最近流行の「伊達直人」

最近やけに聞く伊達直人=善意の寄付ですが、
「寄付活動が増える」のは良い事だと思います。

が、置き逃げと言うと言い過ぎですが、手法としてはどうなんでしょうか?

・自分の身勝手な押しつけ善意ではないか?
・何故、素直に寄付ができないのか?
・受取る側も「モノ以外」に困っている事があるのではないでしょうか?

寄付行為自体を否定している訳ではありませんが、
表立って普通に「寄付」した方が、世の中に良い活動として
きちんと定着すると思います。


適切な寄付行為が社会に根付く事を切に願います。







富士山、アンパンマン、クラシアン

3連休は、家族のやりたいことを、それぞれ1日づつ。

土曜日は、僕の日。富士山を見に行く。
朝から夕方まで雲一つかからずとても奇麗な富士山が見えました。

日曜日は、子供の為に横浜のアンパンマンミュージアムへ。
パパ、ママ、じじ、ばば、たくさんの子供子供子供。
アンパンマンの人気は凄いな〜。

月曜日は、クラシアンに排水のつまりを良くする依頼。
当然、妻の要望。10年経つと、ちょこちょことメンテも必要だな〜。


うー、寒い寒い。風邪を引かないように気をつけないと。



120%ぐらいかな?

仕事があるのは、頭にとって良い事だ。

休み中に来年度の事について考えていた事を、
経営会議で少し話した。

議論の開始であり、どう落ち着くかは、これからだが、
状況の変化を先読みして、組織的対応ができるところに持って行きたいと思う。

今年の会食も5日からずっと入っていますが、
昨晩の会食で、一つ面白い話が聞けたので、書いておこう。

======================
ある文豪が書いた手紙です。
「今日は時間がないので、文が長くなります。ご容赦・・・」
というような趣旨で書き出している。

より簡潔に相手に伝わる文章を書くのは、文豪と呼ばれる人であっても
とても難しいということです。

深いな〜
======================

4日からフルに働いていますが、少し時間が足りない。

頭を整理方法やスケジュール管理、業務処理力など
向上させないと厳しいな〜。

120%の事を80%ぐらいで、できるようにせねば。

むやみやたらに頑張るのではなく、効率的に頑張りたいと思います。








互礼会

時事通信社などが主催する新年互礼会に本間本部長と参加させてもらった。

どんな内容なのか詳しく理解しないで参加しましたが、
菅首相の挨拶や自民党総裁の谷垣さんのお話などが聞けて面白かったです。

詳細は、こちら!

元ドコモの社長、現JAXAの立川さんや、文科省の方、
慶応大学の教授、電通の役員の方など普段会えない方とご挨拶できてよかったです。

また来年もできれば参加したいな〜。









最近思う事

本日から、仕事始め。先ほど年頭の挨拶を終わらせ、業務に戻る。

本日のブログは、年末から年始にかけて思った事。

●法人税減税5%決定は素晴らしい!
 雇用と給与に回れば、もっと素晴らしいが、どうなりますかね?

●新知事に期待。
 石原さんの都政は意思がはっきりしていて良かったと思っていますが、
 東国原さんや蓮舫さんが都知事選にでるかどうか?わかりませんが、
 出馬するなら、頑張ってほしいと思います。
 
●モバゲーやGreeの広告表現トーンが下がったな〜
 年末年始に大量出稿されていたTVCMですが、「無料」表記がとれましたね。
 新しいサービスが根付くときに、一般に普及する過程で起こる
 コミュニケーションギャップを解消する上では必要かもしれません。

 携帯も普及期には「マナー問題」とか「もっと分かり易く教えて」とか
 社会に根付く過程で、いろいろと議論されたものです。

●ステークホルダー資本主義の再来に拍手
 株主優先の資本主義のお手本が90年代〜2000年代後半のアメリカであったとしたら、
 リーマンショック以降の反省に基づいて、株主だけではなく、株主を含んだ
 ステークホルダー全てが丸く収まる資本主義が再来するんだと思います。

●国家資本主義とか保護主義に反対
 2012年に迎える、世界各国のリーダーチェンジは、大きな転換点だと思います。
 その前の選挙を控えた年だと考えると、国家資本主義的な考えや、
 保護主義が台頭すると思いますが、気をつけないと世界平和を脅かすのでは
 ないでしょうか?

●日本って素晴らしいな〜
 市場としての日本の魅力は減っているかも知れませんが、
 「ホスピタリティの高さ」「技術力の高さ」「新たなモノを創造する力」は、
 やはり目を見張るものがある。
 悲観的視点ではなく、楽観的視点でいろいろと語られて欲しいと思います。



身勝手な思いもありますが、宝珠山の勝手な視点という事でご容赦。



















今年は小吉

今年も例年のごとく芝増上寺にお参りに行く。


おみくじを引くのも通例ですが、今年は・・・小吉。
開くと「焦りは禁物、少し長期で考えよ。実現する」みたいなお告げが。
2011年は2012年から起こる大変革の調整時期だと考えているので適切な助言ですね。



明日から仕事始めですが、「気分を新たに、奢る事なく初心に戻り、予定調和をさらに上」を目指して、着実に進みたいと思います。






あけましておめでとうございます。

年末に海外から戻り、大晦日から東京で過ごしてます。
年末に親戚の叔父が亡くなった。優しくしてくれた叔父なので寂しい。

毎年、元日は実家と妻の実家に顔を出すのが、恒例。
僕の実家は、300メートルぐらいしか離れてないので、実家に戻る感覚はないけど・・・。

両親、兄弟ともに健康で、良かった良かった。
叔父の事もあり、健康って大切だな〜と改めて考える。

2011年は、新たな10年の始まりですが、健康にも気をつけて頑張りたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。








長期休暇で感じる事&大晦日

9連休以上だと、いつもの仕事モードが、さすがにリラックスします。
前半4日ぐらいで、身体のストレッチが効き始めて、頭がスッキリするのは後半です。

で、身体的には・・・
●ひげが伸びる
 基本的に休みはひげを剃りません。いわゆる無精ひげです。

●目が楽
 PCを凝視しないのと、眼鏡をかける時間が長いからだろう。

●右肩が楽
 PCを使わない日々なので、PCマウスがいかに右肩を疲れさせているのがわかる。

●下半身のストレッチが効く
 ストレッチを頑張って行いますが、前半数日は堅い。後半は結構伸びて柔軟性があがる。
 足腰のほぐれを感じる反面、上半身の右肩と首の疲れが気になる。
 体全体がほぐれるのは、どれぐらいの休みが必要なのかな〜。

●酒に酔わない
 長期休暇中はできるだけお酒を抜くので、体が楽。ほとんど酒に酔いません。


仕事メールはできるだけ見ないようにしますが、やっぱり気になるので・・・
少しだけ確認します。

体をニュートラルに、思考をゼロベースに、新年を迎えたいと思います。

もうすぐ2010年も終わりですが、良いお年をお迎えください。

来年も頑張ろうと思いますので、よろしくお願いいたします。





大晦日@自宅にて 宝珠山







TV番組の違い

海外に来ると、ホテルのケーブルTVを通じて
CNNやCNBCなどを流しっぱなしにする事が多いのですが、
チャンネルを回していて感じるのが、TV番組の違い。

1:NHKの放送内容が薄い・・・
 薄いというか、量が少ない。
 日本の情報をもっとアピールした方が良いんじゃないかな〜。

 また、ニュース番組の中で放映されるスポーツ系の情報が
 「著作権の関係で、放映できません」と音声だけが流れる。
 なら、放送しなければ良いんじゃないの??

2:CNNは、積極的にWEBサイトやモバイルサイトの告知をする。
 他国の放送がどうなっているかわかりませんが、
 CNNは番組の終わりや、CMの間にネットアクセスを促す内容を流している。
 日本の放送局とはネットへのスタンスがかなり違うな〜。

3:国によって、情報の取り上げ方が違うね〜
 日本で新型インフルエンザでニュースになっていたときに、
 某国では、弱毒性と割り切って、ほとんどニュースバリューがなく、
 全く放映されていなかった。


なんて、放送を通じていろいろ考えます。


ずっと聞いていると、少し英語脳が活性化される。
英語を流しっぱなしにしていると、今まで聞き取れなかった英語が聞き取れる時がある。

学ぶ意識が薄かったとしても、学習効果があるというのは、
人間の脳が、環境に適応しようとしている証拠なんだと思う。人間の脳って凄いな〜。














 

よく働き、よく遊び、よく休む

僕の中では「働く」の反対が「休む」ではない。
「働く」の反対は「遊ぶ」。
「働く」、「遊ぶ」などの「活動」の反対が「休む」。


「働く」のと「遊ぶ」の比率を1年に直してみる。
土日週休二日+夏休み正月休みなど入れていると
240日ぐらいが「働く」で、120日ぐらいが「遊ぶ」。
大体2:1ぐらいが適当だろう。

========================
「活動」(働く、遊ぶなど)と「休む」比率を考えてみる。

1日24時間のうち、16時間から20時間が「活動」
8時間から4時間が「休む」ぐらいが適当だろう。
概算すると「活動」と「休む」比率は2:1ぐらいなんだろう。

========================
上記二つの比率を掛け合わせてみて、
「活動」(働く、遊ぶなど)と「休む」の比率を、考えてみる。

240日の「働く」のうち、三分の一が「休む」のだとすると・・・
160日が「働く」となり、80日が「休む」。

120日の「遊ぶ」のうち、三分の一が「休む」のだとすると・・・
80日が「遊ぶ」であり、40日が「休む」になる。

========================
結果1年を分割してみると・・・
160日が「働く」、80日が「遊ぶ」、120日が「休む」。


うーん・・・1年の中で、考えると、すべての時間が足りないな〜。
何事にも、一生懸命取り組まないと!(笑)


日本人としては、少し早めの冬休み。22日からお休みをいただいてますが、
「よく働き、よく遊び、よく休む」そんな人生をおくりたいと思っています。







profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM