緊急事態宣言

コロナウィルスの影響を鑑みて国から発令された「緊急事態宣言」。

発令が遅い遅くないの議論はどうでも良くて、思うこと。

 

■日本は法治国家

世界各国は、有事の際に大統領や首相に強烈な権限が与えられている。

結果、ある意味、国民の人権を超えた采配ができる。

 

日本はどうかと言えば、当然ながら、

首相にそこまでの権限は与えられていない。

 

映画「シンゴジラ」の世界で繰り広げられたような

緊急対応時でも、個人に権限を集めずに、組織対応をしてるわけです。

 

結果、法律を策定し、国会で認められ、施行され

それに基づき、各種判断がなされ、遂行される。


安倍政権の長期化がどうのこうの、、、という人が居るが

法の手順を踏んでやっているわけで、行政でよく耐えていると思います。

 

危険なのは、これをきっかけに、一気に権限集中させるような事かなと。

そうならない事を願いますが、、、。

 

■試されているのは、国民レベル

馬鹿な学校は校則が多い。

要は、自分で律する事ができないから、

外部から「あれはダメ、これは良い」。

と決めてもらわなければダメだと言うこと。

 

日本の行政の権限では、人権を無視した海外諸国のような

取締られる「都市封鎖」はできない中、求められているのは個人判断。

 

状況を理解して、自分で律する。

子供の頃から言われ続けた、「言われなくても、自分でしなさい」。

日本がこう言う国民が多い国である事を、切に願う。

 

 

■after コロナはどうなのか?

世界史の中で学んできたのは、各所で「画期的」な事象が

世界中で起こってきたと思います。わかりやすく言えば「戦前、戦後」

 

今回のコロナウィルスの影響は世界に「コロナ前、コロナ後」を

考えさせ、行動変容を促し、社会変容に繋がる事象。

世界史に残る事だと思います。

 

 

 

=======================================

8日、00:00から施行の日本の7都市。

時を同じくして都市封鎖解除が解かれる中国の武漢。

先んじてアフターコロナに入る中国はどうなるか?

「コロナ後」の事を、少し考えてみようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM