東北地方太平洋沖地震

本日、2時46分、経営会議中に大地震発生。
免震構造のビルがゆっくりと長く揺れる。
ここまで揺れを感じるのは初めてだ。

向かいのビルも大きく揺れていた。
その後余震も続く為、経営会議は中止。
業務室に居る社員は、皆、階段にて降りて退避。
退避後に、部門ごとで安否確認。

社外にて打ち合わせをしているメンバーなども居たので、
全員の安否確認を取るまでには、2時間半程度要する。

オフィスにて、TVを見ると、被害が拡大し続けるのを
目の当たりに、現実感を失う。
津波が自動車を飲み込む、船が畑に、燃えさかるコンビナート・・・
まるで映画のワンシーンだ。

・業務は基本的に終了。
・社員の帰宅手段は問わず。
・徒歩の場合は、可能な限り複数人で。
・用意していた防災グッズを業務室に。
・コンビニで食品手配。
など、コーポレート中心に対策。

22時時点で、30名程度の社員がオフィスに残留。
道路もまったく動いてない・・・JRは全線復旧のめどが立たず、
移動手段がないため、開き直り?諦めて飲みにいった社員もいるようだ。
地震が続いているので、飲み過ぎなければ良いが・・・。


海外の友人から、安否確認メールが来る。
いくつかの会社から、数日間の業務停止メールが来る。
D2Cとしても、広告主、広告会社、媒体社に迷惑をかけたくないが、
すべては安全優先とさせていただきたいと思う。

記事を書いている途中も地震あり。
今回の群発性を見る限り、しばらく続きそう。
明日も、社員および親族の安否確認が必要。







Forbesの世界長者番付

Forbesが、世界の長者番付を発表した。

富豪の定義は、10億ドル(約830億円)以上の資産を保有していることですが、
1210人と過去最高の人数になったようです。

国別では、アメリカが413人。2位の中国は115人。3位のロシアは101人。
ちなみに日本は26人。経済規模からすると日本人の富豪は少ないね〜。

1位は、メキシコの富豪で通信会社を所有しているようです。
資産額は740億ドル=約6兆1230億円・・・。
こういう人は何するかというと「美術館」とかを造っちゃうんですね〜(笑)

日本の富豪のうち、直接面識があるのは3人。
拡大解釈すると5人だな。

日本人も国内事業に留まらなければ、100人以上輩出できると思うので
頑張らないとね〜。







Skype&Echofon

■Skype
欧米で広告を開始するようだ。当初は実験的みたいです。

ですが、通信インフラにただ乗りしているだけじゃなく、
広告ビジネスするって、どうなんでしょうね?


======================
■Echofon
iphone用twitterクライアントの有料版Echofonに

で、思うのは・・・
なんで、有料だと広告を入れてはならない。という発想が強いのか?
新聞、雑誌、CATVとか、有料ですが、広告入ってます。

当初から広告が入っていたら別だったのかも知れませんし、
もう少し丁寧にユーザに理解を得て行けば良かったのかも知れませんが・・・.

いずれにしても、ユーザ利用があって初めて広告媒体として成立するわけで
怒らせるのは良くないですが、広告が害悪みたいな論調は、広告屋からすると
寂しいな〜。


======================
広告の有益性もあるわけなので、有料VS無料広告モデルではなく
有料&広告モデルの両者共存を望みます!














へ?辞任ですか?

D2Cの営業担当者が、広告会社の担当者に対して
「これから、御社の窓口になります!」と挨拶をした半年後に
「いや、部下が少しミスしまして、申し訳ないので辞めます」と
辞めてしまった(と仮定する)。

相手はどう思うか?

======================
ドコモメディア担当者が、ドコモの担当者に対して
「これから一生懸命、いろんな協議させてもらいたいと思います!」と挨拶をした
半年後に、「まだスキルが足りないので・・・」と辞めてしまった(と仮定する)

相手はどう思うか?

======================
前原外相が辞任されたようだ。

外相として、ロシアとの北方4島協議、中国との尖閣諸島の件など、
いろいろ話す責任者です。

その人が挨拶をした半年後に、「辞任します」と。
理由は「政治と金」というお決まりのネタ。

相手はどう思うのか?

======================

そもそも国民は政治家にどんな人を求めているのか?
・清廉潔白な君子?
・国の未来を考えて、実行する人?

中学か高校に習いました。

民選からなる「衆議院」と華族や勅撰議員からなる「貴族院」という2院制の
帝国議会をベースに、現在の「衆議院」と「参議院」という2院制の国会に至る

また、選挙権利が納税額によって制限されていた選挙方法から
25歳以上の人であれば投票できる普通選挙に移行し、
20歳以上の男女であれば投票できる普通選挙に移行した。


簡単に言うと、
・投票する人は納税額が多い人→社会における上位層。
・選ばれる側は、食うには困らず社会に貢献できる立場の人。
だったのが、投票する側も選ばれる側も「一般化」が進んだわけです。

一般化が進んだ結果どうなるか?
・職業としての政治家が生まれやすい
・すべての事を理解していない政治家も多くなる。
・周辺の秘書もすべてを理解してない人が多くなる。
・投票する側も、投票基準があいまいになってしまっている。
・政治家が何を守るべき人なのか?よくわかっていない。


要は、選ぶシステムも選ばれるシステムもダメになってるんじゃないかな〜。

今、1票の格差問題も噴出しているし、衆議院偏重の2院政弊害もあると思うし、
政治家の質や、内閣がどうだとかごちゃごちゃ言うよりも、
日本の統治システムを刷新しないかぎり、対外諸国からみて
ダメなんじゃないかなと。

某格付け機関が、内閣が変わるような事があったら格付けを下げますとか行ってますが、
ようは日本の統治システムに対しての格付けなんだと思います。


今回の前原さんの辞任は、1事象でしかありませんが、
統治システムの抜本レベルまで、日本は来ている気がします。




※いくつか議論を端折っていますので、ご容赦。

 






富士急ハイランド&雪?!

日曜日は富士急ハイランドのトーマスランドへ。

一日中晴れてて、混雑もしておらず、快適。
花粉がひどい・・・。

乗るのは、お子様向けの乗り物ばかり・・・。
鉄骨番長とかドドンパとか乗りたいな〜。


で、月曜日。朝起きてびっくり。
雪?!

東京タワーも上方が良く見えません。

暖かい、寒い、花粉・・・。
体調管理に気をつけたいと思います。








【NO LIMIT】栗城くん講演会

本日、夕方に登山家の栗城くんを招いて社内セミナーを実施。

【NO LIMIT】自分を超える方法
と題して90分間講演してもらいました。
笑いあり、苦労ありの話に、皆、満足したようだ。

100名以上に参加してもらい、お招きした当人としては、ホッと一安心。

「挑戦し続ける事の大事さ」を感じてもらえたのではないかと思う。
栗城くん!本当にありがとう!
次のチャレンジも大変かもしれないが、生きてかえってこいよ!












ipad2のスマートカバー

ipad2が日本では25日に発売されるようだ。

突飛な事は何一つないかもしれないが、正当な進化を遂げているし、
スペック上は、飛躍的に進歩している。

最も気に入ったのが、スマートカバー。
ipad1向けに開発してくれないかな〜。
こういう発想が日本のメーカーには足りないんだろう。

うーん、買うかどうかは、迷いどころ・・・。
ipadで十分な気もするし、一つ飛ばしてipad3を待とうかな〜。











2011全体会議春&スマホベクター

本日、午前は、2011年度の事業計画を
全社員で共有する為の全体会議。

・2011年度をどのように捉えているのか?
・産業課題はなにか?
・D2Cで取り組める事、取り組むべき事はなにか?
・本部、部門での取り組み概要はどのようなものか?
・新しい取り組みについて、どう考えて実行していくのか?
などなど、10:00〜80分程度使って、説明。

概ね伝わったと感じています。
恒例の記念撮影。

==============================
また、全体会議でも周知し、本日リリースもさせていただきましたが、
スマホ周辺への取り組みを本格化させたいと思います。

従来のiモードビジネスから、スマートフォンやタブレットへの移植が期待される
環境にあって、そろそろ本格的に取り組む時期が来たかな〜と言う事です。

スマートフォンを媒体として捉えるのには、もう一段の普及が必要なので、
次期尚早と考えています。が、媒体取り次ぎビジネス以外でも
いろいろビジネスできるな〜と考え、横断的な組織を立ち上げる事にしました。

当初は37名という限られた人数ですが、数年後には全社員が「スマホベクター」
になっている事をイメージしています。

全社員一丸となって、取り組んで行きたいと思います。
















入学テストが公開質問に・・・

いくつかの大学入試問題が、実施中にWEB公開質問されるという事が起こった。

単なる愉快犯なのか?合格するための行動なのかは分かりません。
が、起こした人が、大学入学を目的にしてうまくもぐり込めたとしても、
その人は『人として不幸』だと思う。

最終的にテストは点数がでてしまうものです。
入学する=点数をクリアする事ができれば目的は達成できたと
感じているのかもしれません。

ですが、点数をクリアする為に、社会通念上おかしい行動をするのは、
「数値の目的化」そのものであり、何を目的にしているのか?全く理解できない。
そもそも何で大学に行くのか?。目的と目標を間違えた例と言わざるを得ない。

大学入学レベルでは、点数で表現できる程度の判断しか行われていません。
が、社会ではその人の持つ人間性や考え方など点数に表現できないところで
判断される事も多いと思います。

==========================
で、思うのは・・・
・社会では自分で知らない事、できない事を外部に委託するのは
 おかしい事ではありません。
・知らない方法を調べる方法としては、効率的な方法を活用しているのですが
 入学テストルール上では、ルール違反です。
・受験学生すべてが、こういった事をしているわけではないので、
 「今時の若者は・・・」というふうにとらえてはいけない。
・現在の大学入学テストルールが「生身の人間の脳」をリアルタイムテストしている
 となれば、ネットに繋がる携帯デバイスの持ち込みは
 禁止にせざるを得ないかもしれない。

==========================
一方、ネットを人間の脳に繋がる外部IFと捉えれば、
・ITリテラシーの高さを競う入学方法があっても良いのでは?
・WEB翻訳を使いこなせているか?とか、検索を使い切れているかどうか?とか・・・。

==========================
いずれにせよ、ネットを使う、使わないに関わらず
・人間性を観る「面接」行程を経るようにしないと、ダメでは?
なんて思いました。









今に止まり、不満を言うな。前に進んで、満足を語れ。

近くのお寺を横切ると、お言葉が掲示されていた。

経営学ではないですが、人生論ですな〜。

今日も花粉が強い・・・。











profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM