Ironman@Busselton その2

4時に起床。食事、ストレッチ、トイレ、補給食の最終調整。

 

IMG_4100.jpg

110kmのミドルアイアンマンの人は5時台にスタート。

6時にはフルアイアンマン226kmのプロがスタート。

 

うちらAgeの個人は7時スタート。

すでに日は登っており、暖かくなってきている。

トライアスロンには少し暑いぐらいかな?

 

ローリングスタートで落ち着いて泳ぎ始め。

水に入ると冷たいが、背中に当たる日差しが心地よい。

透明度の高い水なので、深いところにいる魚群も見えて楽しい。

 

ロの字の2周回は、行きは進みやすく、

戻りは少し波と流れがあり、スピードが落ちる。

 

いつにも増して、少しゆっくり目に泳ぎスイムアップ。

217_3rd-2634557-DIGITAL_HIGHRES-3249_010479-37547808.JPG

陸に上がると重力を感じるな〜。

スイム:1時間5分35秒

 

 

==================================

バイクウェアに着替えるT1は10分程度。

漕ぎ出しは軽めのギアで。

 

90km2周回の180kmは、ほぼフラットですが、

だらだらと緩い登りと下りも。

楽といえば楽ですが、逆を言えば、

フラットだと脚で漕ぎ続けないと進まないと言うこと。

252_3rd-2634557-DIGITAL_HIGHRES-3249_060403-37547843.JPG

 

ビーチ沿いを走ったり、木漏れ日の森の中を走ったりと

オーストラリアの大自然を感じられるコース設定。

 

30kmごとに用意されている補給所では、確実に止まって

飲み物補給&サプリメント補給。

 

思ったよりも路面はガタガタとしていて、

コースでタイヤが転がらず、、、。

 

結果、脚で踏む漕ぎ方になってしまいまして、、、

前半はそこそこでしたが、後半はダレてしまい、、、

6時間34分53秒。まー、実力どおりかな?

 

バイクからランへのトランジションは11分。

残りはフルマラソンのみ!

================================

走り出しは上々。2kmまでは5分/km。

 

おー、行けるかも?と思った矢先に、突然失速し始める。

6分/km、7分/kmと、、、。さらには歩き、8分/km、、、。

やっぱり辛いな、、、笑。

289_3rd-2634557-DIGITAL_HIGHRES-3249_114415-37547880.JPG

走るときには何人か抜くが、耐えられずに歩く。

すると先ほど抜いた人が抜き返す。

 

まさにウサギと亀な状態。

僕と抜きつ抜かれた人達も「お前もう少し耐えて、走り続けたら?」と

思われてただろうな、、、。

 

コースは4周回で、知人達とも何度かすれ違う。

知人達は初アイアンマンなので、無事ゴールできそう。

 

13時間を切ってゴールしたいと思ってましたが、無理、、、。

4週目の頃にはすっかり日が落ちて真っ暗に。

日があるうちに戻ってきたかったなーなどと思いつつ、

サクッと、ゴール。

318_3rd-2634557-DIGITAL_HIGHRES-3249_178969-37547909.JPG

 

ランは5時間21分と超絶遅い。

宮古島大会、バルセロナ大会と比較して40分から1時間近く遅い。

体調的にも悪くなかったんだけどな、、、。

 

===============================

 

皆のことを待って、一緒にゴール付近で撮影。

IMG_3700.jpg

初アイアンマンの3人も無事ゴール!

おめでとうございます!

 

 


 

IMG_4394.png

完走が目標なので、良いと言えば良いのですが、

良くも悪くも進歩が少ないなーと。

 

 

IMG_4129.jpg

次回はランを中心にトレーニングして改善しようと思います。

ハーフアイアンマンとは違い、やはりフルは長いのー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM