都知事選挙など時事ネタ

社会が日々動いているのを強く感じる今日この頃。

久しぶりに時事ネタで思う事いくつか。

 

■参議院選挙

 今回半数の議員が入れ替えで、結果的に自公などが快勝。

 結果、改憲派と目される派閥が2/3超に。

 それ自体の結果は、淡々と受け入れるだけですが、

 そもそも参議院って必要なのか?

 

 以前も書いた気がしますが、参議院の大元は貴族院。

 既に社会で何かを成し遂げた方が、組織運営や意思決定も理解し

 生活をしていく為の議員ではなく、社会を国を良くして行く為に

 ご奉公として務められたのだと思います。

 が、今の参議院はどうか?

 

 そもそも衆議院で可決され、参議院に回り

 否決して、衆議院に戻されたとしても、

 再度、衆議院で決議されれば案件としては通るわけで、

 衆議院の方が優位にある。

 

 参議院のポジションをどうするか?

 そもそもの要否について、議論しないと

 単なるコストが積み上がり続けるのではないかな?と。

 

 

■南沙諸島の国際仲裁裁判結果について

 フィリピンが申し出て成立した中国の南沙諸島領有権問題ですが、

 オランダの国際仲裁裁判所で「島」ではなく「岩」であり、中国の領有権はない。

 との認識で、中国側の意見を全面的に却下。

 

 国際海洋法を適用させた判決ですが、

 これに対して、中国は反論、無視。

 

 意見の衝突は各国あってしょうがないと思いますが、

 反論は許されるにしても「無視」するのは、

 国際社会の一員としてどうなのか?

 強攻策にでない事を望みます。

 

 

■事後より事前

 参議院議員選挙も都知事選挙もそうですが、

 なんで、連呼し続ける方法しか取らないのだろうか?

 なんで、政策案を中心に説明しないのだろうか?

 なんで、放送局は各候補者の政策の比較一覧等を作らないのだろうか?

 

 事前に・簡易に説明をして欲しいのですが、

 今は、自分で取りに行かないとダメ・・・。

 

 事前が足りないから、当選確定後に「こんな人だったんだ」と

 後から後悔して、無理にすげ替えるような事が起こるんだと思います。

 

 事後より事前に、政策方針を中心に説明を求めたい。

 

 

■生前退位

 一民間人がコメントする事ではないと思いますが、あえてします。

 「お望みならばさせてあげてください」と。

 

 憲法上は整っていないと言う人がいます。

 解釈論では出来るという人がいます。

 専門家が集まって、議論の上、是非進めて頂きたい。

 

 天皇は神ではない。人間であり象徴である。

 公務を務めるのが厳しくなるようであれば、引退し隠居したくなるのも自然。

 引き継ぐ方が自然な事。皇族で引き継ぐ事ので、皇族内で決めて頂ければ良い。

 

 憲法が規定している内容は、崩御なさるまで無理をしてでも立ち居振る舞えという事か?

 十分過ぎる程、お務めいただいたと感じます。

 天皇のご意志を尊重していただきたいと思います。

 

 

■次の社会構造を産み出すのは女性なのかも?

 金融資本主義が席巻したが、万能ではないというのが露呈した昨今。

 次の世界的な社会構造を求めている時代。

 

 ドイツはメルケル首相。

 イギリスはEU離脱争議後にいろいろあってメイ首相に。

 デンマークはシュミット首相。

 スロバキアはラディツォバー首相。

 米国はクリントンさんが候補者に。

 IMFにはラガルド専務理事。

 日本の政治は女性が少ないですが、都知事の有力候補に小池さん。

 

 不穏な世界に突入している世界ですが、

 もしかして男性よりも女性リーダーを求めてるのかも?なんて。

 性別で区別してる時代じゃないのかもしれませんが。

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM