ドコモOpen House2020

今年はCES@ラスベガスには行かなかった。

SONYが車を出したり、トヨタがスマートシティ計画を打ち出したりと

産業の垣根を超えた次を目指す動きが多かったように見えたので、

報告会はどこかのに参加しようと思う。

 

で、本日はお台場の青海展示場で開催されている

ドコモ主催のオープンハウスに参加。

http://docomo-rd-openhouse.jp/2020/

 

当然ながらメインテーマは5G。

5Gは単体で威力を発揮するというよりも

既存産業の底上げによって、従来難しかった事が可能になると

捉えた方が、良いと思っています。

 

で、ざっと見た感想でいうと

「世界一、ショーケース的にまとまっていたのはここじゃないかな?」

 

=============================

5Gの導入にあたって様々な技術提案が必要であり標準化が必要です。

世界で一番出しているのは、中国のメーカーであるファーウェイ。

その後もメーカーが続きますが、世界で一番貢献している通信キャリアはドコモ。

 

一般的に、通信キャリアは研究開発力が弱く

メーカー依存なのですが、ドコモは違う。

自社でR&Dの体制をきっちりと整備し、技術標準化にもしっかりと貢献。

なので、様々な産業とのコラボレーションを進めやすいのだと思います。

 

ついつい煌びやかな展示に、目を惹かれがちですが、

ひっそりと会場の隅っこに掲示されていたこのパネル。

ドコモが通信キャリアとして強い根源的な理由や

社会的な意義がある事を理解できている人は、意外と少ないのかも。

 

 

=============================

ちなみに、個人的に一番気になった技術は電力関連。

「遠距離充電」、「超高速充電」技術が、展示されていましたが、

これは劇的に様々なサービスの課題を解決するかなと。

 

5Gそのものの通信技術ではありませんが、

こういった要素技術の積み上げで5G時代は大きな変化につながると確信。

これからも、面白い時代になりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連する記事

profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM