3連休その1「オルソケラトロジー」

今月は、3連休が2回も。

嬉しいなと思いつつ、日本は祝日が多いな〜とも・・・。

 

祝日で休みを増やすよりも、働いている環境で休みが柔軟に取れた方が

交通渋滞やレストラン混雑などは緩和され

生活レベルの平均値が向上またはストレスが減じる気がします。

出かけなければ関係ないですが、、、。

 

 

 

 

子供の視力が落ち続けていて、どうしたものか?

勉強のしすぎ?本の読みすぎ?部屋が暗いか?などいろいろ考えますが、

iPadでYoutube見たりゲームするのが、近視の理由だろう。

 

で、僕の頃にはなかった「オルソケラトロジー」という手法で

近視矯正を行うことに。

 

「オルソケラトロジー」とは、

眼球を矯正するコンタクトレンズを寝ている間に付けて、

起きた時に外す、従来のコンタクトレンズによる視力補正とは違う

アプローチ手法です。

 

まずは体験して、視力が出るかどうか?です。

一晩寝てみて、翌朝子供に聞くと

「メガネがなくても視力がUPしている」とのこと。

 

かなり驚き。

大人でも大丈夫なようなので、僕も検討してみようかな?

 

 

 

 

 


御殿場ドライブ

行く必要があるわけではないのですが、

天気も良いので、御殿場までドライブ。

 

富士山がくっきり。

冠雪まではもう少しかな?

 

この冬シーズンには冬富士登山もしたいな〜。

アイゼン、ピッケル購入しようっと。

 

 

 


海練、ザリガニ釣り

金曜日に、病院へ。

数週間前から痛い右足親指付け根の、病名はやはり痛風。

薬をいただき、飲むことに。

 

土曜日早朝。

足が痛い痛いと練習から逃げ続けるわけにもいかないので、

1kmを10本泳ぐ海でのスイムトレーニングへ。

 

湘南は秋を思わせる。日差しは強いが、風は強めで少し冷たい。

水温は快適なので、海に入ってる方が暖かく。

ウェットスーツでの泳ぎになれるのが目的なので、

色々と着替えたりして、泳いだのは5本のみ。

まー、5km泳げば十分ですが、他の70名近くの参加者は

ほぼ10本完泳。すごいな〜。

 

僕は久しぶりのスイム、慣れないウェットだったこともあり、

体は動かず、前にも進まず、、、。

真面目に練習再開しないと、完走危うい・・・。

 

 

日曜日は妻の実家に。

ランチの後に、近場の小川へ行き、ザリガニ釣り。

さきいか、あたりめ、どちらでも簡単に釣れる。

食べるわけではないので、キャッチアンドリリース。

 

今週末は「夏休み」って感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 


区内をぐるっと。

子供の社会の宿題と自由研究で自分の住んでいる近場を調べることに。

 

◾事前調査

1:区役所、ネットにて基礎資料収集。

 

◾テーマ設定、レイアウト設定

2:面白そうなところをメモにて抜き出し。

3:テーマ検証。

4:大枠のまとめ方針、レイアウト案。

 

◾実地調査

5:テーマ毎の実地調査・写真撮影

 

◾素材作成

6:テーマ毎の説明文作成

7:写真の取捨選択

 

◾清書

8:下書き

9:清書

 

 

今時の子供はすぐに「ネットで!」調べておしまいなのかもしれませんが、

やっぱり直接、見聞きするのが一番だと思うので、息子と二人、自転車で区内をぐるっと。

地図を見ながら、調べながら、写真撮りながらで、時間も体力もそれなりに費やす。

 

夏休みの前半で5:実地調査の半分ぐらいまで、たどり着けた感じ。
調べ方や実地調査のお手伝いはできても、まとめと清書は

手伝いできないので、息子に頑張って欲しいところ。

 

 

僕は自分が小学生の頃から住んでいるエリアに

今でも住んでいるのですが、知らなかったこと、

変わってきている事も多々あり、面白く。

 

 


親として10年

子供が10歳に。妻も僕も親として10年。

10年間、早いものだなと。

 

子供が夏休み中にやることが増えたので、僕も休まず普通に仕事モード。

修正事業計画や個別相談など。夜は自宅で。

先々週の下山後から痛風が出ており・・・、アルコールも控えめにお祝い。

 

10歳になる息子を見て「もう少しこうできないかな?なんでこれできないの?」と

思う所は多々あるが、自分を振り返ってみれば、偉そうに言えることは何もない。

思いかえせば、僕は親・兄弟、先生などに長い目で見てもらっていたんだろう。

息子に対して叱るべきは叱るが、グッと押さえて長い目で見るのも親の務めか。

続く親業。まだまだ未熟。

 

痛風は思った以上に痛く、運動も全くできず・・・。

来月と再来月のトライアスロン大会が心配。

 

 

 

 

 


猛暑

この3連休、特に出かける予定を立てていなかったので、

猛暑を避けることができました。

 

ブラックパンサーを見たり、昼寝したり、プールに行ったり、

日比谷公園でやっているビールフェスタに夕方から出かけたり。

 

暑い暑いと、休みすぎるのも血流が滞る感じがして嫌なので、

月曜日の夕方に10kmほど走りましたが、汗だくだく・・・。

無理しない範囲で、猛暑をしのごう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どうも調子が上がらない。

西日本の大雨被害。驚きを隠せない。

「雨でしょ?」って、舐めちゃいけない・・・。

治水レベル想定を、はるかに超えすぎている。

どこまで被害が増えるのかな、、、。

 

この土日、東京は天候悪くなく。

走ってみても、走りは重く。

泳いでみても、泳ぎは重く、、、。

ですが、子供と近場でプールに行って遊べる日常に感謝。

 

 


早い梅雨明け

あっという間に、関東地方は梅雨明け。この週末は夏日。

近場のお祭りに行ったり、久しぶりに子供とプールに行ったり。

ビールが美味しいですな〜。

 

今年は夏が長そう。

きっちり練習もしつつ、体調管理も気をつけて、

山登りと秋のアイアンマンに備えようっと。

 

 

 

 


息子が4年になって

うちの子も小学校4年生になってます。育つの早いな〜。

僕が小学校4年の時は何してたかな?

 

学校終わって、カバンを家に放り投げて、近くの公園に行って

友達が来ると、缶蹴りしたり、野球したり、ケイドロやったり

ブランコで靴飛ばしやったり、夕方5時の鐘がなるまで遊んでたな。

 

そう言えば水泳も1年半ぐらい、週に1回通ってたのもこの頃かな?

塾も通わされてたけど、全く成績が上がった事なかったか?

そろばん塾、行ったふりして友達と遊んでたりして怒られたりしたのもこの頃かな?

 

自分の時代と比較しても意味ないのですが、

少なくとも「時間に追われてる」って感じはしていなかった。

 

一方、息子の生活を見ていると、時間が足りない感じ。

やるべきことが多いってのが、そもそもの理由なのですが、

もう少し自立して、「こういう風にやれば効率的に時間を使える!」

みたいな事を考えて、生活しないとダメなんだろう。

 

一人っ子だからと言うのもあって、どうしても

あーしなさい、こーしなさい、あれこれそれどれ声をかけてしまう・・・。

 

親が子供に望むのは、まずは「自律」。

それができてやっと、「自立」に。

しばらくは、最小限の声かけにしようと思う。

 

 

 

 

 

 

 


映画二本

この週末は運動をせず、映画を二本、家族と。

 

1本目は「帝一の國」

ある高校の生徒会長になると、日本の首相になる確率が高くなるため

生徒会長を目指すことにした帝一の話。

 

昭和な人的関係と雰囲気を醸し出す中でのストーリーは

小気味よく進み、表と裏の感情が誇張されつつ面白かった。

予告:https://www.youtube.com/watch?v=xI-Y5F_HH0s

 

2本目は「関ヶ原」

子供が見たいというので見ましたが、司馬遼太郎原作の

作品を映画にしているので、シリアスな感じ。

http://wwwsp.sekigahara-movie.com

 

時代背景に忠実に演出されているので、方言とか言い回しが

少し分かりにくく、、、。

 

そもそも相関図とか背景を詳しく知ってるわけでは無いので、

楽しめなかったってのもあるかなと・・・。

 

 

 

洋画の方が見る機会が多いですが、邦画も面白いかも。

時間を見つけて、色々楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM