百名山13:瑞牆山

本日は家族と一緒に登山。

当初はキャンプ含めて考えてたのですが、前日の天候が悪く日帰り登山。

 

選んだのは瑞牆山。

百名山の中でも比較的マイナーなのかな?

 

6時に自宅を出発し、中央高速を移動して、登山口のある

山梨県北杜市 みずがき山自然公園駐車場へ。

 

岩山なので、クライミングの人たちも多い。

登山開始は10時。少し遅いですが、しょうがない。

 

歩き始めは横移動。遊歩道みたいな感じ。

たまに岩場がありますが、

そこにはクライミングの人たちが張り付いてたり。

 

R1050635.JPG

 

R1050639.JPG

 

最初に出くわす分岐から登山モードに。

それなりに急勾配になっていきます。

R1050641.JPG

 

R1050645.JPG

 

R1050655.JPG

 

R1050658.JPG

 

R1050659.JPG

 

不動沢を通りつつ、最初に目指すのが不動滝。

雨水で岩が削れてますが、一体どれくらいの年月を要したのかな?

記念写真を一枚パシャっと。

R1050665.JPG

 

R1050668.JPG

 

R1050671.JPG

 

R1050673.JPG

 

R1050682.JPG

 

いくつかの鎖サポートありの岩場を超えて山頂へ到着。

2000mを超えたあたりから勾配も強まり少し大変。

僕は今回は使わないテントとシュラフも荷物に入れてトレーニング。

息子はぴょんぴょんと。妻は少し辛そう。

 

結果、山頂の2230mまで3時間半ぐらいかかりました。

R1050683.JPG

 

みずがき山荘から登るルートの方が、短かいので

そちらからの人が多かったみたいです。山頂には多くの方が。

R1050686.JPG

 

R1050691.JPG

 

R1050708.JPG

 

IMG_1810.JPG

山頂は360度の展望。遠くに雲が少しありましたが、

雲がある方がかえって高所にいるという感じを掻き立ててくれます。

切れ落ちた岩場に、少しゾクゾクしますが、気分は上々。

 

アンパン食べつつ、お湯を沸かしてアルファ米を食べて、

コーヒー飲んで、30分ぐらい休憩。

 

2時ごろになってしまったので、下山開始。

 

R1050713.JPG

 

R1050716.JPG

 

R1050717.JPG

 

R1050722.JPG

おいおい、下山の方が急勾配だぞ、、、。

こちらからの登りの方が、距離は短いがきついかも、、、。

 

R1050723.JPG

 

R1050727.JPG

 

R1050730.JPG

比較的新しい、土砂崩れなどもありました。

やはり登山は気をつけないと。

 

R1050732.JPG

大休憩を取る富士見平までもう少し。

 

富士見平小屋は宿泊もできますし、テントも張れます。

ここに泊まって、ビール飲んで、早寝して。

翌日別の山に登るのもありだな、、、。

R1050748.JPG

 

ビールは飲まずに、ひたすら下山。

富士見平を過ぎると下りも少しなだらかに。

R1050751.JPG

 

R1050754.JPG

 

R1050759.JPG

 

R1050761.JPG

 

R1050762.JPG

林道の中は、落葉の山。

道もふんわりと柔らかに感じます。

 

下山は2時間半ぐらいかな?

登山、下山で都合6時間半ぐらい。

標準的な時間で無事終了。

 

すでに、陽は落ち暗くなり始めてます。

R1050777.JPG

 

R1050770.JPG

 

R1050776.JPG

 

振り返ると遠くに見える瑞牆山。

秋の雰囲気を感じることができる良い登山でした。

 

キャンプかテント泊したかったな〜(笑)

 

==============================

■山梨県 瑞牆山

■標高2230m

■登山日:2018年11月10日

■登山ルート

 みずがき山自然公園、芝生広場→林道→山道→不動滝→夫婦岩

→弁手岩→瑞牆山山頂→富士見平→林道→みずがき山自然公園、芝生広場

■移動距離、時間

 約8.6km、約6時間30分

■天候:晴。

■備考:芝生広場から林道はあまり高度が上がらない。

 山道に入ると、段差が激しくなっていき、途中鎖を伝うところも。

 登山ルートは少しわかりにくい部分もあるが、赤い目印をしっかり追う必要あり。

 富士見平小屋から芝生広場に戻るルートが少しわかりにくい。

 間違うとみずがき山荘に行ってしまうので注意。

 飲み物は、自然公園、富士見平小屋で購入可能だが、山頂にはない。

 川沿いを歩くことや、岩場、ぬかるんでいる所もあるので、登山靴が良い。

 登り下り共に手袋があったほうが良い。

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM