方が良いかな?

​東京で直下型地震が起こった場合は、
1週間〜10日程度途絶える事を想定した方が良さそうだ。
半年以内に買い替えて、万が一に備えておこう。


最後になりますが、
お亡くなりになった方にお悔やみ申し上げると共に
早期の復旧を願っています。





 

クリエイター・オブ・ザ・イヤー!

電通同期入社でクリエイターの篠原がなんと
「クリエイター・オブ・ザ・イヤー2015」に! 
素晴らしい! おめでとう!

ドコモ担当営業をしていた頃に、無理で急な難題であっても
彼がクリエイティブ側で助けてくれたのを思い出す。

宣伝会議で講師してたり、昨年のad:techで講演もしてたし、
クリエイターとして目立ってたんだろうな〜。

旧友が頑張ってるのを聞くと、嬉しいね〜。
おめでとう!

PS:主な受賞理由がKDDIさんの「三太郎」シリーズってのが、
  ドコモ子会社の弊社的には微妙ですが、、、


 

【時事ネタ】民意直結政治、衆人環視社会

久しぶりに時事ネタ。


■米国大統領選挙戦
 言いたい事を直接的な表現で言うトランプ氏が票を集めている様子。
 これは、現オバマ政権への問いかけなのかな?
 強い米国への回帰みたいな事を願っている米国人が多いのか?
 はたまた、内側に籠ろうとしている米国の現れなのか?
 すでに国民の半数以上は白人以外の人。
 
 トランプ氏が、最終的に米国大統領に選ばれるのであれば、
 民意と捉える必要があるんだろう。
 
 が、本来政治家は、民意を汲み取りつつも、ポピュリズムに陥らないように
 舵を取る必要があるんだと思います。

 前NY市長のブルームバーグさんが出馬しない決断をしたようです。
 ヒラリーさんとの争いに。

 結果如何で、日本もそれなりに影響を受けるはず。
 さてはてどうなるのかな?


■保育園落ちた問題
 保育園の数が足りず、待機児童の数が減らない事が社会問題になってから
 既に何年経つのだろうか?
 
 政治的には、減らす目標を立ててますが、園の設立場所確保が難しい、
 保育士の数が足りない、という大きな理由で、受け入れ可能数が増えず・・・。

 政治で解決しなければ行けない事も多々あるのを承知で述べますが、
 自助、共助、公助の概念で言うと、意思決定が遅い地方自治体や国の
 「公助」ばかりに頼りすぎるのもどうなんだろうか?
 
 「共助」的な考えで言えば、60歳定年で、
 社会経験抱負で元気な方に保育士のサポート的な業務を務めてもらうことで、
 受け入れキャパを増やして良い事にするとか。
 こんな事言うと、その人の権限と何かあった時の責任はどうするのだ?とか
 噴出するんだと思うのですが、預けたい親からすれば「入れないストレス」と比較したら
 どっちが良いのかな? 

 保育士の給与水準が低いのが足りない原因だとか言われますが、
 本業でやっている人ばかりで成立させようとしてるから難しいんじゃないかな?
 兼業を認めさせるとか、寄付金制度を充実させるとか、あっても良いんじゃないかな?

 民意がまとまって、国政レベルに訴えるのもありですが、
 待機児童の問題が大きく残っているのは東京で、他の地域は減少傾向。
 国政でやるべきなのか?地方自治で解決するのが早いのか?

 はたまた「公助」がより充実していく社会になっていくのか?

 解決できてない状況が続いている現実があるわけで、
 少し柔軟に解決策を模索しないと変わらないですな〜。


■衆人監視社会?!
 衆人「環視」というのが本来的な用語で、
 多くの人が取り囲むように見ている様を指す訳ですが、
 最近思うのは、衆人「監視」って方が、あってないかな?と。

 馬鹿な写真をTwitterやFBに自分でアップして、関係ない人から指摘されるとか
 タレントのゴシップ的なネタがネット経由で拡散してしまうとか
 醜態が晒されて、炎上するとか・・・。

 昔のメディアだったら広がらなかった情報が、
 誰でも簡単に伝えられるようになってるので、拡散する時代。
 ネット普及の功罪なんだろう。
 
 ネットの良い面の方が多い事を信じたい。



PS:安倍政権に交替後、今年に入って、経済動向が
 大きくかわったように感じるのは僕だけでしょうか?
 うーん、なんか引っかかるので、根本原因を探ってみよう。
 


 


profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM