メディアの矜持@アドバタイジングウィーク

アドバイザーカウンシルを務める

アドバタイジングウィークアジアも開催目前!

 

講談社の長崎さんと一緒にコーディネートを進めさせていただいた

「メディアの矜持」Pride of Media の事前打ち合わせがやっとできました!

http://asia.advertisingweek.com/calendar/-the-pride-of-media-2017-06-01-1640

===============================

「メディアの矜持」

世界中でネット中心のメディアが勃興し、既存メディアを脅かしていると騒がれるが、

フェイクニュースや キュレーションメディアの盗作など、

ネットメディアの信憑性について社会からの厳しい目が 向けられている。

既存メディアとネットメディアの現状を踏まえたうえで、 今後のメディアの在り方について探る。

===============================

 

少し硬め・骨太のセッションにはなりますが、

広告とメディアの関係について、改善して行かなければいけない昨今

テーマとしてのメディアは逃げられないと思います。

 

毎日新聞の小川さん

朝日新聞の平さん

講談社の瀬尾さん(モデレータ)

に御登壇いただき、世界のフェイクニュースの現状を触れて頂いた後

ディスカッションしていただきます。

 

ご興味のある方は、ぜひ起こし下さい!

http://asia.advertisingweek.com/calendar/-the-pride-of-media-2017-06-01-1640

 

 

 

PS:以下、一緒にコーディネートをしていただいている講談社、長崎さんの推薦文(抜粋)。

  やはり、出版社の方なので、説明が上手い!(笑)

=========================================

【お報せ】

 ADVERTISING WEEK ASIAの大トリを務めるのがこのプログラム「メディアの矜持」です。

 AWA会期中のプログラムの殆どが、未来やイノベーションを語るものならば、

 ここでは過去の過ちや足下を省みる機会になるかもしれません。

 

 フェイクニュースやアドフラウドは残念ながら、インターネット広告ビジネス上に成り立つ

 ゴーストのような存在であり、その駆逐にはメディアはもちろん、広告主と生活者の三方合意が必要です。

 

 このステージのモデレーターは講談社の瀬尾が、そして、毎日新聞社の小川さん、

 朝日新聞社の平さんをスピーカーにお迎えして、このテーマを語り尽くします。

 

 この業界の人々が乗る大きな船がメディアならば、そもそも正しい航海をしているのかどうかを

 問いたださねば、タイタニック号のように沈没してしまうかもしれません。

 

 それを知らずしてパーティーで踊り続けますか?

 

 ご来場の皆様はお見逃しなきよう、よろしくお願いいたします! 

=========================================

 

 

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM