日本が矢面に立ってませんかね?心配・・・。

久しぶりに時事ネタです。

 

政治ネタや地政学的なネタは微妙な感じだったので控えてましたが、

思うところをつらつらと書いておこう。

 

◾2大政党制

 つい先月、民進党の党首が前原さんに変わった。

 が、自民党に対抗する政党になっているとは感じられない。

 2大政党制という考えには、理解しているつもりですが、

 人材も離れ気味な様子を見ると、民進党は解党出直ししか道はないと思います。


 都議選で快勝した小池さんを新党のリーダーにという意見もあるようですが、

 「国政と都政(地域政治)を混同するな!」と強く言いたい。

 やるべきことが違いすぎるのに、生活者からの人気に乗じて新党を設立し

 議席をとることは、ポピュリズム以外の何物でもない。

 

 と考えると、新党のリーダー候補は細野さんあたりしか、居ないのでは?

 

 概念的には成立するし、支援もしたいが、

 現実的な2大政党制への道は遠いな〜。

 

 

◾衆議院解散総選挙

 上記のような状況を見据えてか、3連休中にパッと出てきたのが、

 衆議院の解散総選挙。

 

 政権及び自民党的には、相手が準備できてないうちに

 選挙をしてしまった方が良いわけで、戦略的には正しいと思います。

 

 選挙の争点がいくつか上がって居ますが、

 消費税率10%については、やむなし。

 そもそも社会保障費の使い道としての高齢者への偏りは

 なんの生産性もないわけで、増税がなくても

 子育て、子供へ使うのが正しいと思ってます。

 

 選挙の争点として怖いな〜と思うのは、

 外交政策、防衛政策の大方針見直しあたりかなと。

 特に国連などでの、日本の公式なコメントを聞く限り怖いかも・・・。

 

 

◾東アジア有事の可能性

 数年前までは、中東の火薬庫などと騒いでましたが、

 世界で一番緊迫した状況にあるのは、東アジア。

 

 北朝鮮が自国の権利を主張し、核開発やミサイル開発を進めていますが、

 ミサイルの飛距離の伸び方や実験の成功率の向上レベルを見ると

 自国だけで研究開発しているわけではないのは、自明。

 どこかから技術が流入している。

 

 東西冷戦時代に培われた技術、資産、人材が、

 なんらかの手伝いをしていると考えるのが妥当だと思う。

 積極的に支援しているわけではないにしても、結果として流入しているんだろう。

 

 米国及び西側の方ではないだろうと思われるので、

 北朝鮮の問題というのは、新しい東西冷戦の形という方が捉えやすいかなと・・・。

 なので、ロシアは北朝鮮への経済制裁を望まず、中国も同様に望んで居ないんだろう。

 

 矢面に立っている北朝鮮が、本気でどこまで考えているのかな?と推察するに

 米国に対してミサイルを直接武力攻撃をするとは考え難い。

 米国は仕方なく総力を挙げて反撃に出る可能性が高まるだけなのでないだろう。

 

 実質的に戦争状態の韓国に対して武力攻撃を行えば、

 2国間の全面戦争になりお互いが疲弊する。

 世界から見ると実質的な内戦とも受け取れるので、そこに持って行く理由も薄いだろう。

 

 日本はどうか?

 ロシア、中国、韓国は基本的に静観だろう。

 中国は尖閣諸島を自国領だと言い始めているぐらいなので、

 支援する側に回る可能性も否定できないだろう。

 敵基地攻撃能力を有しておらず、ミサイルを撃ち落とすのも難しい防衛レベルであるのを鑑みると

 日本への武力攻撃の場合は、米国がどう反応するか?だけが論点になるんだろう・・・

 

 日米韓の国連での会合を見る限り、本来、矢面に立つべき韓国は

 「延期するが人道支援をする」と表明し、当然ながら回避している。

 一方、安倍さんのコメントを見ると、後ろに控えている米国を確認しつつ

 矢面に立ちに行ってるような危うさを覚えます。

 

 有事に至るまでには、段階がある。

 外交的交渉を経てもらちが開かない状況が続き、

 「しょうがない」と言う世論の中で、

 政治家が「しょうがなく」戦争へ突き進む。

 

 防衛費の増大と地政学上の安定のための費用増大はやむなしだと考えますが、

 過剰な軍事費増大は、各国間の緊張を高めるだけ。

 各国の政治家と官僚は、冷静に対処してもらうことを切に願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 


天気が残念な3連休

秋の3連休、土曜日、日曜日ともに雨。

月曜日はカラッと暑く。

 

知人達は、トライアスロンや自転車イベントなど

参加している人も多いようですが、僕は東京にて。

 

小雨の中2時間ほどUltra行ったり、家族で餃子屋行ったり、

敬老の日のプレゼントにヨモギ餅を買ったり。

 

季節の変わり目か?、夏の疲れか?

やけに眠い・・・。体調管理に気をつけないと。

 

 

 

 

 


経営勉強会@八海山

経営者の勉強会@八海山

といっても、登山ではなく、日本酒の八海山です。

 

日本酒は嫌いではなく、飲めるのですが、

どうも、学生の頃に飲んだ、頭が痛くなる感覚が忘れられず、、、少し避け気味。

ですが、色々テイスティングさせていただき、イメージ改善!

最近の日本酒は、そんなことないようです。

 

で、味は別にして、日本酒を取り巻く事業環境を聞く中で、印象的なことが。

1:日本酒の生産量は1973年あたりがピークで、現在は三分の一以下。

2:海外での輸出量は増加傾向。

 

そもそも日本人が日本酒を飲まなくなっているので、

生産量も減少し、酒蔵も減少。

 

一方、日本人気にあやかって、日本酒自体の

ブランディングは海外で成功し始めているということ。

 

すでに成熟したフランスのワイン産業は国内消費よりも

世界中で楽しまれる方が多いわけで、

日本酒もそうなる可能性があるってことなんだろう。

 

元サッカー選手の中田さんが日本酒の輸出に尽力していたり、

日本酒の原料となる米や酒蔵をフランスワインのように

原産地呼称を厳密にして、銘柄をブランド化しようとしていたり。

 

国内にとどまらず、変化を恐れずに、果敢にチャレンジするのが印象的

日本酒産業の次の一手が感じられる勉強会でした。

 

 


 

 

 


百名山5:常念岳 その2(大天井岳、東大天井岳、横通岳縦走)

星が見えるかな?と期待していたものの、星はあまり見えず。

夜中には風も強まり、寒い。

 

テントのペグをしっかり打っておいて良かった。

外気温は5度以下かな?

装備を怠っていたらどうなっていただろう?と・・・。

 

4時に起床。寝心地は悪くはないが、よく寝れたとは言えない。

ガスバーナーでお湯を沸かして、カップそばなどを食べる。

IMG_0376.jpg

5時には出発し、大天井岳の頂上で日の出を見る計画。

風が冷たいので、ウェアを着込もう。

 

IMG_0383.jpg

と言っても、テント場から頂上までは10分ぐらい。

さっと登って、ピークハント!

 

IMG_0388.jpg

昨日、歩いてきた燕岳の方面が雄大で美しい。

 

が、雲も多いので、日の出は期待できない。

ならば、戻ってコーヒー飲もう。

 

にしても、景色が綺麗だな〜。

刻々と雰囲気が変わる。気持ちいいですね〜。

 

IMG_0392.jpg

大天井岳から燕岳の方面を望む。

 

コーヒー飲みながら、テントを撤収。

荷物をまとめて、いざ常念岳へ!

IMG_0393.jpg

 

IMG_0222.jpg

 

IMG_0397.jpg

 

IMG_0402.jpg

 

IMG_0406.jpg

 

IMG_0243.jpg

前穂高、奥穂高、北穂高、涸沢カールも良く見えて、壮大な景色が続きます。

 

東大天井岳、横通岳を縦走しながら歩くこと約3時間。

見えてきました常念岳。

足元には、常念小屋も見えます。

数百メートル下って、常念乗越へ。

 

IMG_0247.JPG

 

 

IMG_0250.jpg

常念小屋も綺麗だな〜。

 

IMG_0253.JPG

小休憩して、さー常念岳山頂に!

 

IMG_0419.JPG

荷物も飲み物だけにして、身軽に。登り標高は400m。

何度も思うが、本当に素晴らしい景色。

 

40分ぐらいかな?登り続けて山頂へ。

バンザーイ!

IMG_0415.jpg

北アルプスが一望できて、絶景ですね。

なるほど、これが100名山。

 

10分ぐらい山頂にいて、下山。

常念乗越に置いた荷物を背負って下山するのみ。

 

下山ルートは一の沢ルート。

樹林帯を抜けて、沢に出る。

IMG_0421.JPG

 

IMG_0423.JPG

 

IMG_0424.JPG

IMG_0425.JPG

 

IMG_0430.JPG

急な下りの胸突八丁、沢が涼しい王滝ベンチ、

沢で水を足につけたりして、終わってしまうのを惜しむように、

ゆっくりと下山。

 

怪我もなく、疲れも北岳の時ほどなく、

天気にも恵まれたテント泊縦走。

 

あー、楽しかった〜。

 

 

===========================

■長野県安曇野市

■標高2857m 常念岳

 ✴燕岳 2763m

 ✴大天井岳 2922m

 ✴東大天井岳 2814m

 ✴横通岳 2767m

■登山日:2017年9月9・10日

■登山ルート

 1日目 中房温泉→合戦沢の頭→燕山荘→燕岳→蛙岩→大天井テント場

 2日目 大天井岳→東大天井岳→横通岳→常念岳→一ノ沢ルート→一ノ沢登山口

■天候:晴れ

■備考:山頂は気温低い。きっちりとした装備必要。

 一ノ沢ルートは水場を渡るので、ブーツ防水性が高い方が良い。

 

 


百名山5:常念岳 その1(燕岳〜大天井岳縦走)

この週末は全国的に晴れ模様。そんな中、知人達と登山へ。

 

今回は1泊2日のテント泊。

燕岳、大天井岳、常念岳の縦走ルートはそれなりに長く

テント泊用の荷物も多くなるので、少し心配ですが、

天気が良ければ、大丈夫だろう。

 

金曜の夜に安曇野の方まで移動。

車で仮眠し、朝4時半にタクシーで燕岳の登山道入口である中房温泉に向かう。

 

タクシーの運転手さん曰く「今日は混雑すると思うよ〜」と。

到着するとびっくり、すごい人の数・・・。

早めに登山開始した方が良さそうなので、ささっと登山開始。

 

IMG_0262.JPG

 

IMG_0263.JPG

登山口は標高1462m。

まずはスイカが売っているという合戦小屋が暫定目標。

 

人気のコースなので、登山道はしっかりしていて、

道を間違うようなことはありません。

IMG_0268.JPG

IMG_0269.JPG

第1ベンチ、第2ベンチ、第3ベンチと順調に登り、

富士見ベンチを過ぎて、合戦小屋に無事到着。

 

IMG_0279.jpg

 

IMG_0129.JPG

 

北岳、開聞岳の反省を活かして、今回は薄着で登山したのが良かったのか?

三脚と一眼レフカメラを持って登ってないのが良かったのか?

はたまた登山に少し慣れたのか?体力的にはそれほどきつくなく。

 

休まずとも登れましたが、

せっかくなので、名物のスイカをいただこう。

 

スイカは、荷揚げ用のケーブルカーゴで

持ち上げているようなので、大量にあります。

 

少し気持ちをリフレッシュしたところで、燕岳の麓の燕山荘を目指す。

IMG_0287.jpg

少し登ると、燕山荘が見えてきました。

天気も良いし、快調です。

 

IMG_0288.jpg

 

IMG_0289.jpg

 

登山開始して、4時間かかってないぐらいかな?燕山荘の分岐まで到着。

荷物を降ろして、さっと燕岳に登ってこよう。

IMG_0290.jpg

荷物を降ろすと、体はすごく楽。これなら走れるかも。

 

燕岳は、まるで異世界。花崗岩の白砂と奇岩が非日常を醸し出す。

IMG_0317.jpg

 

IMG_0328.jpg

20分くらいで、ささっと、登頂。360度のいい景色〜。

 

イルカ岩とか眼鏡岩とかも見ましたが、山頂の近場で槍ヶ岳をバックに一枚。

IMG_0342.jpg

「燕岳はなぜ、100名山じゃないのかな?」

なんて思いながら、燕山荘に戻る。

 

IMG_0344.jpg

戻ってびっくり、さらに人だらけ・・・。

大天井岳のテント場は早めに行かないと、無くなりそうだな・・・。

それにしても、いい景色だな〜。

 

燕山荘はとても綺麗。ここなら家族で来れるかも?!。

ケーキなども美味しいようですが、

大天井岳まで少し急いだ方が良さそうなので、急ぎ出発。

 

次の目的地は大天井岳のテント場。

 

穂高連峰や槍ヶ岳を遠くに見ながら、歩みを進める。

21641356_10212341360683035_1629589717_n.jpg

蛙岩(ゲエロ岩)にて記念撮影。

 

IMG_0185.jpg

奥に見えるのが本日の目標である大天井岳。

道のりは遠い。

 

IMG_0187.jpg

こちらは小林喜作さん。

登山黎明期に活躍しルート開拓をなさった方。

うちらが楽しめるのも、この方のおかげです。ありがたい。

 

大天井岳に近づくと、岩場で、上りも急に。

IMG_0358.jpg

 

IMG_0362.jpg

 

IMG_0366.jpg

大天井岳まで残り400m、300m、200m、100mと

看板が出てきて、やっとテント場に。

約3時間の尾根歩きでしたが、やはり少し疲れました。

特に最後の岩場は、疲れました。

 

テント場には、まだ人は少なく、テントを張る場所も選べて良かった!。

平坦な場所に集まって、テントと設営しているとあっという間に

ガスに包まれ景色がなくなる・・・。

IMG_0371.jpg

 

その後、続々と到着し、テント場はあっという間に、混雑。

少し早めに行動して良かった〜。

 

常念岳のテント場まで行く案もありましたが、

大天井岳のテント場までの工程にして正解。

もし進んでいたら、ガスの中の行進で、少し危険だったかも・・・。

山の天気は変わりやすい。無理は禁物。

 

 

大天井岳にも、山小屋があり、水や簡単な食料も買えるので、便利です。

 

夕飯はカレーライス。

お湯を沸かして、アルファ米を作り、カレーを温め、早々に食事。

 

特にやることないので、皆でおしゃべりしながら、6時半には就寝。

明日は4時起き。おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


鈴木スポーツ庁長官講演会

京都でのカンファレンスを早々に切り上げて、

鈴木大地スポーツ庁長官の講演会に参加。

 

初回のロスオリンピックでの不調、

88年のソウルオリンピックで金メダルを取るまでの話。

その後、選手生活を終え、コーチとしてのエピソードなど

鈴木さんの内面を知ることができて、面白かったです。


社会保障費の中で最大の医療費。

スポーツ振興によって、健康寿命が伸びるのが、

医療費削減には一番効くと思います。

最近では「うつ」を治す方法としての運動にも脚光が当たっています。

 

スポーツの持つ力は、多方面に役立つと思うので、

スポーツ庁長官として、さらなる活躍を期待したいところです。

 

88年と言えば、高校の水泳部で背泳ぎ選手としてトレーニングに励んでいた頃。

最後のラストスパートで、鈴木さんが追い抜いた時は、日本中が感動しました!

誰でも彼でも水泳の授業になると「バサロ」をしてましたね〜。

 

講演会も面白かったのですが、一緒に写真も撮ることができて、

元スイマーとしては、超嬉しい(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ICCカンファレンス@京都2017

火曜、水曜は京都にてICCカンファレンスに参加。

 

珍しいことに、今回のカンファレンスには、

電通を卒業した同期が二人ほど、

パネラーとして参加していて嬉しい。

「元リク」という言葉があって

リクルート卒業した人達を指しています。

人事系やメディア系など様々な分野で起業したり活躍されています。

今回も、あるセッションは全員「元リク」。すごいです。

 

「元D」とか、もっと増えて集まれば面白いのにな〜。

 

 

 

 


 

 


青春だな〜

先週は鳥人間コンテストを見る。

鳥人間コンテストは往復40kmもの大フライト。

何年もかかって取り組んでてすごい!

 

今週末は録画した高校生クイズを。

毎年出場して3年目で優勝したペア。

 

両方の番組とも、一心不乱に打ち込んでいる姿が感じられて

青春だな〜と。

 

 

 

 


 


大学サークル45周年

大学時代のサークル設立45周年を記念して、

会が催されました。

 

ふと思う。

僕が生まれた年にできたサークルなんだな〜。
 

今でも泳いでいる人とか、トライアスロンやってる人など

皆さん、元気な感じ。

全く連絡が取れない方もいるようですが、、、

 

 

その後は高田馬場にて、2次会、3次会。

昔からある店が、まだあって、懐かしいね〜。

 

次は5年後。

皆さん、お元気で〜

 

 

 

 


etudes、タイと台湾で販売開始します!

社会人向けのLMS(ラーニングマネージメントシステム)であるetudesですが、

子会社があるタイと台湾で販売を開始します。

http://www.d2c.co.jp/news/2017/08/31/1914/

 

社会人が学ぶのは世界で当然。

社内向けもそうですが、社外活動としての学習にも繋がっていくといいな〜。

 

詳細はこちらです!

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM