祝! Emoji@MoMA

日本発のコミュニケーション文化「絵文字」が

ニューヨーク近代美術館にコレクションされました!

素晴らしい!

http://www.news24.jp/articles/2016/12/13/10348916.html

http://bitecho.me/2016/10/27_1243.html

https://www.buzzfeed.com/harunayamazaki/emoji-moma?utm_term=.erwvvlaWa#.snpwwdVkV
https://medium.com/moma/the-original-emoji-set-has-been-added-to-the-museum-of-modern-arts-collection-c6060e141f61#.p8noh9b1y

 

栗田さん! おめでとうございます!

 

=============================

1999年に開始されたドコモのiモード。

標準機能としてセットされたケータイメールで

気持ちを表現する為に用意されたのが絵文字の由来。

日本人的には普通に利用してましたが、

海外では、スマホの普及とソーシャルの普及と共に拡大。

現在では絵文字やスタンプみたいな形で、利用されている訳です。

 

古い話で恐縮ですが、僕が海外講演した時に、

「日本特殊論」でいろいろと片付けられてしまいました。

 

「日本のモバイルコミュニケーション、

コンテンツ消費動向、モバイル広告の可能性」

など説明すると当初の反応はこんな感じ・・・。

 

 ・エモジ?そんな幼いメッセージなんて贈れないよ〜

 ・ケータイみたいな小さい端末じゃ、うちらの指は押せないよ〜

 ・ケータイでマンガ?ゲーム?? へ??

 

2000年代前半は、日本でしかモバイルインターネットが普及していなかったので、

各国ともに「凄いね、けど日本だけ特殊なんじゃない?」と僻みともゆっかみとも・・・。

 

2000年代後半には、APPLE、Googleが本格参入し、スマホ時代に移行。

彼らは隠していませんが、「iモードのビジネスモデルを研究して、造り上げた」と。

振り返ってみても、モバイルインターネットの本格到来を予感させた

iモードは社会インパクトが凄かったんだなと思います。

 

==============================

昔話はさておいて、今のデジタルコンテンツ利用の大元の大元は絵文字。

絵文字がEmojiになって、世界のコミュニケーションを「ちょっと楽しく」。

凄い事だと思います。

 

改めて、おめでとうございます!

 

 

PS:絵文字が人気になり追加作成をしたのは、実はD2C、、、

  社内に居た女性デザイナーが、ドット絵を書いて納品しました。

  惜しい!(笑)

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM