2011年度新卒入社式

本日午前中は、新卒入社式。
脱落する事無く、9名の新卒を迎える事ができた。

大学でのテストを終えて、入社するまでの話を聞くと
マチュピチュに行ったり、24時間麻雀に取り組んだり、
コーラにメントスを入れたり?!して、学生生活を謳歌しつくしたようです。

しばらくは、丁稚奉公期間が続くと思いますが、
成長をあせる無く、基礎力を大事に、着実に一人前になってもらいたいと思います。

また本日付けで中途採用の方も数名入社。
都合、10数名の増員です。


一緒に楽しみながら、頑張りましょう!





2010年度お疲れさまでした。

本日で、2010年度は終わり。

社内の全体会議で、藤田前社長から僕への交代を周知してから丸1年。
早いものです。本当にあっという間だった。

2010年度は、個人、会社、日本すべてにおいて大変化があり
人生の中でも強く記憶に刻まれる年になった。

3月11日の2時46分を境に、
日本は劇的に変わり始めた。変わらざるを得なくなった。

地震→津波→原発→電力不足によって
製造業、物流業、エネルギー産業へのマイナスを引き起こし
過剰自粛による景気後退が目の前に迫ってきていると感じる。

被災地の復興には3年程度要するだろうし、
消費マインドの改善にも、数ヶ月の時間がかかるだろう。
マイナス面を見ると、きりがない・・・


で、あえて、今回の件をポジティブに考えてみる。
=======================
・家族や友達を意識する事が強くなった。
・節電を心がけるようになった。
・一駅歩こうとか、階段で上ろうとか、体を動かすきっかけになった。
・普通に食事をとれる事に感謝するようになった。
・たいした事無い事でも、感謝するようになった。
・大規模発電に頼らず、太陽光とか風力発電への需要が高まった。
・メディアからの多量情報から、取捨選択する力が上がった気がする。
・情報を得るだけではなく、「思考する重要性」を強く考えるようになった。
・昔よりも、人に優しく接する事ができる気がする。
・日本の結束力が上がった。


他にもいろいろありそうですが、一番のポジティブシンキングは
困難な時代、復興に向かう時代、大変革のタイミングで
社長を務めさせていただけるのはラッキーだ!!!



明日から2011年度。
気持ちを新たに、頑張りたいと思います。








過剰自粛は自粛しましょう!

震災後もできるだけランチミーティングや、会食を控えないようにしている。
可能な限り通常モードで過ごす。

で、ここ数週間に感じるのは「やっぱりお金が回ってない・・・」という事。
レストランは1週間休業すると、売り上げが25%も減る・・・。
客足がいつ戻るのか?食品を仕入れても客が来ないと、支払いだけ・・・。
歩合制給料のタクシーは、乗客数が少ないと給料が・・・。
ネイルやマッサージのお店は、開店休業。
ファッション業界は、全く売れず。
スーパー、デパートは時短営業で売上げ減、営業時間中も売り上げ延びず。

結果、キャッシュが自転車操業状態にあるサービス業の人は
店舗閉鎖や、給料大幅減に追い込まれるんじゃないかなと・・・。
そうなると負の連鎖が・・・。


「過剰自粛は自粛」しましょう!!
でないと、経済活動がどんどん弱くなってしまいます!!

経済活動が停滞すると支援する事が更にできなくなって、
マイナススパイラルになってしまいます!!

「過剰自粛は自粛」しましょう!!





政界コロシアム 〜キミが総理だ!〜

昨日から、ソーシャルゲーム 政界コロシアム 〜キミが総理だ!〜
開始しました。

D2Cがゲーム?と驚かれるかも知れませんが、僕も驚きです(笑)
D2Cは、広告、マーケティングを中心としたBtoBの事業を行うのが
基本だからです。

今回の事業は、ビジネスとして取り組みます。

が、それ以上に「ソーシャルで、何がどう動いているのか?」という
感覚を磨くというのも、大きな目的です。

CPさんの本業に深く手をだすわけではありませんので、
ご理解いただければと思います。

D2Cも勉強をし、広告主、広告会社の方々に
信頼されるサービスを提供し続けたいと思いますので、
ご指導のほどよろしくお願いいたします。








社員研修2010下期

本日、午後は恒例の社員研修。

僕が知らない事業アイデアも、本日聞く事ができた。
本部長からの指示が適切に機能しているという事で喜ばしい。

今回は12名受講でしたが、災害の関係で2名不参加。
全員無事卒業できました。
恒例の、記念撮影。

研修だけじゃなく、実務で活かしてください!








春の息吹@横浜

過剰自粛はせずに、横浜に。

しだれ桜が、少しだけ開花してました。

終わらない夜はない。必ず朝が来る。
終わらない冬はない。必ず春が来る。
終わらない不幸もない。必ず幸せが来る。


頑張るぞ日本!





電力不足どうするか?

凄く長期化しそうな電力不足ですが、
冬よりも夏の方が電力不足の方が、深刻でしょう。


で、いろいろ考えてみた。
■電力供給不足の量
 地震前  5200万キロワット
 地震直後 3100万キロワット
 3/24現在 3750万キロワット
 現時点での差分 1450万キロワット

 夏の想定は5500前後
 夏時点までに供給力を増やしてもらって、4500万キロワットになったと仮定すると・・・
 差分は1000万キロワットぐらい。

■不足分の補い方
 1カ所巨大発電ではなく、分散型電力創出による供給
 →太陽光パネル発電、風力発電を家庭に配置する

 ●太陽光パネル発電の場合
  住宅1軒あたりの平均発電量 3.81キロワット
  1000万キロワット÷3.81キロワットで・・・
  262万軒の屋上、屋根に設置すればOK!
 
  コストは1キロワットあたり65万円前後らしいので、
  6兆5000億円ぐらいでできる。

  政府財政緊急出動で、6兆円ぐらい発動して
  工務店などに頑張ってもらえば、なんとかならないかな?

  また、大量生産によるコスト削減で、3兆ぐらいに削減できるのでは?

  CO2削減効果も、高いはずだ。

 ●風力発電の場合
  小型機1機あたりで、1キロワットぐらいらしい。
  となると、1000万台設置すれば良い。

  コストは1台50万円と仮定して・・・
  5兆円ぐらい。

  こちらも大量生産コストによって、25万円=2.5兆円
  ぐらいに半減できるのでは?

  太陽光と同様にCO2削減効果は高いはず。


2020年にCO2を25%(1990年比)削減を掲げてしまっている日本ですが、
電力不足の補填案をきっかけに、上記ぐらい思い切った策を取らないと、
ダメなんじゃないかな?

東京電力に2兆円ぐらい投資するようですが、
せっかくならば、次世代社会に移るターニングポイントに使ってもらいたいです。


素人考えですが、自宅での太陽光パネルと風力発電の導入は
検討してみたいと思います。







Yell,Laugh&Peace

昨日昼に、沖縄国際映画祭のレッドカーペットに参加。

天気は曇り時々強風&雨・・・。
さすが吉本興行の芸人さんたちは、笑顔を絶やさすに、
レッドカーペットを歩ききっていました。

映画際自体の開催をあきらめようとも思ったようですが、
日本の元気を発信するのも重要なので、
「笑う、楽しむ」事を提供とする吉本興業としては踏ん張ったようです。

観光庁庁官からのコメントにもありますが、
今の日本に必要なのは、エール、笑いと平和(思いやり)です。

引きこもる事無く、過剰な自粛は手控えて、
心にゆとりを持ちながら前に進みましょう!


と、考えながら、昨日飛行機で羽田に戻る。
寒い・・・。


今日は小雨。雰囲気的にも明るいとは言えないな〜。
オフィス照明も電気を間引いて実施・・・。
五時前ですが、既に街中も暗い・・・。

東京タワーに灯がともるのはいつになるかな〜。













原発問題は中長期で冷静に。

沖縄の国際映画祭に参加。本日開催予定のレッドカーペットに参加し、夕刻戻る予定。

沖縄に居て、違和感を感じる事が数点。

いろんなイベントが休止や延期になっている。
やっていたとしてもチャリティ含みですが、
理由が「東日本大震災」の募金となっているのです・・・。


ホテルにてCNNなど海外メディアを観る。
彼らの興味は原発問題ですが、扱い方は「Japanクライシス」となっています・・・。


東京都民からすると、
岩手県、宮城県を中心とした広域災害で、千葉の液状化現象や
福島の原発が問題になっているわけですが、
「東日本」全体の災害ではないですし、「日本全国」の問題ではないわけです。

しかし、メディアが「東日本・・・」「Japan・・・」と
まくしたてる事により、風評被害が出ている。

これだと外資系の企業が大阪や福岡、香港やシンガポールにHQを移そうとするのも
無理は無いな〜と。

少し間違って伝わっている気がします。
もう少し冷静に確実に、視聴者を無理に煽らずに伝えてもらいたいと思います。


===========================
で、宝さんは、「原発問題を何で冷静に捉えているの?」と
知り合いからのメールが多いので、思い切ってブログにUPしようと思います。

専門家でもないですし、最終的な責任を取れと言われたらできませんが、
いくつかの視点で、「東京」であれば原発問題は直接被爆は関係なく、
食品などに含まれる放射能をどうやって回避するか?という間接被爆の問題を
中長期的な課題として冷静に対応するだけだなと思ってます。


●事象視点
 ・ヨウ素、セシウム、プルトニウムなどは重い。
  なので、飛散範囲は30kmと設定されている。
 ・米軍が退避範囲を80kmと独自設定しているが、
  アメリカの原子力専門家チームは、30kmで適切としている。
 ・リトルボーイ(広島原爆)は爆心地から周囲数キロは直接被害を出すものの
  四国の松山(25km)、岡山(130km)、神戸(250km)では
  有意な被害は観察されていない。
 ・リトルボーイの500倍と推計されるチェルノブイリでも30km圏内での被爆が基本。
 ・チェルノブイリから100kmのキエフ(現ウクライナ首都)でも
  有意な被爆は観察されていない。
 ・チェルノブイリは、原子炉運転中の事故だが、今回は原子炉停止、核廃棄段階事故。

●兵器視点
 ・戦争の兵器として最強は原子力爆弾、中性子爆弾。
 ・原子力爆弾においては200kmという超広範囲に
  直接殺傷能力を出せるものは存在しない。
 ・もし存在するなら、戦争用のミサイルとかで応用されるはず。

●人視点
 ・もし200kmも離れて直接被爆の影響が出そうなら、
  IAEAの専門家が来日し、東京に来るはずが無い。
 ・その他、様々な原子力、放射能に詳しい方は、
  東京の放送局に来ないで、即座に逃げているはず。



なんて、いろいろ考えます。

直接問題に関わった訳ではないですし、得た情報が間違っている可能性はありますが、
総合するに、「大丈夫なんじゃないかな?」と思っている次第です。


既に、牛乳や水、食品から通常基準よりも高い値の放射能が検出されているようで、
間接被爆の可能性は高まっていますが、東京から逃げたり、感情的に騒ぐよりも、
「中長期で冷静に対応する」のが最も効果的な原発問題への策だと思います。




PS:今晩から、東京に戻りますが、明日からは、可能な限り通常業務に戻さないと、
  3月の景気後退が4月5月と更に長期の影響になって、
  災害による直接被害よりも大きな経済影響になると心配してます・・・。

  経済活動を停めてはダメ!
  ビジネスマンは、働いて支援!





美ら島 Entertainment Conference

この週末から、吉本興業が取りまとめている沖縄国際映画祭に参加。

第3回目になる今回は震災の関係で、縮小して開催。
海外からのお客さんや、タレントの方々もおこしになれない方も多いようだ。

こんな時期に開催するなんて不謹慎だ!と言う方もいらっしゃるかも知れませんが、
「経済活動を停めない」のもビジネスマンとして必要な事だと思います。


そんな中、エンターテイメント業界が抱える課題について語る会
「美ら島 Entertainment Conference」 に創立委員として参加させていただきました。
広告ビジネスを基本とするD2Cですが、エンターテイメントの方向性が
ユーザに与えるインパクトは大きいため、こういった少し広義のビジネス接点がある
カンファレンスにも参加させていただく事にしました。

写真左から、吉本興業代表取締役社長 大崎さん
GCAサヴィアン代表取締役MD 加藤さん、インテル代表取締役社長 吉田さん
クォンタムリープ代表取締役社長 出井さん、僕、
TMI総合法律事務所パートナー 水戸さん。

いろいろな話がありましたが、かいつまんで言うと・・・。
・エンタメの定義は崩れつつある、新たな枠組みが必要。
・ネットデバイスは猛烈に普及する。
・エンタメ関連M&Aは増えざるを得ない。
・国際会計基準の導入は、エンタメ業界に大きなインパクトを与える。
・著作権のフェアユースが日本にも必要。
・プロが活躍できる領域が増えないと、ビジネス拡大しない。
など・・・、その分野の専門家が自分の領域からエンタメを捉えた話で
とても刺激的でした。



参加させていただくだけで光栄でしたが、議論に参加できたのは
もっと楽しかったです!


その後の懇親会にて、元ソニー社長の出井さんとかなり長く
話をさせていただきました。

「世界のソニー」に飛躍させた先輩方は懐が広いな〜。










profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM