二百名山4:武甲山

両神山に登った時に、気になった堂々とした山が、こちらの武甲山。

 

諏訪山からの帰り道すがら立ち寄って、2山目に登山する計画を立てました。

 

IMG_6049.jpg

諏訪山から、一般道で移動すること1時間半、

遠くから見えた武甲山が近くに。堂々としてますなー。

 

IMG_6052.jpg

ですが、近くによると、石灰岩の採掘が痛々しい、、、涙。

生川登山口までの道も石灰加工の工場を抜けていく。

 

工場を抜けると荒れた道を進み、駐車場のある生川登山口に到着。

 

IMG_6110.jpg

車で鳥居をくぐって、登山開始は12時半。

 

IMG_6054.jpg

スタート地点の一の鳥居が一丁目の石標。

で、表参道コースを行くと山頂は52丁目。

登り2時間10分が標準タイムのようですが、どれぐらい巻けるかな?

 

IMG_6055.jpg

最初の登山道は、コンクリ。

武甲山を切り崩して作られたコンクリかな?

 

IMG_6056.jpg

数丁目のコンクリ歩き過ぎて、やっと登山道らしくなってきます。

 

IMG_6057.jpg

 

IMG_6058.jpg

 

IMG_6059.jpg

 

IMG_6065.jpg

 

IMG_6066.jpg

 

IMG_6067.jpg

渡渉はなく、ありそうな部分はきっちり橋がかかってます。

 

IMG_6069.jpg

不動の滝。

 

IMG_6070.jpg

 

IMG_6071.jpg

 

IMG_6072.jpg

7月にクマが目撃されたという20丁目。

クマ鈴、ホイッスルも必携です。

 

IMG_6073.jpg

基本的に、スギ林の中を進みます。

 

IMG_6074.jpg

 

IMG_6075.jpg

 

IMG_6076.jpg

大杉広場の大杉。

太さの比較がないので、わかりにくいですが、かなりの年月が経ってそう。

 

IMG_6077.jpg

大杉広場には、椅子も設置されているので、一休みできます。

が、休まずにズンズンと登る。

 

IMG_6079.jpg

35丁目にも立派な大杉がありました。

 

IMG_6081.jpg

で、40丁目、50丁目と超えていき、、、

 

IMG_6086.jpg

山頂に到着。まずは手水屋にてエア手洗い。

お水はありません。

 

IMG_6087.jpg

こちらが、山頂にある御嶽神社。

 

IMG_6094.jpg

順路に沿って歩くと第一展望台へ。

ガイド紙には第2展望台もあるような事が書かれてましたが、

今はあるのかな??ない気がします。

柵の先は、石灰岩を切り出す現場なので、柵を越えては危険です。

 

IMG_6095.jpg

 14時前ながら、眺めも良く、秩父盆地を一望できました。

 

IMG_6098.jpg

登山客は少ないものの、僕の後にも登ってくる方が居て、

記念撮影をお願いして一枚。そのかたは地元の方で何度も登っているとのこと。

写真を撮り忘れましたが、900回も登っている猛者が

900回登山記念看板をくくり付けてました。

 

IMG_6102.jpg

写真を撮っていただいた方に、教えていただいた石柱。

昔は1336mだったのが、石灰石の切り出しに伴い、

山頂は削られて41m下がったようです。

が、9mほど高く工事して、、、現在の1304mに、、、。

こんな山、、、他にあるんかな?痛々しい、、、涙。

 

で、一息ついて、ザーッと小走り下山。

往復ピストンなので、写真は省略。基本的に景色はない。


 

IMG_6111.jpg

1時間かからずに下山完了。一丁目の石はどこかな?と探してみると

鳥居の前の前に、ありました!

確認してから登るのをオススメします。

 

IMG_6113.jpg

汗を流しに、武甲温泉に向かいますが、その途中にて振り返り写真。

 

コンクリートの材料となるセメント。

その基本となる石灰岩を供給し続ける武甲山。

ある意味、日本の高度成長を支えてくれた山なんだなーと、感謝。

痛々しい姿ですが、ありがたや、ありがたや。

 

==========================

■武甲山

■標高:1304m

 元々は1336m。工事によって41m下げたので、

 ガイド本によっては1295mと表記があります。

 が、9m工事で高くなったようなので、1304mと表記します。

 

■登山日:2020年8月25日

■登山ルート

 生川登山口(一の鳥居)→表参道→山頂。

 往復ピストン

 

■移動距離、時間

 約6.5km、約2時20分

■天候:晴

■備考:丁目の石を追っていけば、道間違いは起きないだろう。

 道も広く、歩きやすい。トレランシューズの方が、楽だろう。

 食事、飲み物はない。トイレは山頂にあります。

 水分は2リットル持って行きましたが、1.2リットル程度の消費。

 飲み物は石灰工場に入る前のコンビニで入手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM