決めた!富士山登るぞ!

うちの富士登山チームは無事全員登頂できたらしい。
登頂おめでとう!一生の思い出になると思うよ!

もっとも元気だったのが、最年長の原だったようだ?!。
バブル時代経験組はさすが!鍛え方と根性が違う(笑)


で、本題。
富士山に登るぞ!と言い放ったら、思った以上に反応があった。

マジですか?とか、うそですよね?とか。

で、改めて「自分が登れるか?」と考えてみると、
ちゃんと準備をしないと駄目そうだ・・・。

この土日に子供とプールに行った。
数百メートル泳いだだけで、息があがる・・・。

高校時代は水泳部だったので、日に2〜3kmぐらいのサーキットトレーニング。
大学時代は、母校で教えていたので、1kmぐらいは泳いでいた。
卒業後15年近く何も運動をしてないので、さすがに心肺機能の衰えは激しいね(笑)

で、来年登頂を考えた時に、すべき事。
1:柔軟性の確保→ストレッチ!
2:心肺機能の向上→走る!
3:脚力、腹背筋力の向上→走る!&筋トレ。


と、考えつつ、とりあへず「歩こう!」(笑)
R0018815.JPG
写真は、大門駅から汐留まで歩いて出社した時に咲いていた奇麗な花!


来年マジ登るぞ!山頂でシャンパーニュ開けるぞ!(笑)
富士山に登るのを、楽しみにしながら、準備したいと思います。
コーポ側準備よろしく!








会食も難しいものです

昨晩は、シンガポールから訪日してもらった、インド国籍の方と会食。

ご存知の通り、インドは戒律が厳しく厳格なベジタリアンの方がいる。
食材、調理法にまで気を使ってレストランを選ばないと駄目だという事。

厳しい方だと・・・
動物性の油で揚げたもの×
植物性の油で揚げたもの○

出汁に鶏や鰹など使ったもの×
昆布は○
とか・・・。

会食一つ取っても、相手に満足してもらうには、難しいものです。
特に、海外からのお客さんだと、土地勘もなければ、レストランも知らない訳です。
おいしく、楽しく、有意義に過ごす時間は、後々になっても感謝されるものです。

今回救いだったのは、お酒を飲む方たちだったこと(笑)
インチキ英語と身振り手振りで、モバイル広告業界の課題や
将来の事などいろいろ話せて、お互い信頼できる関係になったと思います。

具体的なアイデアを進められればうれしいな〜










富士登山チーム

今年もD2C富士登山が行われる。
数年前は、電通にお世話になり、登山させていただいてたが、
人数の増加で、一緒に登山できなくなってしまった。

結果、昨年はなくなり、挑戦せず。
コーポレート部門が頑張って、今年は復活!よくやった!

僕も電通の新入社員の時に登ったが、天候が悪く、8.5合目で足止め。
さらに天候悪化で、登頂に挑戦する事なく下山。無念・・・。

現在の山頂は雨みたいだが、登頂できる事を祈念します!
左上から青沼、中山、原、星、前田、伊藤、松阪、久原、
左下から金高、佐藤、川向、川根、小切山、三浦。
※中対は遅刻の為、写真なし。


来年からは、新規で担当部長以上に昇格した人とか
希望者は参加できるようにしたいな〜。

本部長以上は、根性を入れ直す為に毎年とかね。
全社員で登頂を目指すのもやってみたいね〜(笑)


日本人なら一度は登るべき富士山。
来年は、僕も挑戦してみたいと思います。





勉強会の後は、交流会

まじめな経営論の勉強会の後に、社長の方々と一緒に、ミスユニバース日本代表の壮行会に顔を出す。「とりあへず、顔を出す」というのが重要なわけだ。

ム.jpg
日本代表の板井さんとか、2010年度ファイナリストとか、
地区予選を勝ち上がったあたりから見させてもらっていますが、
「人は変わるんだ!」って痛感させられてます。

セミファイナルから残って以降、素人があっという間に、プロになってる。

2010年の板井さんは、元大分市役所の人ですが、今回見たらオーラが増してた(笑)
少し細すぎるので、世界大会でどの程度までいけるか微妙な感じですが、
アジアンビューティ目指して、頑張ってもらいたいもんです。


仕事も遊びも?!一生懸命な1日でした〜(笑)








勉強会

話す機会はあっても、お話を伺う機会と言うのは、減って行くものである。 
なので、時間が許す限り、いろんな方の話しを伺うようにしている。

本日の夕方はFUNAIキャピタルアドバイザリー 代表取締役会長 平林氏の話し。 
タイトルは「今後10年間 明るく、楽しく、元気に、利益をあげ続けるコツ」。 

日本の法人のうち、利益を出している企業は約30%。
上場している企業は、0,1%。
10周年を、迎えられる企業は、約6%。
50周年だと、1%以下。 

企業経営は難しいと言う事だ・・・。
いろんな視点で、アドバイスを頂けたと思うが、ここには書けない。
講演会=オフレコならではの、面白さがあった。

経営者の先輩方と交流して、着実に右肩上がりでいける様に、頑張りたいと思う。

3連休

仕事の事ばかりではなく、たまにはプライベートな事も書いてみよう。

土曜日から月曜日の海の日まで「夏日」。東京も35度以上の猛暑日だ。
3連休となると、つい遠出したくなるが、かえって僕は、都内に居残る方。
高速とか混雑するからね〜。

土曜日は、近所のお祭り。国道を一時止めて都合6車線でやるのだが、
凄い人。こんなに住んでたっけ???。ベビーカー&子連れが多い。

日曜、月曜は、ジーンズを探して、都内をうろうろ。
うーん・・・欲しいジーンズが売り切れてしまったようだ・・・。
ネットで探してもないし・・・。残念。

食事も、夏野菜を中心にさっぱり目で過ごす。
漬け物、枝豆、とうもろこし、豆腐、トマト、刺身こんにゃくなどなど。

そういえば、最近見るTVは、教育テレビが多いな〜。
通常の番組は、録画してみるのが多い。明らかにタイムシフト。

東京も暑かったが、世界中暑かったようだ。
ローマは40度!モスクワは35度!。偏西風の通り道が変わっているようだ。

3連休だと、凄く休んだ感じがするな〜。週休3日の会社ってどっかあるのかな?。

モバイル広告大賞贈賞式

昨日はモバイル広告大賞の贈賞式。
今年も多くの作品の応募があり、各賞が選ばれた。

いくつかの賞はスマートフォン単体での展開だったのが悔しい。
ですが、第10回目以降は、スマホとケータイを束ねた
新しいワイヤレス広告メソッドが見られる事を期待したいな〜。
上記がご登壇いただいた方々です。ご登壇いただける方を見ていると
第1回当初に比べて、賞の「格」が上がってきた気がします!


その後、受賞企業さまの基調講演を行ってもらいました。
参加された方は500名を超え、会場はほぼ満席。皆さん熱心に聴講されてました。

また、D2Cの商品としてMTIさんやメディアの方々と一緒に発表させていただいたのが

PCのサイトをスマホ向けに変換するよりも、モバイルサイトをスマホサイズにする方が
合理的であり、スマホサイトを常設せずに、広告クリックした後だけスマホサイズに見せるというもの。

企業のモバイルサイト開設率はまだ30%であり、スマホは3%。
と考えると、こういった需要があるのではないだろうか?



〆の雑感ですが、
セミナーの台本とか、モバイル広告大賞の運営方法とか僕もまとめたな〜。
モバイル広告大賞は、第1回の事務局長は僕だったし、
あの当時からすると、運営体制も進行も凄く立派になっていて
会社の進歩を感じざるを得ません。

今後もさらにブラッシュUPしつづけましょう!





LTE

火曜日に行った日経ネットマーケティングフォーラム&MMC2010での講演は
思った以上に反響があった。

特に反響があったのは『競争と協調』。
どんな事でも、1社でやろうとするのは無理だ。
スマートフォン市場でも必要だと思う。

その講演会でも少し触れたが、LTEの導入が始まる。
下記のパネルはワイヤレスジャパンのドコモブースで展示されていたもの。
 
少し画像が小さいので、要点を書き出すと・・・
1:2010年12月からLTEを導入する。当初はデータ通信用から。
2:エリアは、既存の3Gエリアに被せる形での提供。
3:下り最大スピードは、37.5Mbps(一部75M)

さらに簡単にいうと、
LTEがつながるところは、最大37.5Mで接続し、
つながらないところは、3Gのネットワークでつなぐということ。

下り37.5Mって相当早いですよ。早く普及しないかな〜。


また、ドコモ山田社長の講演にて、
iコンシェルが1000万ユーザぐらいになったタイミングで
広告、マーケティング的な活用が一層拡大するというお話もあったようだ。

LTEとか、iコンシェルとか、モバイルARの話とか、話題に事欠きませんが、
広告・マーケティングに活用できるように焦らず、きちんと準備したいと思います。




MMC2010

昨晩は早めに帰って、よく寝る寝る寝る。
体調はかなり復帰。我ながら、強いと思う。
小、中、高と一回も学校を休んだ事ないからな〜(笑)

で、本題。本日は、MMC2010にて講演会。
いくつかの構成でまとめましたが、要点は下記。

*1:モバイル広告の歴史
 モバイル広告は1000億突破!したものの、まだまだ小さい。
 スマホの登場で拡大するはず。

*2:スマホの現況
 普及は予測されるが、まだまだ課題も多い。
 一番の課題はエコシステムの弱さ
 どれだけのアプリ、サイトが有料でビジネスになっているのだろうか?

*3:マクロトレンド
 今後5年、10年のスパンで考えたときに、
 スマホを単体で捉えてマーケティングを考えるのはナンセンス。

 PC後に登場した、ネットデバイスがケータイ。
 ここ10年間は2極化だったが、今後はターゲットオリエンティドに、
 むやみやたらと登場する。
 それらは、固有のUI、独自のサービスを有している。
 
 ケータイ、スマホ、タブレット、ネットブック、ノートPC、デスクトップPCなど
 デバイスジャンルの意味が限りなく薄れていくのが、これから。
 
 先端的なサービスは、既にデバイスを無視して提供されている。
 であれば、マーケティングする側=広告主側も、デバイスを無視し、
 統合デジタルマーケティングが必要である。
 
 一方で、らくらくホンの様なある一定規模の母数がある場合は
 特化したマーケティングも必要。

*4:ここ数年のスマホビジネス
 デバイスフラグメンテーションを起こしてしまっているスマホは、
 広告メディア、ツールとしては、まだまだ弱い。
 エコシステムとしてもまだまだ弱い。
 スマホが広告メディア、マーケティングツールとして、
 そのポテンシャルを発揮するには、産業に関わる関係者の
 「競争と協調」が必須である。


本来、マーケティングメソッドや理論を求めていた方々からすると、
少し違和感のある内容だったかもしれませんが、
今起こっている事象の整理が必要だと思ったので、
自分の頭の整理含めて、講演とさせていただきました。

ちなみに講演資料は、こちらです。

余談ですが、twitterって怖いですね。
講演を聴講してないtwitterで知った方から「講演資料ください」って連絡が(笑)

=======================
講演後は他の方の講演を聴講させていただきました。
面白かったコメントとしては、

*コカコーラの江端さん
「ケータイは、社内プレゼンに向いておらず、社内コンセンサスが取りにくかった。しかしタブレットやスマホの方が、社内プレゼンに向いており、意思決定を取りやすいのでは?」

*Jリーグの山下さん
「情熱とアイデアはコストがかからない」

最先端のネットサービスをマーケティングに活用している方の
コメントは秀逸ですな〜。

IMJの川合さんとモデレータの小川さんのコメントは
同業者なので、視点がかなり近い。皆考えている事は同じという事か?



これからの時代はまさに『No Wireless , No Marketing』。
『競争と協調』を各社としながらスマホ市場でも頑張りたいと思います。








明日はMMC2010

例年、藤田さんが行っていたMMCでの講演を、今回は僕が行う。

マーケティングのカンファレンスなので、事例やマーケティング法則などを
話そうかとも思ったが、スマホの登場によるマクロトレンドと、
スマホ市場に対しての期待と見解を、調査結果と推測を元に、話したいと思う。

少し熱っぽい。子供の風邪がうつったか?
明日の朝は早いので、今晩の飲みすぎに注意して、早く寝ようっと(笑)




profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM