百名山16:槍ヶ岳 その2

1820mに位置する槍ヶ岳ロッジ。

少し寒いかな?と思っていましたが、想定以上に暖かく。

山小屋も混雑していなかったので、とても快適に過ごし、寝ることができました。

 

朝食は弁当にしてもらっていたので、朝4時の起床後にパパッといただく。

出発は5時で、本日は山頂アタックした後に、山頂付近の槍ヶ岳山荘で一泊予定。

距離は6km、登りは1260mぐらい、きっちり山登りな感じ。

 

天気も良好、いざ出発。

IMG_3181.jpg

 

IMG_3185.jpg

最初に出てくる「槍見」。

その名の通り、岩に登ると、槍ヶ岳山頂がやっと見える。

かなり遠くに見えますが、今日の目的地はここ!

IMG_3184.jpg

 

ずんずん進むと、日が昇ってくる。

そこまで寒くないので、直射日光は厳しいかも、、、。

IMG_3186.jpg

 

IMG_3188.jpg

 

30分たたずに、ババ平というキャンプ地に出る。

IMG_3190.jpg

トイレもあるキャンプ地で、水を一飲み。

まだまだ先は長いのでズイズイと進む。

次回来る機会があれば、テント泊にしようかな。

IMG_3189.jpg

 

DSC00199.jpg

 

IMG_3194.jpg

 

IMG_3195.jpg

 

IMG_3198.jpg

 

IMG_3199.jpg

 

IMG_3200.jpg

 

IMG_3201.jpg

 

IMG_3204.jpg

 

IMG_3209.jpg

山を越えてくる日光。振り返ると結構昇ってきているのがわかります。

2500mぐらいには、まだまだ残雪。

 

日が入り始めると、暑くなるのが早いんだよな、、、。

上空は、ガスったり晴れたりと忙しい。

DSC00216.jpg

 

IMG_3212.jpg

 

IMG_3213.jpg

 

IMG_3214.jpg

 

IMG_3215.jpg

 

IMG_3216.jpg

 

IMG_3218.jpg

 

最初の雪渓。アイゼンなどは付けずに、渡ります。

ストックはあったほうが良かったかも。

IMG_3219.jpg

 

IMG_3223.jpg

 

DSC00231.jpg

 

槍ヶ岳山頂まで残り1.25km。

短めの休憩を挟みつつ、山頂を目指します。

IMG_3225.jpg

 

IMG_3226.jpg

昔々にお坊さんたちが宿として使ったと言う「播隆窟」。

別名は坊主の岩小屋。

 

IMG_3228.jpg

 

IMG_3233.jpg

横に見えるは「殺生ヒュッテ」。

こちらに泊まる人もいますが、

うちらは上にある槍ヶ岳山荘を目指します。

IMG_3234.jpg

 

IMG_3237.jpg

後少しで山頂です。右が山頂。左が山荘。後少し。

 

IMG_3238.jpg

上空は風が強くて、雲がすごい勢いで流れてます。

山頂も顔を出したり、隠れたり。

 

IMG_3241.jpg

 

 

IMG_3291.jpg

3082mにある槍ヶ岳山荘。最大650名も宿泊できる大規模な施設です!

こちらに到着したのは11時過ぎなので、約6時間の登り。

荷物を置きつつ、休憩して、残りは山頂アタックのみ!

================================

穂先と呼ばれる山頂は高度を100mあげるだけ。

ですが、鎖とハシゴを使います。

 

DSC00254.jpg

 

IMG_3248.jpg

 

IMG_3249.jpg

 

IMG_3250.jpg

 

IMG_3256.jpg

 

DSC00259.jpg

 

IMG_3521.jpg

 

DSC00276.jpg

 

IMG_3271.jpg

やった!山頂! それほど怖くは無いかな?

 

IMG_1827.png

360度カメラで記念撮影。

続々と登山客がくるので、長いは出来ません。

パパッと記念撮影したら、下山開始。

登りよりも怖いんじゃ無いかな?

 

DSC00290.jpg

 

IMG_3277.jpg

 

IMG_3284.jpg

混雑時には渋滞が発生する穂先ですが、

上り下りともに混雑せずに、山小屋まで下山。

思ったよりもあっさりと登頂!!

 

雲が取れて、360度の風景を見たかったですが、今回は見送り。

また別の機会に登頂しようっと。

 

IMG_3290.jpg

あっという間に、ガスに包まれる山頂。

登頂だけでも出来て良かった!

 

================================

さて、あとは、飲んで食って寝るべ!2泊目は山頂で!

って話なのですが、、、

どうやら台風が迫っているようで、本日夜から明日にかけて

天候が読めない、、、

 

明日は最悪、山頂に閉じこもるかもしれないし、

下山開始から雨の中進むことになるかも、、、。

 

雨の中の下山は、いくつかのポイントで増水とかあるかもしれないし、、、

と言うことで、皆で話して急遽下山することに。

 

さすが、キリマンジャロ登頂メンバー。

今から上高地バスターミナルまで22km下ることに、何の抵抗感もない笑。

 

そうと決まれば、ホイホイと下るのみ。

================================

ルートは同じなのですが、登りと下りは若干景色が異なる。

壮大なカールを見下ろしながら、ガンガン下る。

IMG_3292.jpg

 

IMG_3294.jpg

 

IMG_3297.jpg

 

IMG_3298.jpg

 

IMG_3515.jpg

 

IMG_3301.jpg

 

IMG_3302.jpg

 

IMG_3304.jpg

 

IMG_3307.jpg

 

IMG_3308.jpg

 

IMG_3309.jpg

 

IMG_3316.jpg

 

IMG_3318.jpg

 

6kmを2時間ぐらいで下り、早朝に出発した槍ヶ岳ロッジに。

急いでランチを食べて、14時15分には再度出発。

横尾に到着、残り11km。

ほとんど休まず、下り続け、横尾からの行程を約2時間半で踏破。

夕方6時には全員下山終了。

上り下り含めて22kmはさすがに疲れました・・・。

 

タクシー乗って、駐車場行って、目指すは白骨温泉!

ビール飲んで、ゆっくり休むぞー!

 

============================

■槍ヶ岳

■標高3180m 槍ヶ岳

■登山日:2019年7月25、26日

■登山ルート

 初日:上高地バスターミナル→明神→徳沢→横尾→槍ヶ岳山荘

 二日目:槍ヶ岳ロッジ→槍ヶ岳山荘→槍ヶ岳山頂→槍ヶ岳山荘

  →槍ヶ岳ロッジ→横尾→徳沢→明神→上高地バスターミナル。

■移動距離、時間

 初日:約15km、約6時間(休憩込み)

 二日目:約22km、約13時間(休憩込み)

■天候:初日:晴れ 二日目:曇り時々晴れ

■備考:コースは整備されており、迷うことはない。

 ルート上、山小屋、トイレ、飲食施設などあり、快適。

 テント泊も山小屋泊も選べる。

 いくつか沢を横切るので、濡れない加工がされている

 ハイカットブーツの方が良い。

 

 

 

PS:結果的には、下山して正解。

  夜中に強めの雨が降り、翌日は天候不順。

  東京への上り中央高速は、強めの雨も、、、。

  少し無理して下山して良かった!!

 

 

 

 


百名山16:槍ヶ岳 その1

毎年恒例、7月下旬の梅雨明け登山。

今年は、キリマンジャロ登ったメンバーと槍ヶ岳に。

 

槍ヶ岳には、色んなルートでたどり着けるのですが、

今回は、一番シンプルな槍沢コース。

テント泊もありますが、小屋泊を選び、登山/下山を目指します。

 

当初プランは前泊含めて3泊4日の行程。

24日:沢渡駐車場に前泊

25日:早朝に上高地バスターミナルにタクシー移動。

   登山開始→槍沢ロッジ着 1泊

26日:早朝に登山開始→槍ヶ岳山荘に荷物を置く→槍ヶ岳山頂

   槍ヶ岳山荘にて1泊。

27日:朝から下山→バスターミナル着→沢渡駐車場にタクシー移動→帰宅。

車で自走していく場合の一般的な行程です。

 

本日の行程は、上り300m、距離14kmを5時間ぐらいで進む感じ。

登山をしている人なら、楽な行程だとわかるんじゃないかなと。

なので、気楽に登りたいと思います。

 

==============================

沢渡第2駐車場で、軽めの朝食。その後タクシーで上高地バスターミナルへ。

数十年前から上高地には自走して入れないのは、素晴らしい行政判断だと思います!

おかげで、綺麗な自然が残ってる。

 

IMG_3118.jpg

バスターミナル到着後、最終準備。

 

IMG_3121.jpg

登り始める前に記念撮影。

 

綺麗に整備されているバスターミナルを登山口として、

色んな山に行けますが、うちらの目標は槍ヶ岳。

さー、行きましょー。

 

IMG_7550.jpg

最初に見える上高地の「河童橋」。

初めて上高地に来ましたが、綺麗だな〜。

 

IMG_3128.jpg

前半は、すごく平坦なルート。自然散策ルートですな。

 

IMG_3130.jpg

明神に到着も休まずに、次に進む。

 

IMG_3133.jpg

川沿いの、爽やかな自然道を進む。

 

IMG_3134.jpg

 

IMG_3136.jpg

 

で、2時間かからず、本日の行程の約半分である徳沢に到着。

ロッジもあるし、キャンプもできるし、食事も取れます。

それほど、お腹は減ってないのですが、、、

せっかくなので、カレーとビールを。

IMG_3139.jpg

 

次の目標地は横尾。サクサクいくべ。

IMG_3143.jpg

 

IMG_3145.jpg

 

IMG_3146.jpg

 

IMG_3147.jpg

 

IMG_3149.jpg

 

IMG_3151.jpg

横尾は、上高地と槍ヶ岳の丁度中間ポイント。

すでに歩いて11km。槍ヶ岳まで11km。

長いような短いような。

 

ここにも立派なロッジがあり、食事もトイレもできるし、

飲み物も買えます。便利だな〜。

 

 

横尾を過ぎると看板があり

「ここからは登山道です。登山の装備で」と注意書き。

今までの11kmは遊歩道。散歩道。

登山装備無くても来れますが、ここからは多少、山登り。

と言っても、上り高度は200m。

IMG_3153.jpg

 

IMG_3155.jpg

 

IMG_3156.jpg

 

DSC00168.jpg

 

IMG_3161.jpg

 

IMG_3164.jpg

 

IMG_3170.jpg

梓川が涼しさを届けてくれます。

 

DSC00187.jpg

 

IMG_3171.jpg

 

IMG_3172.jpg

 

IMG_3177.jpg

 

横尾から歩いて4km。本日の山小屋「槍沢ロッジ」に到着。

天気も良いし、混雑もしておらず、程よい疲れ。

IMG_3173.jpg

 

IMG_3174.jpg

この山小屋の凄いのは、汗を流すお風呂があるって事!

川沿いのルートなので、水が豊富にある。

また、多くの人が使うルートなので、食材などはヘリにて運搬。

 

凄まじく混むこともあるようですが、

平日を使った登山なので、それほど混雑もしておらず快適。

一人1布団という贅沢?!に、かつ、メンバーのみの個室利用ができました!

 

IMG_3178.jpg

*ヘリの荷下ろし。

 

山小屋に着いてからは、何もすることがないので、

ビール飲んで、ダラダラ過ごし、お風呂で汗を流し、17時の夕飯を待つのみ。

IMG_7570.jpg

 

IMG_3179.jpg

夕飯は唐揚げ。

食後は何もすることがなく、ストレッチしたり、天気予報を見たり。

早く寝すぎても辛いし、遅く寝ても辛いのですが、明日は4時起き。

 

ここ数日、登山天気予報が変わり続けてて、明日はどうかな?

天候を祈りつつ21時に就寝。おやすみなさい。

 

 

 

■槍ヶ岳

■標高:3180m 槍ヶ岳

■登山日:2019年7月25、26日

■登山ルート

 初日:上高地バスターミナル→明神→徳沢→横尾→槍ヶ岳山荘

■移動距離、時間

 初日:約15km、約6時間

■天候:晴れ

■備考:コースは整備されており、迷うことはない。

 ルート上、山小屋、トイレ、飲食施設などあり、快適。

 テント泊も山小屋泊も選べる。

 いくつか沢を横切るので、濡れない加工がされている

 ハイカットブーツの方が良い。

 

 


百名山15:富士山(残雪期)

土曜の夕方に、富士登山の為に、富士宮口に向かう。

夏の富士登山は5回ほど行っているが、残雪期の富士登山は初めて。

この日に向けて、何回か雪山は体験済みですが、大丈夫かな?

 

富士宮口の駐車場に到着したのは21時ごろ。

駐車場には、車が20台前後あるかな?

当然ながら、皆さん、富士登山組なんだろう。

 

シートを倒して、車中泊。

明日は3時起き、4時半スタート予定。

おやすみなさいZzz。

 

緊張してるのか、2時半には起床。

4時には準備完了し、出発を待つのみ。

空が明るくなり始めた4時半ごろに、

キリマンジャロ登山を一緒にしたメンバー4人集まって登山開始。

 

61586580_399083050705649_8807078414679801856_n.jpg

 

五合目ですでに、2400m。なので本日の登りは1376m。

登り始めは、雪が溶けてます。じゃり、砂、岩場を進む。

R1051272.JPG

 

振り返ると駿河湾、伊豆半島などが美しい。

R1051274.JPG

 

5合目、6合目と雪も残ってますが、まだまだ序の口。

R1051275.JPG

 

宝永山ルートではなく、富士山頂を目指す富士宮口で直登!

この時点で残り距離は4km前後。楽勝かな?

R1051276.JPG

 

6合目を超えるあたりから雪渓を横切るシーンも。

R1051277.JPG

 

R1051286.JPG

 

R1051287.JPG

 

61642187_1223257931183579_187718963080200192_n.jpg

 

 

R1051293.JPG

 

R1051296.JPG

 

R1051298.JPG

 

R1051303.JPG

新7合目、元祖7合目、8合目と高度を上げていく。

少し息がゼーハーするが、少し休めば大丈夫。

 

8合目で大休憩を取ってから、アイゼンとストックで登山再開。

夏の登山道も出始めていますが、ここからは、雪渓を直登。

こちらの方が、体への負担は強くなりますが、距離が短く早い。

R1051304.JPG

 

62037083_474879943340457_351332160218595328_n.jpg

 

61545618_334093820609277_3504957801917054976_n.jpg

 

9合目に到着。山小屋もまだまだ雪に埋もれてます。

下記写真の右上が山頂。残りは高度約200mあげるのみ。

R1051334.JPG

 

最後の急登を、しっかりとアイゼンを効かせながら登る。

R1051341.JPG

 

R1051342.JPG

 

9合半を過ぎると雪がなくなり、岩場に戻る。残りは少し!

R1051348.JPG

 

鳥居をくぐれば、ほぼ山頂。

R1051350.JPG

 

62128766_2319563388306885_8644548142005485568_n.jpg

 

11時ぐらいかな?4人全員無事登頂。

半分、雪に埋もれる頂上浅間大社奥宮にお参りして、まずはランチ。

61816860_1999006176895313_6136283324131311616_n.jpg

 

61724076_298805184406019_2403210729562832896_n.jpg

 

頂上は頂上なのですが、実際はもう少し登った剣ヶ峰が富士山最高地点。

富士山レーダーがある右上の山の上まで、行っとこう。

R1051359.JPG

 

剣ヶ峰にて、D2Cグループ8社を代表して、記念撮影!。

R1051363.JPG

一歩一歩進めば、どんなことでも、ゴールに辿り着きます。

登山やトライアスロンはそれを教えてくれます。

ビジネスも然り。

 

剣ヶ峰での撮影後は、くだるのみ。

R1051365.JPG

 

登りではきつかった雪渓は、くだりは楽に。

というのも、簡易ソリでザザーっとおりたり、

須走感覚でホワホワと滑らせながら降ることができるんです。

R1051368.JPG

 

R1051370.JPG

 

登り6時間、下り2時間。でササっと登頂&下山。

夏山よりも楽で楽しいかも・・・。

 

 

 

==========================

■富士山

■標高:3776m

■登山日:2019年6月2日

■登山ルート

 富士宮口5合目→山頂往復

■移動距離、時間

 約10km、上り6時間、下り2時間

■天候:曇り。

■備考:ルートは明確。

 山小屋はオープンしていないので、

 食事、飲み物、トイレ全て持ち込み、持ち帰り。

 アイゼン、ピッケル、ストック必須。

 ヘルメットもあったほうが良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


百名山14:四阿山

飛び石連休の金曜日にお休みをいただき、雪山登山に。

今回の目的地は、群馬県の四阿山!。

百名山ながら、少しマイナーな山かもしれませんが、

雪山訓練には適切なようなので、登ってみよう!

 

前夜は軽井沢の知人宅庭にてテント泊。

思ったよりも暖かく、よく寝れた。

早朝に車で登山口である四阿山ホテルに移動。

 

すでに暖かいかな?と油断していましたが、

登山口に着くと、風が冷たい。

外気温も5度以下なので、全て着込んで登山開始。

R1051148.JPG

 

R1051150.JPG

 

R1051155.JPG

登山口から最初の少しだけ、林間コース。

この間は、風が和らいでいますが、このゾーンを抜けて、

牧場を抜ける間は風が強くなります。

帽子やアウターの帽子などもフル活用して、進みます。

 

R1051157.JPG

 

R1051158.JPG

横風が、ビュービューと突き刺さってきます。

 

R1051159.JPG

 

R1051160.JPG

 

牧場ゾーンを抜けると、また林間に。

防風林としてあるわけではないのですが、

林の中は本当に風が弱くなり、助かります!

 

少し休みを入れてから再度登山開始。

R1051162.JPG

 

R1051166.JPG

風が強いため、登山には適さないという予報が出ており、

この日の登山者は少なめ、、、。

なので、雪道は踏むとボハボハと埋まる道で、それなりに疲れます。

 

R1051168.JPG

 

R1051171.JPG

 

R1051177.JPG

 

R1051180.JPG

 

R1051182.JPG

 

R1051187.JPG

基本的には、長いダラダラとした登りを行い、後半は若干急坂。

登り返しはほとんどなく、1箇所ぐらい。

上記写真の左上が山頂なので、あと少し!

 

R1051192.JPG

 

IMG_4011.jpg

最後の稜線は少し細いですが、しっかり歩けます。

 

登山開始から約3時間半。

大休憩は取らずに登り、無事山頂に!

IMG_2374.jpg

 

R1051198.JPG

2354mの四阿山頂から浅間山を望む。

登ってる山自体の全景は取れないんだよなー笑。

 

風が強いので、早めに下山。

IMG_2379.jpg

登りよりも、下りの方が、景色が楽しい!

雲海を下に望む稜線上が、とても気持ち良い。

 

R1051207.JPG

 

IMG_2386.jpg

 

 

R1051209.JPG

 

山頂から数百メートル降った風が弱いところで、ランチ。

R1051210.JPG

 

IMG_2388.jpg

パパッとランチを終えて、ガンガン降る。

 

R1051213.JPG

 

R1051223.JPG

 

R1051228.JPG

 

下山完了は2時ぐらい。

なので、都合6時間半ぐらいの工程で登下山終了。

アイゼンを付けて歩くのは、それほど苦ではなく。

 

雪道を踏み間違えてズボッと左足が埋まった時に、

右足のアイゼンでオーバーパンツに穴を開けてしまった、、、。

うー、残念ですが、これも致し方なし・・・。

怪我しなかっただけ、良かったことにしよう。

修繕するのも、また楽し。

 

引き続き、雪山トレーニングに励み、

雪の富士山、ヨーロッパアルプスなどを歩けることを目標にしたいと思います。

 

 

PS:カメラの設定を雪山設定にしていなかったので、

 少し暗い仕上がりに、、、。残念・・・。

 

==========================

■群馬県 四阿山

■標高:2354m

■登山日:2019年3月22日

■登山ルート

 あずまや高原ホテル登山口→四阿山頂往復

■移動距離、時間

 約8km、約6.5時間

■天候:晴。

■備考:難しい道はないが、場所により風が強い。

 食事、飲み物、トイレはない。全て持ち込み、持ち帰り。

 ヘルメット、ストック、ピッケルを持って行ったが、

 使わなくても大丈夫。

 


雪山訓練開始@東天狗岳、西天狗岳

ちょうど一年前、キリマンジャロ登山に挑戦し、無事登頂。

その後あっという間に1年経ちました。

下山後に思ったのは「次に何を挑戦してみようかな?」。

 

雪山は危険度が上がると思っていたので、避けていましたが、、、

今年から訓練を開始することに。

 

まずは基礎訓練。

全ては基礎から。

 

知人を通じてお願いしたのは、セブンサミット全て登頂された方。

内容は下記。

・アイゼン(クランポン)装着時の登り方降り方

・ピッケル(アックス)の使い方

・ガイド登山時のショートロープワークなど

 

新たな挑戦開始。

楽しみだ!

 

===========================

特急あずさの始発に乗り込み茅野にて下車。

その後、バスにて登山口に。バスは満席。半分近くが女性ってのが驚き。

 

登山口にて練習概要を説明いただき、登山開始。

習うより、慣れろ?!

R1051075.JPG

 

IMG_2102.JPG

 

IMG_2103.JPG

 

R1051012.JPG

 

R1051014.JPG

 

R1051017.JPG

 

R1051022.JPG

 

初日は、山荘までの簡単な登りを2時間ぐらい。

ランチを食べた後に、ラッセルや滑落停止などの練習。

 

夕方には山荘に戻り17時半には夕飯。

その後、お酒を飲みながら色々話し、20時半には全員消灯。

 

==============================

5時半起床。6時食事、7時に登頂開始。

外気温はマイナス10度前後。着込んでいるので思ったよりも暖かい。

テント泊していた人もいましたが、僕はまだかな、、、。

IMG_2117.JPG

 

R1051027.JPG

 

R1051028.JPG

 

R1051030.JPG

 

R1051032.JPG

 

R1051033.JPG

 

R1051036.JPG

 

R1051037.JPG

 

R1051042.JPG

 

急登や深い雪、岩場と雪のミックスルートなど

気をつけるポイントなどを説明してもらいながら東天狗岳に登頂。

稜線に出ると景色は綺麗ですが、風が強く耐風姿勢なども。

東天狗岳(2640m)山頂からは、遠くに北アルプスの山並みや

近くには赤岳などが見える。

 

その後は、西天狗岳(2646m)を目指す。

と言っても、すぐ横。少し降って、登ります。

R1051046.JPG

 

R1051052.JPG

 

R1051061.JPG

快晴の下、西天狗岳も無事登頂。

東天狗岳よりも数メートル高い西天狗岳で記念撮影。

 

登りよりも危険なのは下り。

これは、夏山登山でも変わらない。

 

アイゼン(クランポン)をしっかり雪に食い込ませながら下山し

山小屋まで戻る。

 

R1051071.JPG

食事をしたのちに、登山口である渋の湯まで下山。

1時間半のところを1時間でぱぱっとくだる。

 

初級コースで基礎の基礎を学びました。

あとは反復で体に馴染ませる。

 

徐々に難易度を上げながら練習をしていこう。

 

 

 

=============================

■長野県 東天狗岳、西天狗岳

■標高:東天狗岳2640m、西天狗岳2646m

■登山日:2019年2月3日(一泊二日)

■登山ルート

 初日:渋の湯→黒百合ヒュッテ 2時間

 二日目:黒百合ヒュッテ→東天狗岳→西天狗岳

   →黒百合ヒュッテ→渋の湯

■移動距離、時間

 約8km、約6時間

■天候:晴。

■備考:通年で山荘が空いているので、多くの人が訪れる。

 食事、飲み物は、黒百合ヒュッテで購入可能。

 渋の湯から黒百合ヒュッテはストック、

 ヒュッテから山頂まではピッケルの方が良い。

 

 

 


百名山13:瑞牆山

本日は家族と一緒に登山。

当初はキャンプ含めて考えてたのですが、前日の天候が悪く日帰り登山。

 

選んだのは瑞牆山。

百名山の中でも比較的マイナーなのかな?

 

6時に自宅を出発し、中央高速を移動して、登山口のある

山梨県北杜市 みずがき山自然公園駐車場へ。

 

岩山なので、クライミングの人たちも多い。

登山開始は10時。少し遅いですが、しょうがない。

 

歩き始めは横移動。遊歩道みたいな感じ。

たまに岩場がありますが、

そこにはクライミングの人たちが張り付いてたり。

 

R1050635.JPG

 

R1050639.JPG

 

最初に出くわす分岐から登山モードに。

それなりに急勾配になっていきます。

R1050641.JPG

 

R1050645.JPG

 

R1050655.JPG

 

R1050658.JPG

 

R1050659.JPG

 

不動沢を通りつつ、最初に目指すのが不動滝。

雨水で岩が削れてますが、一体どれくらいの年月を要したのかな?

記念写真を一枚パシャっと。

R1050665.JPG

 

R1050668.JPG

 

R1050671.JPG

 

R1050673.JPG

 

R1050682.JPG

 

いくつかの鎖サポートありの岩場を超えて山頂へ到着。

2000mを超えたあたりから勾配も強まり少し大変。

僕は今回は使わないテントとシュラフも荷物に入れてトレーニング。

息子はぴょんぴょんと。妻は少し辛そう。

 

結果、山頂の2230mまで3時間半ぐらいかかりました。

R1050683.JPG

 

みずがき山荘から登るルートの方が、短かいので

そちらからの人が多かったみたいです。山頂には多くの方が。

R1050686.JPG

 

R1050691.JPG

 

R1050708.JPG

 

IMG_1810.JPG

山頂は360度の展望。遠くに雲が少しありましたが、

雲がある方がかえって高所にいるという感じを掻き立ててくれます。

切れ落ちた岩場に、少しゾクゾクしますが、気分は上々。

 

アンパン食べつつ、お湯を沸かしてアルファ米を食べて、

コーヒー飲んで、30分ぐらい休憩。

 

2時ごろになってしまったので、下山開始。

 

R1050713.JPG

 

R1050716.JPG

 

R1050717.JPG

 

R1050722.JPG

おいおい、下山の方が急勾配だぞ、、、。

こちらからの登りの方が、距離は短いがきついかも、、、。

 

R1050723.JPG

 

R1050727.JPG

 

R1050730.JPG

比較的新しい、土砂崩れなどもありました。

やはり登山は気をつけないと。

 

R1050732.JPG

大休憩を取る富士見平までもう少し。

 

富士見平小屋は宿泊もできますし、テントも張れます。

ここに泊まって、ビール飲んで、早寝して。

翌日別の山に登るのもありだな、、、。

R1050748.JPG

 

ビールは飲まずに、ひたすら下山。

富士見平を過ぎると下りも少しなだらかに。

R1050751.JPG

 

R1050754.JPG

 

R1050759.JPG

 

R1050761.JPG

 

R1050762.JPG

林道の中は、落葉の山。

道もふんわりと柔らかに感じます。

 

下山は2時間半ぐらいかな?

登山、下山で都合6時間半ぐらい。

標準的な時間で無事終了。

 

すでに、陽は落ち暗くなり始めてます。

R1050777.JPG

 

R1050770.JPG

 

R1050776.JPG

 

振り返ると遠くに見える瑞牆山。

秋の雰囲気を感じることができる良い登山でした。

 

キャンプかテント泊したかったな〜(笑)

 

==============================

■山梨県 瑞牆山

■標高2230m

■登山日:2018年11月10日

■登山ルート

 みずがき山自然公園、芝生広場→林道→山道→不動滝→夫婦岩

→弁手岩→瑞牆山山頂→富士見平→林道→みずがき山自然公園、芝生広場

■移動距離、時間

 約8.6km、約6時間30分

■天候:晴。

■備考:芝生広場から林道はあまり高度が上がらない。

 山道に入ると、段差が激しくなっていき、途中鎖を伝うところも。

 登山ルートは少しわかりにくい部分もあるが、赤い目印をしっかり追う必要あり。

 富士見平小屋から芝生広場に戻るルートが少しわかりにくい。

 間違うとみずがき山荘に行ってしまうので注意。

 飲み物は、自然公園、富士見平小屋で購入可能だが、山頂にはない。

 川沿いを歩くことや、岩場、ぬかるんでいる所もあるので、登山靴が良い。

 登り下り共に手袋があったほうが良い。

 

 


百名山12:剣山

石鎚山を下山して、一路向かったのは大歩危、小歩危など

美しい渓谷があるところの近くにある温泉宿。

綺麗とは言い難いが、一宿一飯。ありがたい。

 

徳島まで戻っているとは行っても、剣山の登山口までは車で1時間半。

晴れているので、登れるかな?

 

R1050546.JPG

登山口から歩いて登っても良いのですが、リフトを使おう。

うーん、標高1700m前後からはガスが強い。麓は晴れてるのにな〜。

 

R1050548.JPG

まー、せっかくなので、サクッと登ろう。

R1050551.JPG

 

R1050553.JPG

 

R1050556.JPG

 

R1050558.JPG

 

R1050560.JPG

 

R1050561.JPG

 

R1050574.JPG

 

R1050568.JPG

元々この山は1時間ぐらいで山頂に着ける山。

ささっと登り、程なくして、山頂に。

おいおい、見どころ無いぞ?

 

山頂についても景色は全くなく、、、。

雨と風に吹かれまくる。

 

山小屋にて笹団子とコーヒー。

疲れもほぼ無く。

 

山小屋でゆっくりおしゃべりしているマダムの一団を横目にすぐに下山。

R1050581.JPG

登山下山で、1時間半もかからず終了。

 

高速道路SAにて写真を撮りましたが、晴れてて気温34度。

標高が高いところだけ、天気が悪く、残念。
R1050592.JPG

石鎚山も景色がなく、剣山も景色を望めず。

いつか阿波踊り観に来るついでに、登ろうかね?

 

R1050610.JPG

愛媛に戻り、道後温泉にて汗を流す。

雰囲気いいですね〜。

 

まだまだ見どころ満載の四国は、もう少し年取ってからでも遊びに来よう。

お遍路周りでもするか?(笑)

 

 

==============================

■徳島県 剣山

■標高1955m 剣山

■登山日:2018年8月25日

■登山ルート

 見ノ越→リフト→西島(1712m)登山口

 大劔神社→剣山山頂ヒュッテ→剣山

■移動距離、時間

 約1.2km、約1時間30分

■天候:雨。1750m付近からガス。

■備考:コースは整備されており、迷うことはない。

 飲み物は、山頂の山小屋にて買える。

 登山靴では無く、トレランシューズでも大丈夫。

 

 

 


百名山11:石鎚山

去年から始めた息子と二人旅。

 

今回は息子の自由研究を兼ねておらず、

僕の山登りに付き合わせる感じかなと・・・。

 

オリジナルの旅程は、羽田から徳島空港に到着し、レンタカー。

まずは、徳島の劔山に登山、下山し、愛媛に移動。

二日目に愛媛にある西日本最高峰の石鎚山を

登山下山し、道後温泉でゆっくり過ごす。

 

二つも山登るの?と驚かれるかもしれませんが、

両方ともに山としてはそれほどハードではないので、

技術的にも体力的には大丈夫なんです。

 

7月上旬の大雨で広島を中心に被害が残っていたり、

四国にもそれなりに影響が出ていると思いますが、

観光を控えたりするのが、風評被害をもたらす。

 

台風19号と20号が発生している中でしたが、予定通り行ってみました。

結果的には、登れました。

が、オリジナルの旅程通りには行かず、台風20号に翻弄される結果に。

 

=========================

午前中の便はフライトでき、徳島阿波踊り空港に到着。

想定よりも揺れも少なく。

R1050395.JPG

到着後、台風20号の四国上陸まで時間がありそうなので、

劔山に登ろうか?と迷いましたが、安全第一。

市内にある眉山で市内を一望するのみ。

R1050399.JPG

なんと強風が予想される為、眉山に登るリフトも運休。

仕方なく車で山頂近くに。

徳島は海も山も近くて良いですな〜。

 

その後は台風から逃れるために、高速道路を使って急ぎ愛媛方面に。

高速を降りるあたりで雨に降られましたが、

15時には西条市にあるホテルにチェックイン。

部屋から外を眺めると、南の山側は雲が多く、北の本州側は雲はまばら。

R1050411.JPG

外のお店も早々に締まりそうなので、早々に夕飯を済まして

部屋にて過ごす。台風大丈夫かね?

 

==========================

翌朝5時半。外を見ると、雲はあるものの、晴れ始めている。

台風が過ぎたようだ。

R1050414.JPG

徳島は少し雨量が多かったようですが、愛媛はそれほどでもない。

風が強いことが予想されますが、西日本最高峰の石鎚山への登山決行!

まずは、麓にある神社でお参り。

R1050421.JPG

R1050425.JPG

 

その後、登山口まで車で1時間弱の移動。

車を停めて、ロープェウェイ乗り場へ。

R1050426.JPG

 

登山客は少ないのか、ロープウェイもガラ空き。

R1050427.JPG

 

R1050430.JPG

成就駅に到着し、1kmほど歩いて成就社に。

 

R1050431.JPG

 

R1050433.JPG

 

R1050437.JPG

 

R1050438.JPG

 

R1050439.JPG

 

R1050440.JPG

石鎚山の山頂はこの先にあるのですが、雲で見えず。

 

R1050441.JPG

登山口の山門からいざ開始。まずは降ります。

 

R1050442.JPG

八丁と呼ばれるところまで下ったのちに、登りです。

 

R1050443.JPG

 

R1050446.JPG

 

R1050447.JPG

 

R1050449.JPG

 

R1050451.JPG

 

R1050452.JPG

登山口から約2kmで試しの鎖。

めんどくさいのでこちらはパス。

R1050453.JPG

 

R1050454.JPG

 

R1050455.JPG

 

R1050457.JPG

写真だとわかりにくいが、風が強くて風速10から15mぐらいありそう。

また、1800m前後かなどうしても、雲が抜けない。

重い雲だな・・・。

 

所々ぬかるんでいたり、風が強いところがありましたが、

道はとてもよく整備されていて、間違えることはありません。

が、整備され過ぎている感もあり、登山というより階段昇降的な、、、。

R1050458.JPG

夜明かし峠を過ぎれば、あと少し?!かと思いきや、

ここは修行の山として有名なので、

ここから山頂まで鎖を伝って登る鎖場が3箇所あります。

 

百名山を制覇するつもりならば、鎖場を経験しておいた方が良いらしいので、

僕は鎖場を通る予定。息子は迂回路。

 

R1050503.JPG

 

R1050462.JPG

第一の鎖場は33m。少し雨で滑ります。

今回はトレラン用のシューズできましたが、鎖場には合うのかな?

登山用のブーツよりも、鎖場の穴に入れやすいかも。

 

R1050465.JPG

R1050466.JPG

 

R1050467.JPG

 

R1050470.JPG

 

R1050471.JPG

公衆トイレと休憩所を過ぎると二の鎖。こちらは65m。

一の鎖より急登。少し滑りやすく、肩からかけているカメラが邪魔・・・。

下を見ないようにして、無事クリア。

 

R1050473.JPG

で、第3の鎖場へ行こうとしましたが、強風過ぎるので、パス。

子供と二人で迂回路を進むと、程なくして

山小屋と石鎚神社頂上社がある弥山に到着。

 

R1050482.JPG

最高地点は、もう少し先に行った天狗岳というところなのですが、

あまりに風が強いので、行くのは諦めました。

R1050491.JPG

弥山から天狗岩を眺めたところです。

写真だとわかりにくいですが、風速15m近くありそうで、

体が飛ばされそうです。

 

ブワッと山が見えたと思ったら、またガスに包まれる。

うーむ、、、行きたい気持ちもありますが、

吹き飛ばされたりしたら大変なので、ぐっとこらえて山小屋に(笑)

 

1泊して景色が見れるならば、泊まっても良かったのですが、

無理そうなので、子供と二人でカップラーメンをすすり、早々に下山開始。

R1050496.JPG

 

R1050500.JPG

振り返ってみても、山頂付近はガスに包まれており、残念。

 

R1050513.JPG

ささっと下山完了。

石鎚山は信仰の山。なので「ご登拝」。

 

厳密に言うと、百名山踏破ではないのかもしれませんが、まー良しとしよう。

秋の石鎚山も綺麗みたいなので、また別の機会に、登りに来ようっと。

R1050516.JPG

さー、一路徳島に戻って、明日は劔山だ!

 

==============================

■愛媛県 石鎚山(弥山)

■標高1982m 天狗岳

 1974m 弥山

■登山日:2018年8月24日

■登山ルート

 下谷駅ロープウェイ→成就駅→成就社→八丁坂→夜明かし峠

→一の鎖→休憩場→二の鎖→三の鎖(迂回路)→山頂

■移動距離、時間

 約4km、約4時間30分

■天候:強風、晴れ。1800m付近から雲。

■備考:コースは整備されており、迷うことはない。

 ルート上に公衆トイレと休憩場がある。

 飲み物は、山頂の山小屋にて買える。

 登山靴では無く、トレランシューズでも大丈夫。

 

 


百名山9,10:大雪山の旭岳、トムラウシ縦走 その3

昨夜は満月。綺麗な反面、明るすぎて星は見にくい。

更に言えば、テント内を照らすので、寝にくいかも・・・。

 

ですが、少し薄着で寝た結果、昨晩よりもよく寝れて回復。

 

R1050247.JPG

早朝のヒサゴ沼は、風もなく鏡のよう。

静かで綺麗だな〜。

 

R1050245.JPG

まずは、腹ごしらえ。

朝食はカップラーメンとカロリーメイト。

お昼用のご飯は、朝に作って移動中に食べられるように用意。

コーヒーも飲みつつゆったりしつつ、トイレ行って、

4時半過ぎにいざ出発!

 

R1050248.JPG

こちらも鏡のように映ってて、美しいな〜。

 

トムラウシまでの道のりは、6kmぐらいですが、

雪渓登り、ロックガーデン、ハイマツの中など多様なシーンを進み、

最後は急登を登って登頂予定。登頂後の下山も長く、約10km。

 

2009年には、このロックガーデンあたりで、大きな遭難事故が発生。

無理は禁物ですが、今日も天気も良さそう。

焦らずに、着実に登山、下山をしようと思う。

 

 

 

朝一は雪渓横切りから。

滑って、落ちるとヒサゴ沼に落ちます(笑)

軽アイゼンの人も居ましたが、僕はチェーンスパイクとストック。

IMG_1375.jpg

 

R1050256.JPG

 

IMG_1449.JPG

朝なので、雪が幾分かしまってましたが、

スパイクがしっかり雪面に食い込む感じを確認しながら慎重に進む。

 

少し岩場を登ったのちに、今度は雪渓登り。

R1050266.JPG

 

R1050271.JPG

 

R1050269.JPG

最初は、少し緊張した雪渓ですが、岩や泥道よりも歩きやすいかも。

これなら、冬山もいけそうだ。

 

R1050280.JPG

雪渓の後は、大きな岩場を進む。

 

R1050282.JPG

分岐道に到達し、トムラウシ方面へ。

 

R1050292.JPG

奥の方に見えるトムラウシ。

王冠のような形がしていて、カッコイイな〜。

近くによると、全体像を写せないので、記念に1枚。

 

ちなみに、トムラウシ単体で登る場合は、こちらのルートを通らないので、

こう行った景色は眺められません。

縦走した人だけが、感じられる景観に満足。

 

R1050293.JPG

 

R1050294.JPG

 

R1050297.JPG

 

R1050302.JPG

 

この辺りからがロックガーデン。

この写真を見て、どちらに進むのか?わかる人は登山に向いてます。

R1050305.JPG

 

R1050306.JPG

 

R1050307.JPG

ロックガーデンを超えて、一休み。

 

さー、後は丘を一つ越えて、降って登りのみ。

R1050308.JPG

 

R1050312.JPG

右が北沼。トムラウシ山頂まで後少し!

 

R1050313.JPG

トムラウシへの分岐を過ぎると、最後の急登岩場。

ちなみにこの分岐看板は3方向を示して居ます。

これを間違えると大変なことに、、、。

 

R1050314.JPG

最後の急登岩場は、危なっかしくて写真を撮りにくいです。

ストックついたり、手を使いながら、登ります。

 

IMG_1350.jpg

山頂目前。

ついに登頂! お疲れ様でしたー!

R1050320.JPG

 

R1050316.JPG

振り返ると、北沼が手前にあり、右に忠別岳、

奥の方には二日前に登頂した旭岳が。いやー、遠いね。

 

山頂はそれほど広くなく岩場。

なので、休みにくいというのと続々と登山者が上がってくるので、

10分ぐらい休憩したのちに、下山開始。

目指すはトムラウシ温泉!

 

R1050332.JPG

南方に下山していくのですが、トムラウシの南東に広がる十勝岳が目に入る。

3泊4日にして縦走するプランもあるのですが、潔く辞めておきます(笑)

予定を崩さず、目指すは温泉。

 

IMG_1342.jpg

 

IMG_1344.jpg

まずは45度以上ある傾斜を下ります。

 

R1050335.JPG

その後は、上り下りを繰り返して徐々に標高を下げていきます。

 

R1050338.JPG

 

R1050340.JPG

 

R1050342.JPG

 

R1050344.JPG

振り返るとさっきまでいたトムラウシ山頂は遥か遠くに。

 

R1050345.JPG

 

R1050346.JPG

 

R1050347.JPG

 

R1050348.JPG

 

R1050349.JPG

 

R1050350.JPG

 

コマドリ沢にて休憩。

天気が良いのは嬉しいですが、実際は暑過ぎる。

これも、気象変動の影響かな?

R1050351.JPG

 

R1050353.JPG

 

R1050354.JPG

コマドリ沢とカムイ天上のあたりが、

見通しが悪くて、クマが出てきそう。一番怖いかも(笑)

 

R1050355.JPG

 

R1050356.JPG

 

R1050357.JPG

 

R1050359.JPG

 

R1050360.JPG

 

R1050361.JPG

カムイ天上からトムラウシ短縮登山口分岐までは30分ぐらい。

温泉まで歩くルートもありますが、うちらは無理せず短縮登山口へ下山。

 

R1050362.JPG

 

R1050365.JPG

15分ほどで、トムラウシ短縮登山口に到着。

というか下山完了!やったー!

 

R1050366.JPG

 

R1050368.JPG

荷物をほどき、ブーツを脱いで楽な服装に。

はー、疲れました。

 

素直に言えば、キリマンジャロより疲れたかも。

けど、3日間天候に恵まれ、登頂、下山できたことに感謝!

2泊3日のフル装備縦走は、勉強になりました。

 

無事下山できたことで、100名山踏破に向けて自信がつきました。

ありがとうございました!。

 

===============================

■三日目のルート

 

■北海道 大雪山山系 トムラウシ

■標高2142m トムラウシ

■登山日:2018年7月28日

■登山ルート

 ヒサゴ沼避難小屋→トムラウシ→トムラウシ短縮コース登山口

■移動距離、時間

 約16.5km、約10時間30分

■天候:晴れ

■備考:コースは整備されており、晴天であれば迷うことはない。

 サブルートなどは、クマの情報を得てから行かないと危険。

 ルート上、トイレ、飲食施設などは一切ない。

 携帯トイレも持ち歩く必要あり。採水にあたり、濾過器必須。

 途中、沼のようになるであろう箇所多数。

 

 

 

PS:トムラウシ温泉に到着と同時にビールを1杯。

  美味しい〜。冷えてるだけで素晴らしい(笑)

R1050372.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


百名山9,10:大雪山の旭岳、トムラウシ縦走 その2

早朝3時に起床。テント内にてある程度の片付けをした後に、食事。
 

北海道の2000m級山岳は、本州では3000m級と聞いて居たので、

寒さ対策ばかりしていきましたが、想定以上に暖かく。

R1050088.JPG
 

R1050092.JPG

朝焼けに染まる大雪山系。

写真の真ん中にある冠みたいな山がトムラウシ。

トムラウシの下にあるヒサゴ沼が目的地。

今日も暑くなりそうなので、薄手で行動しよう。

 

R1050099.JPG

テント場への中間ポイントが忠別岳。

まずは8.3kmの道のり。

 

R1050105.JPG

 

R1050111.JPG

上の写真の頭の上に出てるのが、忠別岳。

 

R1050117.JPG

静寂の中、壮大な景色に感動。

 

R1050120.JPG

振り返ると、昨日登った旭岳(写真の左山頂)が、くっきりと。

 

R1050129.JPG

 

R1050134.JPG

 

R1050138.JPG

 

R1050142.JPG

 

R1050145.JPG

 

R1050152.JPG

忠別岳の近くにある忠別沼。

風も穏やか。水面に映る忠別岳が美しい。

沼で採水もできますが、ここはスキップ。

 

R1050149.JPG

 

R1050150.JPG

沼の近くで狐の足跡。

10分ほど休憩して、忠別岳へのアタック開始。

 

R1050157.JPG

 

R1050170.JPG

難しいところもなく、無事、登頂。

 

忠別岳は断崖絶壁の上に山頂があり、

うちらの足元の緑の奥はすごい絶壁が、、、。

ガスってたりしたら怖いな・・・。

 

 

忠別沼にて休んで居たので、あまり休まずに進むことに。

五色岳、化雲岳を経て、ヒサゴ沼避難小屋テント場まで

雄大な景色を見ながら、ガンガン行くベ〜。

R1050172.JPG

 

R1050174.JPG

 

R1050180.JPG

だーっと一気に下りてきて振り返ると

一番奥の左に旭岳、忠別岳も荘厳に。

 

R1050181.JPG

 

R1050186.JPG

 

R1050187.JPG

下って、登って五色岳山頂に。旭岳、忠別岳も遥か遠く。

 

R1050193.JPG

五色岳にて大休憩。

ここは虫も少なく、風も吹いてて快適。

ランチをいただく。

 

R1050188.JPG

本日の行程は、残り1/4。

少し足が疲れましたが、前進あるのみ。

 

R1050198.JPG

 

R1050200.JPG

 

R1050205.JPG

 

R1050206.JPG

 

R1050207.JPG

 

R1050213.JPG

ハイマツの中を通ったり、木道の上を歩いたりしながら

化雲岳の麓の神遊びの庭へ到着。

 

狐も遊ぶ沼地の中に、咲く花々。

忠別岳も、そうですが、ここの景色を見るには、

人間は、歩いてくるしか方法がありません。

まさにカムイミンタラ(神遊びの庭)。

 

R1050209.JPG

化雲岳をパスして、ヒサゴ沼へ向かうことに。

残り2kmはほぼ下り。よっしゃー。

 

R1050214.JPG

 

R1050218.JPG

 

R1050219.JPG

 

下り道には木道があるのですが、

浮いてたりして歩きにくい、、、。

 

雪渓を横目に下り、採水。

超冷たくて嬉しい。

 

ヒサゴ沼に到着。沼といっても水が澄んでて綺麗です。

R1050225.JPG

 

R1050227.JPG

 

テントを張って、水くんで、夕飯準備。

R1050231.JPG

 

R1050238.JPG

 

陽が落ち始めたあたり。野生の鹿の群れが、草を食む。

この辺りでは人間は異物。更に言えば、自然の一つでしかない。

そんな思いを馳せながら、早々に就寝。

 

===============================

■二日目のルート

 

■北海道 大雪山山系 忠別岳

■標高1962m 忠別岳

 1868m 五色岳

■登山日:2018年7月27日

■登山ルート

 白雲岳避難小屋→忠別岳→五色岳→化雲岳→ヒサゴ沼避難小屋

■移動距離、時間

 約17.5km、約9時間40分

■天候:晴れ

■備考:コースは整備されており、晴天であれば迷うことはない。

 サブルートなどは、クマの情報を得てから行かないと危険。

 ルート上、トイレ、飲食施設などは一切ない。

 携帯トイレも持ち歩く必要あり。採水にあたり、濾過器必須。

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Affle

Wil

     

D2C

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM