CEBIT2018@ハノーバー

ドイツのハノーバーで開催されているCEBITへ。

 

CEBITは、デジタル系のイベントとしては世界最大級。

一時期は30万人以上の動員があったと記憶。

 

20年ぐらい前に訪問した時には、とてつもなく大きくて、

めちゃくちゃ混雑して居て、全て見るのは不可能じゃなかろうか?

って、思ったのを覚えてます。

 

広さで言ったら、幕張メッセの3倍ぐらいかな?

コンセプト変更したCEBIT。さてはて、どんな感じかな?

 

==============================

トルコのアタチュルク空港経由でハノーバーへ。

メッセまでは電車で行って会場へ。

 

d!conomy、d!Tec、d!talk、d!campusと大きく4つに区切られたゾーン。

その中で、いくつかのカテゴリーに。

 

巨大ブースを構え居たのは、

Huawei、SalesForce、IBM、Vodafone、SAPあたり。

スタートアップゾーンもありました。

 

R1049788.JPG

 

R1049790.JPG

 

R1049794.JPG

 

R1049796.JPG

 

R1049798.JPG

 

R1049800.JPG

 

R1049802.JPG

 

R1049803.JPG

 

R1049804.JPG

 

R1049807.JPG

 

R1049809.JPG

 

R1049811.JPG

 

R1049814.JPG

 

R1049816.JPG

 

R1049818.JPG

 

R1049820.JPG

 

R1049823.JPG

 

早い時間から訪問したので、少し人が少ないかも。

イベントプログラムを見ると、夕方から夜に音楽イベントもセットで

盛り上げるような雰囲気になってます。

が、それって本質的なイベントの盛り上がりとは違うような、、、

 

R1049825.JPG

街中のCEBIT開催ポスター

 

R1049839.JPG

美しいハノーバー市庁舎

 

早めの夕飯を食べに、市内にて一人夕食。

地元のビジネスマンが「今年のCEBITはどう?」と、話しかけて来る。

どうやら会場スペースが半分程度になっているのとか、出展者数が減ってたり、

CEBIT目的で来る人が少ないのを、気にしている様子・・・。

 

 

ものづくりから、サービスに移行が進む中で、

ものづくり大国のドイツは、悩んでいる様子がうかがえる

象徴的なイベントだったかも・・・。

 

 

素直に言うと、ラスベガスのCES、バルセロナのGSM-WC、

リスボンのWeb Summitの方がコンセプトが明確で、

人も集まっており、新しいことが起こりそうな熱量を感じることができた。

と言うのが、結論。もしかしたら、CEBITはもう来ないかも、、、。

 

 

 

 

PS:機内2泊、現地1泊の弾丸出張。

  欧州は時間かかるな〜。少し疲れました・・・。

 

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM