Gushcloudの日本パートナーに。

D2Cは東南アジアで最大級のインフルエンサー規模を誇る

Gushcloudの日本展開パートナーになりました。

http://www.d2c.co.jp/news/2017/10/03/1934/

 

東南アジアでも市場が拡大するインフルエンサーマーケティングは

マーケティング手法として無視できません。

 

特に、日本から東南アジアの人々にアピールしようとしたい場合には、

効率的な手法だと言い切れます。

 

すでに、Gushcloud社は東南アジアでの実績はありましたが、

日本での営業展開はまだ未開拓だっったので、今回の出資・業務提携に至りました。

 

訪日客を取り込みたいクライアント向けには、

良いマーケティング手法だと思いますし、

これ以外にも、色々とご提供していこうと思って居ますので、

よろしくお願いいたします。

 

https://www.gushcloud.co.jp

 

 

 


iモード広告掲載終了

本日、ドコモのiモードで掲載してきた広告掲載を終了しました。

リリースも出してませんので、ひっそりとクローズ。

 

厳密に言うと、iモード向けサイトを提供している企業が居て、

広告を販売しているかもしれないので、終わったわけではないかもしれませんが、

ドコモの広告スペースに掲載が終わったことを考えると

フィーチャーフォン広告は、終えたと言って良いだろう。

 

1999年に開始したiモード。

その上に広告を掲載するビジネスを2000年に本格開始したわけですが、

18年の時を経てクローズしたことになります。

長いようで、短い期間かなと。

 

2000年の広告統計から積み上げていくと、

フィーチャーフォン広告市場累計は18年で6200億円程度。

思ったよりも少ない額です。

フィーチャフォンで実現できたことの限界があったと言うこと。

 

モバイル広告の主戦場は2010年からスマホに移って行ったわけですが、

現在では、PC広告市場から予算を奪い、スマホが主戦場に。

単体で数千億円の規模になって居ます。

世界はさらに先に行き、マーケティング、広告といえば「まずスマホ」。

フィーチャフォン広告は、役割を完全に終えたと言うこと。

 

emojiが世界的な言葉になり、MOMAにも収蔵。

iモードの偉業が確認され、現在のスマホの大元はフィーチャーフォンと

フィーチャーフォン広告市場だったと考えると、

「スマホへ上手に移行できた!」と言う思いと

「18年ありがとう!」と言う思いです。

サービス開始からクローズまで関われて良かった。


2020年に向けて通信は5G時代に。

新たなサービスがたくさん生まれていくので、

立ち上げからクローズまで経験をする社会人が、

D2Cグループ内で増えてくれると嬉しい!

 

 

僕に取っては、一つの区切り。

感謝で終えよう!ありがとうございました!

 

来週からは、下期のスタート。

別の事業の仕込みもあるので、気持ちを新たに!

 

 

PS:28歳で関わった僕も、今では45歳(笑)

  昔話をする人も減ってきてますが、

 「ガラケーナイト!」ぐらい開催して、昔を思い出す会でもしようかな?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 


etudes、タイと台湾で販売開始します!

社会人向けのLMS(ラーニングマネージメントシステム)であるetudesですが、

子会社があるタイと台湾で販売を開始します。

http://www.d2c.co.jp/news/2017/08/31/1914/

 

社会人が学ぶのは世界で当然。

社内向けもそうですが、社外活動としての学習にも繋がっていくといいな〜。

 

詳細はこちらです!

 

 

 

 

 


受付開始! コードアワード2017

今年も受付開始しました!

http://www.codeaward.jp

 

 

開催させていただけるのは

協賛、協力企業の皆さんの御陰です。

ありがとうございます!

 

世界に発信できる

日本のデジタルマーケティングを集め、

表彰したいと思ってますので、

多くの応募をお待ちしております!

http://www.codeaward.jp

 

 

 


次世代型LMS etudes提供開始!

教育関連事業で次世代型LMS(ラーニング マネージメント システム)

etudes(エチュード)の提供を開始します。

http://www.d2c.co.jp/news/2017/02/23/1687/

 

従来のオンライン学習はPCメインで、

カリキュラム型が多かったと考えていますが、

これからはスマホやタブレットがメイン。

 

ユーザの回答状況や進捗に合わせて、個別に何を学んで行くべきか?
が提供されるべきでしょうし、研修スタイルも集合型ではなく、

いつでもどこでも行えるようにしていくのも求められる時代なので、

従来とは異なる仕組みが必要だと考え、今回の提供にいたってます。

 

 

 

プレセールスでの反応は上々。

既に大規模導入が数社決まっているので、うれしいかぎり。

 

教育関連で様々な活動をしてきていますが、

引き続き、推進して行きたいと思っていますので、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

<教育領域におけるD2Cの活動>
・アプリ甲子園 https://www.applikoshien.jp/
・G7プログラミングラーニングサミット http://g7.washi.cs.waseda.ac.jp/
・こどものミライβ http://kodomomirai.com/
・EdTech Smart Lab http://edtech-smartlab.jp
・アルフクラウド http://alfcloud.com
・若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/jakunensou.html

 

 

 

 

 

 

 

 


仕事始め

仕事始めと行っても、海外からです。

が、年始に思った事を。

 

様々な企業の方が話されていますが、2017年は不確実な時代かなと。

地政学的に大きな変化がありそうで、経済にも大きな影響がありそう。

 

そんな中にあっても思うのは、

長期的な視点に基づけば、「確実性を持って変化を起こせる」という事。

 

長期的な視点とは、世の中の止められない流れみたいなものだと考えてますが、

単発的、偶発的、局所的な事象ですべてを捉えず、

多くの要因の変化の方向性を可能な限り理解して、

「変化して行かざるを得ない」事を理解するって事かなと。

 

世の中がデジタル化して行く事、IoT化が進むのは疑いようも無い事実。

グループ上げて、頑張って行こうと思う。

 

 

 


お土産文化

本日は海外からの方と打ち合わせ。

アジア各国の方と打ち合わせの時に、いろいろとお土産をいただきます。

 

お茶、茶器、お皿、筆、お酒などなど、各国の有名どころのものが多いですが、

自国の文化を一生懸命伝えようとしているのを感じます。

 

日本から伺う際に持ってくお土産で迷います。

当然、相手によって異なる訳ですが、万人受けするのは、

「飾る」「着る」とかではなく、お菓子なんじゃないかな?

食べると無くなってしまうのですが、無くなるが故に

かえって好奇心をかき立ててる感じがします。

 

本日夜は、モダンジャパニーズ。鮨、天ぷらも良いですが、

日本で採れた食材と日本人が作ったお酒(ワイン含む)も、日本人のこだわりを示すもの。

季節感溢れた一期一会の料理を感じてもらう事で、日本への再来日を依頼。

当然、こちらも訪問し、信頼関係を構築していきたいと思う。

今後の交流が深まる事を願いたいところ。

 

 

 


コードアワード贈賞式2016

コードアワード2016の贈賞式@D2Cホール。

 

今年からD2Cホールを使って、贈賞式を開催することにしました。

が、雰囲気は白ベースから一転。少し暗めのトーンで。

 

冒頭の挨拶にて、世界のモバイル広告市場の伸びを少しだけ説明。

2000年から世界のモバイル広告を引っ張って来た日本は、

既にその座を米国や中国に明け渡しているのが現実。

 

モバイル広告が広告市場のメジャーになると断言して来た

僕としては、嬉しい限り。素晴らしい事だと思ってます。

 

モバイル広告大賞からコードアワードに生まれ変わって、

日本の作品を世界に示して来たわけですが、

市場の規模、マーケティング実施数において、

徐々に世界の方が広がりを持っている状況になってきました。

 

一方、日本の作品が世界の広告賞を受賞している事を鑑みると

やはり「深み」というのは、日本にまだまだ有利かなと。

 

世界にモバイル広告・マーケティングの可能性を示して来た

コードアワードですが、世界の広告賞と比較して行くと

どういうポジションを取るべきなのか?

再度議論をするタイミングに来ているのかもしれません。

 

いずれにしても、受賞された方々は喜んでいますし、

日本の冠たるデジタル広告賞であると自称しておりますので、

協賛していただいた各社さんと連絡を取り合って、

来年以降も実現していきたいと思います。

受賞の皆さん、おめでとうございます!

また、協賛いただいた皆さま、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 


採用面接

新卒採用が進んでます。

 

僕が働き始めた95年前後に生まれた人達が応募してきてくれているのですが、

接してみて感じるのは、皆さんかわいく良い人に見えてしまう(笑)

やっぱり自分は年を重ねてるんだなと。

そろそろ僕が面接とかするの辞めた方が良さそうだな〜(笑)

 

採用はバランス。

多様な人に来てもらいたいですな〜。

 

 


コードアワード2016 受賞12作品決定!

9名の方々の審査を経て、コードアワードの受賞12作品が決定しました!
http://www.d2c.co.jp/news/2016/06/14/1322/

■ベスト・イノベーション:サンスター株式会社 G・U・Mプレイ
■ベスト・クラフト:KIRIN GREEN NAME
■ベスト・イフェクティブ:オーストラリア政府観光局 GIGA Selfie
■ベスト・ユース・オブ・メディア:キングレコード株式会社 Native Mobile Music Video
■審査員特別賞:日産自動車株式会社 INTELLIGENT PARKING CHAIR

審査員の方々と議論した結果、
今年はグランプリと、ベスト・ユース・オブ・データは該当なしに・・・。
甘く審査すると賞としての格が下がるとの判断です。

上記の他に、グッドが選ばれてます。

今年はスマホを上手く使いこなしたり、IoT的な時代を反映したものが
多かったように感じます。

ベスト、グッド受賞の広告主、広告会社、制作会社等
関係者の皆様、おめでとうございます!

パブリックベストは7月27日に開催される贈賞式にて発表予定。
何になるかは?お楽しみ!

コードアワードサイトはこちら→http://www.codeaward.jp

 


profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM