百名山9,10:大雪山の旭岳、トムラウシ縦走 その3

昨夜は満月。綺麗な反面、明るすぎて星は見にくい。

更に言えば、テント内を照らすので、寝にくいかも・・・。

 

ですが、少し薄着で寝た結果、昨晩よりもよく寝れて回復。

 

R1050247.JPG

早朝のヒサゴ沼は、風もなく鏡のよう。

静かで綺麗だな〜。

 

R1050245.JPG

まずは、腹ごしらえ。

朝食はカップラーメンとカロリーメイト。

お昼用のご飯は、朝に作って移動中に食べられるように用意。

コーヒーも飲みつつゆったりしつつ、トイレ行って、

4時半過ぎにいざ出発!

 

R1050248.JPG

こちらも鏡のように映ってて、美しいな〜。

 

トムラウシまでの道のりは、6kmぐらいですが、

雪渓登り、ロックガーデン、ハイマツの中など多様なシーンを進み、

最後は急登を登って登頂予定。登頂後の下山も長く、約10km。

 

2009年には、このロックガーデンあたりで、大きな遭難事故が発生。

無理は禁物ですが、今日も天気も良さそう。

焦らずに、着実に登山、下山をしようと思う。

 

 

 

朝一は雪渓横切りから。

滑って、落ちるとヒサゴ沼に落ちます(笑)

軽アイゼンの人も居ましたが、僕はチェーンスパイクとストック。

IMG_1375.jpg

 

R1050256.JPG

 

IMG_1449.JPG

朝なので、雪が幾分かしまってましたが、

スパイクがしっかり雪面に食い込む感じを確認しながら慎重に進む。

 

少し岩場を登ったのちに、今度は雪渓登り。

R1050266.JPG

 

R1050271.JPG

 

R1050269.JPG

最初は、少し緊張した雪渓ですが、岩や泥道よりも歩きやすいかも。

これなら、冬山もいけそうだ。

 

R1050280.JPG

雪渓の後は、大きな岩場を進む。

 

R1050282.JPG

分岐道に到達し、トムラウシ方面へ。

 

R1050292.JPG

奥の方に見えるトムラウシ。

王冠のような形がしていて、カッコイイな〜。

近くによると、全体像を写せないので、記念に1枚。

 

ちなみに、トムラウシ単体で登る場合は、こちらのルートを通らないので、

こう行った景色は眺められません。

縦走した人だけが、感じられる景観に満足。

 

R1050293.JPG

 

R1050294.JPG

 

R1050297.JPG

 

R1050302.JPG

 

この辺りからがロックガーデン。

この写真を見て、どちらに進むのか?わかる人は登山に向いてます。

R1050305.JPG

 

R1050306.JPG

 

R1050307.JPG

ロックガーデンを超えて、一休み。

 

さー、後は丘を一つ越えて、降って登りのみ。

R1050308.JPG

 

R1050312.JPG

右が北沼。トムラウシ山頂まで後少し!

 

R1050313.JPG

トムラウシへの分岐を過ぎると、最後の急登岩場。

ちなみにこの分岐看板は3方向を示して居ます。

これを間違えると大変なことに、、、。

 

R1050314.JPG

最後の急登岩場は、危なっかしくて写真を撮りにくいです。

ストックついたり、手を使いながら、登ります。

 

IMG_1350.jpg

山頂目前。

ついに登頂! お疲れ様でしたー!

R1050320.JPG

 

R1050316.JPG

振り返ると、北沼が手前にあり、右に忠別岳、

奥の方には二日前に登頂した旭岳が。いやー、遠いね。

 

山頂はそれほど広くなく岩場。

なので、休みにくいというのと続々と登山者が上がってくるので、

10分ぐらい休憩したのちに、下山開始。

目指すはトムラウシ温泉!

 

R1050332.JPG

南方に下山していくのですが、トムラウシの南東に広がる十勝岳が目に入る。

3泊4日にして縦走するプランもあるのですが、潔く辞めておきます(笑)

予定を崩さず、目指すは温泉。

 

IMG_1342.jpg

 

IMG_1344.jpg

まずは45度以上ある傾斜を下ります。

 

R1050335.JPG

その後は、上り下りを繰り返して徐々に標高を下げていきます。

 

R1050338.JPG

 

R1050340.JPG

 

R1050342.JPG

 

R1050344.JPG

振り返るとさっきまでいたトムラウシ山頂は遥か遠くに。

 

R1050345.JPG

 

R1050346.JPG

 

R1050347.JPG

 

R1050348.JPG

 

R1050349.JPG

 

R1050350.JPG

 

コマドリ沢にて休憩。

天気が良いのは嬉しいですが、実際は暑過ぎる。

これも、気象変動の影響かな?

R1050351.JPG

 

R1050353.JPG

 

R1050354.JPG

コマドリ沢とカムイ天上のあたりが、

見通しが悪くて、クマが出てきそう。一番怖いかも(笑)

 

R1050355.JPG

 

R1050356.JPG

 

R1050357.JPG

 

R1050359.JPG

 

R1050360.JPG

 

R1050361.JPG

カムイ天上からトムラウシ短縮登山口分岐までは30分ぐらい。

温泉まで歩くルートもありますが、うちらは無理せず短縮登山口へ下山。

 

R1050362.JPG

 

R1050365.JPG

15分ほどで、トムラウシ短縮登山口に到着。

というか下山完了!やったー!

 

R1050366.JPG

 

R1050368.JPG

荷物をほどき、ブーツを脱いで楽な服装に。

はー、疲れました。

 

素直に言えば、キリマンジャロより疲れたかも。

けど、3日間天候に恵まれ、登頂、下山できたことに感謝!

2泊3日のフル装備縦走は、勉強になりました。

 

無事下山できたことで、100名山踏破に向けて自信がつきました。

ありがとうございました!。

 

===============================

■三日目のルート

 

■北海道 大雪山山系 トムラウシ

■標高2142m トムラウシ

■登山日:2018年7月28日

■登山ルート

 ヒサゴ沼避難小屋→トムラウシ→トムラウシ短縮コース登山口

■移動距離、時間

 約16.5km、約10時間30分

■天候:晴れ

■備考:コースは整備されており、晴天であれば迷うことはない。

 サブルートなどは、クマの情報を得てから行かないと危険。

 ルート上、トイレ、飲食施設などは一切ない。

 携帯トイレも持ち歩く必要あり。採水にあたり、濾過器必須。

 途中、沼のようになるであろう箇所多数。

 

 

 

PS:トムラウシ温泉に到着と同時にビールを1杯。

  美味しい〜。冷えてるだけで素晴らしい(笑)

R1050372.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM