GDP大幅縮小&倒産件数増加

本日の日経新聞朝刊の1面記事

「主要国経済1割縮小」と衝撃的なタイトル。

 

2020年4月から6月の成長率が、ほとんどの国でマイナス成長。

中国:3.2%

ベトナム:0.4%

台湾:▲0.6%

米国:▲9.5%

日本:▲9.9%

ドイツ:▲11.7%

タイ:▲12.2%

欧州各国:▲20%前後

 

マクロでみると、1割程度だが、

企業個別レベルでみると、50%減少とか、90%減少とか

ビジネスが蒸発したような、マイナス影響を猛烈に受けたところもある状況。

 

6月の倒産件数は780件で、負債総額は1288億円、、、。

元々厳しい会社もあったのだと思いますが、

COVID-19の影響が多分にあると考えるの当然だろう。

 

疫病対策と経済対策を両立しなければいけないわけですが、

疫病対策としての各種自粛による経済活動の縮小という

マイナス影響の方が大きく出てる気がします、、、。

 

現在の雰囲気だと、経済的にはまだ底を打った感じはない。

もう少しマイナスのスパイラルに落ちて

厳しい環境になってからでないと、戻らんだろう、、、。

秋以降も怖いなー、、、。

 

 

 


関連する記事

profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM