判断は自分で

今週は、世の中的にはお盆ウィーク。

 

都心の人の活動も少ないように感じます。

が、Covid-19の事を考慮し、実家に帰省する方々も少ないようです。

みなさん、何をしてるのですかね?

 

僕の実家は、300mしか離れてないので、

帰省せずともスーパーの買い物中にばったりと会う。

で、80歳を超えた母親とマスクしながら話したのですが、

TV番組の影響もあってか、相当に萎縮し、自宅に籠っている。

自宅に籠もっている結果、日常生活がつまらなくなり、

さらにTV番組ばかり見て、自粛を続ける、、、。

こりゃ、精神的にも体力的にも悪いことだらけ、、、。

 

まじめで、他の人の意見を素直に聞き、

自分の生活を律して人に会うのを避けられる人が、

徐々に自宅軟禁状態になる社会。良い方向とは思えない。

 

========================

もう、数ヶ月前になりますが、国レベルで緊急事態宣言が出され

解除後には、東京アラートなる都独自の注意喚起。

Go to キャンペーンで「出かけろ、消費しろ」と言われつつ、

気温が体温を超えるレベルにあるので、熱中症アラート?!なる、注意喚起、、、。

 

ある一定の注意喚起は必要なんだと思います。

が、何でもかんでも国や都府県に、あーしろ、こーしろ、どーしろと、

言われるのもどうなんですかね?

 

気温が暑ければ、、、

できるだけ昼間の外出を避けて、朝夕の少しでも気温が低い時に出かける。

水分補給をする。

移動時に日傘をさす。

日陰をあるくようにする。

クーラーや扇風機を活用する。

など、

 

自分の体調に合わせた形で、自分なりに工夫する。

 

 

Covid-19を避ける生活をするのであれば、、、

人と時間をずらす

人が行かないところに行く

打ち合わせをリモートで行う

レストランで食べずに、テイクアウトする

など、

自分の生活にあった工夫を、自分なりにする。

 

 

国や行政が責任感と親切心から言うのは、気持ち的にわかります。

やらなければ、やらないで「政治の責任だー」と言われてしまうので。

 

ですが、何でもかんでも言いすぎると、

言われる側は判断をしなくなる。

 

熱中症についてもcovid-19についても、

外部の意見を鵜呑み、尊重しすぎて

自分で判断しない人が増えていってるように感じます・・・。

 

メディアや外部の意見を参考にしつつも、

最終的には「自分で判断」。

 

そんな生活を心がけようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連する記事

profile

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM