NTT持株とドコモ

NTT持株会社によるドコモへのTOBで、100%子会社に。

ドコモの上場時に、上場記念広告の掲載に関わった僕としては、

「時代の変化は早いな〜」と感じます。

 

数年前から言われていたグループ再編ですが、

国内の通信事業社、OTTプレイヤー、

国外のGAFAM、BATといったグローバルプレイヤーとの競争を考えると

「やっと動いた」と言うのが、正直なところかも。

 

 

グループ内的に言えば「再編スタート!」でしかないかもしれませんが、

今後の社会を見据えて理解するとすれば

1:固定ネットワークの時代ではなく無線ネットワークが主戦場=基礎/基盤

2:5G以降のネットワーク上にのるサービス、アプリケーションは多種多様。

3:5G以降のネットワークは様々な産業、企業の「底上げ」に繋がる。

4:法人利用、個人利用の幅、深さ共に変わるはず。

5:産業再編、企業間統廃合は必須。

と、考えます。

 

===================

1G=携帯電話の登場

2G=携帯電話のデジタル化

3G、4G=ガラケーからスマホへのデジタルデバイスの統合

5G=デジタル化社会の基礎/基盤

 

5Gはハイプサイクル的に幻滅期に入ってると思いますが、

本格的普及には後数年かかるはず。

 

3G、4Gの時の経験からするとモバイルインターネットが本格普及したのは、

3G時代に概念が登場し、人々の生活に満足かつ普通に受け入れられるサービスが定着するのは4G。

要はこなれるのには、それなりの年月を要すると言うこと。

 

ビジネスマンとしては、この大潮流を捕まえて、動きたいところ。

 

 

 

 

 


デジタル社会

 

■デジタル庁?

様々なことがデジタルに置き換えられていってる世の中。

ですが、国レベルでのデジタル化が大きく遅れているのが、現実。

それを課題と捉え「デジタル庁」なる省庁設立構想があるようです。

個人的には、反対かな〜。

 

というのも、デジタル化は全ての省庁で行われるべき「底上げ」。

一つの省庁が進めるべきものではないのでは?と思うからです。

過渡期的には集約する必要があるのかも知れませんが

各省庁の方々が「自分ごと化」しないとやっぱり進まないかなと、、、。

進んでないのは、忙しすぎるからとか、別の理由なのでは?

 

 

 

■ドコモ口座

銀行口座と紐づいたドコモ口座で不正なことが発覚。

ドコモ口座を簡易に開設できる本人確認の問題はあるにしても

ドコモが悪いと一方的に言われてますが、少し違和感、、、。

 

・そもそも口座番号を盗まれており、悪意を持った犯罪である。

・銀行口座からドコモ口座に振り込まれてるのは銀行側のセキュリティ問題。

 

ドコモだけに改善要望を出すのではなく、銀行側の改善も必要なんだろう。

また、不正に流通しているハッキングデータの取引を止める方法も、

さらに改善が必要なんだろう。

 

■TiKTok

若者向けのサービスTiKToKが米系企業による買収がなされるらしい。

僕は利用してないので、どの企業が株主だろうが関係ないですが、

消費者向けのサービスが、国家レベルのセキュリティ問題になるという

可能性があるという視点は安全保障上は重要。

だが、消費者からすると困った問題。

 

平和、安全があるからビジネス活動は安定的に行える。

優先されるべきは、安全保障だと思えるが、

国として平和、安全を保証するのは国民の生活の為。

 

安全保障を優先するがあまり、消費者の生活を制約するのは

本末転倒になりかねない。バランスを取るのが、政治だと思いますが、

米中ともに少しエキサイトしているように見受けられます。

 

 

デジタル社会が進むにあたり、従来では整備し切れていなかった面が

国際的に露呈してきた感じ。

真のデジタル社会に向けては、もう少し議論が必要なんだろう。

 

 

 

 

 


ポスト安倍さん

安倍首相が健康を理由に辞任を決めました。

結果、党内でのポスト安倍さん議論が盛り上がる。

 

党内で盛り上げるのは、勝手といえば勝手ですが、、、

そもそも安倍政権の方針を、民意によって変更したいという

話にはなってない(はず)。

 

であれば、安倍政権が行ってきた政策は継続するってのが、

正しいのではないでしょうか?

 

自民党総裁が変わる=実質的に総理大臣が変わるわけで、

それによって、政策方針が変わるのは、おかしいなーと、、、。

 

もし、政策方針を変えるのであれば、

選挙で民意を確認しないとおかしくないですかね?

別の政党に1票を投じる人がいるんじゃないですかね?

辞任時の次の内閣は短命ってのは、その辺りにあるのでは?

 

 

PS:政局も気になりますが、台風10号が気になるなー、、、。

 

 

 

 

 

 

 


プチ停電

自然災害の多発に伴い、日本各地で起こるガス、電気、水道などのインフラ停止。

 

TV、ネットで見聞きしていても、どこか「他人事」な感じだったのですが、

土曜の夜に突然停電。

 

最初は「うちだけか?」と思いましたが、外に出てみると一画が停電。

近所の皆さんが、飛びてきてきます。

 

が、道一本向いは、普通に電気がきている様子。

どんな状況??

どうやら、すごい局所的に電気が落ちたようです。

 

登山、キャンプ道具を活用し、灯しながら情報を探るが、

東京電力のHPには、停電している地域は「ない」と記載され、

警察派出所の警官も「情報がありませんが、あまり出歩かないように」と言うのみ。

うーん、どんな状況??

 

結果的に1時間半程度の「プチ停電」で終わりましたが、

バックUP策を、本気で検討しておかないと危ないなーと、

良い経験になりました。

 

自助、共助、公助。

まずは自助できるように努めないと。

 

 

 

 

 

 

 


GDP大幅縮小&倒産件数増加

本日の日経新聞朝刊の1面記事

「主要国経済1割縮小」と衝撃的なタイトル。

 

2020年4月から6月の成長率が、ほとんどの国でマイナス成長。

中国:3.2%

ベトナム:0.4%

台湾:▲0.6%

米国:▲9.5%

日本:▲9.9%

ドイツ:▲11.7%

タイ:▲12.2%

欧州各国:▲20%前後

 

マクロでみると、1割程度だが、

企業個別レベルでみると、50%減少とか、90%減少とか

ビジネスが蒸発したような、マイナス影響を猛烈に受けたところもある状況。

 

6月の倒産件数は780件で、負債総額は1288億円、、、。

元々厳しい会社もあったのだと思いますが、

COVID-19の影響が多分にあると考えるの当然だろう。

 

疫病対策と経済対策を両立しなければいけないわけですが、

疫病対策としての各種自粛による経済活動の縮小という

マイナス影響の方が大きく出てる気がします、、、。

 

現在の雰囲気だと、経済的にはまだ底を打った感じはない。

もう少しマイナスのスパイラルに落ちて

厳しい環境になってからでないと、戻らんだろう、、、。

秋以降も怖いなー、、、。

 

 

 


プールも入場制限

お盆ウィークは、特に暑い。

全国各地で猛暑日が続く。

 

そんな中、息子と久しぶりに屋外プールに行ってみました。

そしたらなんと、入場制限、、、。まー、しょうがないですな、、、。

 

1時間半程度、時間を潰して入場してみると、プール自体は空いてて、泳ぎやすい。

が、水温が暑い、、、。温水プールだ、、、。まじめに泳ぐのはできないなー。

 

45分程度でパッと出て帰宅。クーラーが効いた室内が涼しい。

息子と少しだけ「夏っぽいこと」ができて嬉しい日。

 

 


判断は自分で

今週は、世の中的にはお盆ウィーク。

 

都心の人の活動も少ないように感じます。

が、Covid-19の事を考慮し、実家に帰省する方々も少ないようです。

みなさん、何をしてるのですかね?

 

僕の実家は、300mしか離れてないので、

帰省せずともスーパーの買い物中にばったりと会う。

で、80歳を超えた母親とマスクしながら話したのですが、

TV番組の影響もあってか、相当に萎縮し、自宅に籠っている。

自宅に籠もっている結果、日常生活がつまらなくなり、

さらにTV番組ばかり見て、自粛を続ける、、、。

こりゃ、精神的にも体力的にも悪いことだらけ、、、。

 

まじめで、他の人の意見を素直に聞き、

自分の生活を律して人に会うのを避けられる人が、

徐々に自宅軟禁状態になる社会。良い方向とは思えない。

 

========================

もう、数ヶ月前になりますが、国レベルで緊急事態宣言が出され

解除後には、東京アラートなる都独自の注意喚起。

Go to キャンペーンで「出かけろ、消費しろ」と言われつつ、

気温が体温を超えるレベルにあるので、熱中症アラート?!なる、注意喚起、、、。

 

ある一定の注意喚起は必要なんだと思います。

が、何でもかんでも国や都府県に、あーしろ、こーしろ、どーしろと、

言われるのもどうなんですかね?

 

気温が暑ければ、、、

できるだけ昼間の外出を避けて、朝夕の少しでも気温が低い時に出かける。

水分補給をする。

移動時に日傘をさす。

日陰をあるくようにする。

クーラーや扇風機を活用する。

など、

 

自分の体調に合わせた形で、自分なりに工夫する。

 

 

Covid-19を避ける生活をするのであれば、、、

人と時間をずらす

人が行かないところに行く

打ち合わせをリモートで行う

レストランで食べずに、テイクアウトする

など、

自分の生活にあった工夫を、自分なりにする。

 

 

国や行政が責任感と親切心から言うのは、気持ち的にわかります。

やらなければ、やらないで「政治の責任だー」と言われてしまうので。

 

ですが、何でもかんでも言いすぎると、

言われる側は判断をしなくなる。

 

熱中症についてもcovid-19についても、

外部の意見を鵜呑み、尊重しすぎて

自分で判断しない人が増えていってるように感じます・・・。

 

メディアや外部の意見を参考にしつつも、

最終的には「自分で判断」。

 

そんな生活を心がけようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ナンセンス

旅行を喚起し、経済を回そうと目論む「Go To Travelキャンペーン」

東京だけ行くのも来るのも除外とか、、、

そもそもキャンペーン自体がナンセンスかなと、、、。

 

■COVID-19

 ワクチンはない。

 人人感染を起こす。

 グローバルでの死亡率平均は約4.2%と比較的高め。

 ウィルスそのものの致死性というよりも、医療崩壊が押上要因に。

 

■対策

・人の往来を「出来るだけ」避ける。

・人との接触を「出来るだけ」避ける。

・人と接触する場合であっても、密接な接触を「出来るだけ」避ける。

 

根本治癒、解決が難しい中、取り得る対策は、これぐらいしか無い。

「出来るだけ」とあえて書いたのは、個々人によって状況は違うから。

 

■COVID-19対策と経済対策

「出来るだけ」のレベル、解釈が異なるので、

4月に緊急事態宣言が出され、少し強制力を高めた形で、

移動自粛と休業要請がなされ、COVID-19は落ち着く方向に向かうが

経済環境は急速に悪化。

 

今度は、経済環境悪化を緩和する目的で、

GoTo Travelキャンペーンがなされるわけですが、

COVID-19の状況と対策は変えられる状況には無い。

 

人の往来を「出来るだけ」避ける。

人との接触を「出来るだけ」避ける。

人と接触する場合であっても、密接な接触を「出来るだけ」避ける。

というのは、継続しなければいけない。

 

映画館は、座席数を飛ばして再開

イベントは、無観客で再開し、席数減らして徐々に販売

飛行機や新幹線は、座席数を減らして販売

レストランは、座席数を減らして、、、

と、皆努力をして事業再開。

 

 

今でも必要な人は往来をしているわけですが、

それは「出来るだけ」の範囲を超えてないはず。

そんな中にあって、人の往来を「促進する」経済対策キャンペーンは、

そもそもナンセンスとしか言いようが無い、、、。

税金使わなくて良いのでは?

 

 

■何をすべきか?

命なのか?経済なのか?という議論は不毛。

どちらを優先させるかどうか?ではなく、

「どちらも優先しなくてはいけない」。

 

COVID-19の対策は、変更できない。

一方、経済対策すべき対象は、本来的に旅行関連産業だけでは無い。

まだまだ広い範囲でマイナス影響が出ている状況なので、

休業補償や雇用助成など、法人を潰さずに、ビジネスは低空飛行のママだが

存続できる状況を強く生み出す方法しかないのでは?

 

いずれにしても、需要を喚起、促進するタイミングには、まだない、、、。

いつ来るかね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


学校再開

オンラインクラス会はすでに始まってましたが、やっと学校再開。

家が好きな息子ですが、6年生初の登校に喜びが隠せない様子。

 

と言ってもまだまだ通常モードとは程遠い。

通学時に親が車で送っても良いこととか

週に一回の学年分散登校とか、、、。

友達との会話を控えめにとか、、、。

 

小学校生活を締めくくる6年生。

楽しく過ごしてもらいたいなー。

 

 


緊急事態宣言全面解除

約2ヶ月に及ぶ、外出自粛要請ですが、政府の全面解除を受けて

東京都も休業要請なども緩和。

 

5月末までと思っていたのが、少し早まった感じですが、

実際は6月1日からと言うのが、多くの人の心情かな?と。

 

統計などまだまだ出てませんが、

一番影響が出てるのは経済というのは間違いない。

 

どこまで落ち込むか?と

どうやって回復するか?

 

しかし、回復といっても、

人々のライフスタイル、ワークスタイル、価値基準が

すでに変わったというのを前提に置くならば、

「ニューノーマル」へどう対応するか?させるか?

 

根本的にはワクチン開発を待たなければいけないので、

罹患者も増えたり、減ったりしながら、進むんだろう。

 

来月からは、子供の学校も再開。

働きかたも柔軟に対応しようと思います。

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM