ザッポスの奇跡(石塚しのぶ氏)

ザッポスの奇跡 って、ご存知ですかね?業界では結構有名な書籍です。
本の中身は購入して、読んでください。

本日昼は、その著者の石塚しのぶ先生とのランチ打ち合わせ。
とても有意義なお話をきかせていただきました。

・アメリカがなぜ、新しいサービスを生み出し続けられるのか?
・日本の経営者の学ぶ姿勢が薄い事
・既存の会社はなぜプラットフォームの意識が薄いのか
など。

いつも思うが、著者の方って凄い。
膨大な情報量から、凝縮して本にまとめているわけです。

1時間30分の会食でしたが、あっという間でした。
また、何かの機会にお会いしたいと思います。
貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございました!

写真左から、僕、石塚しのぶ先生、平野敦士カール氏








クリスマス商戦

日曜日の昼、街中に出ると、子供がすぐに寝てしまった・・・。
ベビーカーで寝かしつけるのもかわいそうなので、自宅に戻る。
子供の昼寝中は写真の整理などをして過ごす。

その後、向かったのは六本木ミッドタウン。

写真の通り、クリスマス商戦って感じでした。
また、イルミネーションも開始していて、奇麗でした。



イルミネーションついでに、東京タワーにもよって、下から見上げる。
いつもとカラーリングが違うな〜。
世界糖尿病デーだったみたいです。

年に一度ピンクに染まる日は「乳がん早期発見啓発キャンペーン」です。
今後も、電波塔としての活用ではなく、ランドマークとしての
使い方が増えるんだろうな〜。

年々、イルミネーションや、クリスマス商戦が早まってませんかね?
なんて、消費者として感じてます。









WELCOME iAd!

先ほど、電通グループとAPPLEのiAdの提携がリリースされた。

やった〜
WELCOME!!!!!!!!!!!!!!

cciが実務を担う様なので、D2Cとしては少し残念ですが、
iAdの開始は、従来のモバイル広告市場に『クリエイティブ』の概念を
強烈に持ち込む事になる。

それにより、従来はモバイルに積極的ではなかった広告主も
「モバイル広告って、いろいろできるんだな〜」と、
可能性を再認識してくれるのではなかろうか?

いままで以上に、市場が活性化することを強く期待します!


====================
ちなみに、D2Cで下記URL持ってます。
http://iad.jp/

1999年当時の、D2Cの電通社内プロジェクト名は
その名もずばりiAD。

cci社長の長澤さん、D2C前社長の藤田さん、ドリルの原野さん
などと検討したわけです。

なので、D2C設立後に上記URLを取得して
テスト環境URLとして使ってました。

APPLEがiAdを発表したとき、猛烈にアクセスが来たので、利用目的を変えて
D2CのHPにリダイレクトさせちゃいました。今回もアクセス増えそうだな〜。


URLですが、電通にマージン1%とかで売ろうかな?(笑)


いずれにしても、WELCOME iAd !!!!!






最近いろいろ思う事

政治って難しいと思うので、偉そうに言えた身分ではありませんが、
最近の国政はどうなってるんでしょうかね?

1:借金増え過ぎじゃないですかね?
 平成21年度末に825兆円だったのが、平成22年度末で862兆円。
 1年間で37兆円の増加→1日で約1000億円の借金増加。 
 http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

2:子供手当とか議論してる場合なのだろうか?
 今年度の総額は2兆5000億円程度。中学生以下1万3000円なり。
 所得制限を設定し、手当金額を変額するとかしないとか・・・。
 3歳以下に限って2万円にすると、支払いが2500億円増加するとかしないとか・・・。
 1日1000億円の借金が増える国で、そんな事してる余裕あるのかな〜。

3:法人減税、実質増税、なんじゃそれ??
 法人税を減税する代わりに、課税する対象を増やして、
 実質の税金金額はトントンにする案。
 そもそも法人減税をする意味は何なんだろう?
 優良企業の日本への帰属?諸外国の優良企業の取り込み?
 http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/101103/fnc1011030131001-n1.htm

4:TPPに加盟するのかしないのか?
 環太平洋パートナーシップ協定に加盟するかしないか?は、
 国がどうやって外国とビジネスをしていくのか?という大きな政治判断。

 そもそもどの産業を強化していくのか?
 1次産業をどうするのか?2次産業をどうするのか?3次産業をどうするのか?
 1次、2次、3次産業すべてがIT化していく中で、どうするのか?
 国として大方針が決まってから、TPPをどうするのか?
 検討するのが普通なんじゃないでしょうかね〜。


いずれにしても、1日1000億円の借金が増える日本。
何に使うか?ではなく、何を止めるか?を徹底的に議論し、
どの産業で食べていくのか?どう雇用を増やすのか?
企業の利益増、個人の所得増加により、どうやって税収を増やすのか?
結果、国の借金を減らせるのか?

国が支払うのではなく、民間がビジネスを創出し、
社会に金が回る世の中にならないと駄目なんじゃないかな〜。

国が支払ってる限り、借金は減りませんからね〜。
なんて、つらつらと世の中について考えます。








「第2世代」スマホから早期の移行を望みます。

昨日、ドコモが冬春モデルを発表した。
スマートフォンもかなりの数を投入する。

=======================
日本での実際の登場は2006年の企業ユーザ向け
ブラックベリーが最初と言えるのではないか?
PC代わりの携帯機器としてスマホが登場したわけだ。

ブラックベリーではなく、スマホ登場をアップルのiphoneとした場合
2007年の発売当時から3G、3GS、iphone4と進化したものだけじゃなく
一般ユーザ向けブラックベリーも含めて、「第1世代」のスマホと言いたい。

=======================
ガラケーと揶揄されるが、世界的に見れば、日本の携帯はすべてスマホ。
ネットアクセスできて、メールが送受信できて、アプリをダウンロードできる。
フルブラウザも搭載されている。更には、赤外線も、ワンセグも入ってる。

「第1世代のスマホ」よりも、「機能」は豊富なわけです。
劣っていたのは「操作感」。APPLEの絶妙なUIに、やられてしまった。
「機能」で勝って「操作感」で負けた・・・。

=======================
今回から登場したスマホは「第2世代」

日本独自の赤外線機能やワンセグも搭載され、
高輝度ディスプレイや3D、更には防水なんて処理もされてる。

要は日本マーケットにローカライズされて提供されている。

赤外線やワンセグなど「昔できたのになんで?」という日本のユーザの疑問に
回答したわけだが、この改善により、結構な数のユーザがスマホに流れると思う。

ドコモの山田社長が示した2014年に1500万台(現ドコモユーザの30%)というのは、
フォーカスに入る数字と言えるだろう。

が、僕からするとまだ「第2世代」。何かが足りない。

=======================
現在のスマホの戦いは、キャリアの戦いに見えて
キャリアの戦いではない。

ネットワークオペレータとしての、ドコモは
圧倒的な優位性を持っている。優位性は、12月開始のLTEだ。
当初はデータ通信から開始するが、当然一般端末での対応が進む。

ドコモがKDDI、SBMなどと比較してネットワークで負ける事は想定できない。

現在のスマホ争いは、キャリアの争いに見えて、
実際に戦っているのは端末メーカだ。

APPLEという世界的なメーカと、日本メーカのどちらが、
ユーザからの支持を得られるのか?という争いだ。
ポータルやCPの事を考えているとは思えない。

現在は、僕からすれば「第2世代」のスマホ戦争。
早く「第3世代」のスマホに移行してもらいたい。

========================
「第3世代」スマホはどのようなものかって?

●サービス、端末、ネットワークすべてが整備され、
●メーカ、CP、キャリアすべてがビジネスとして成立する構造が整い、
●結果、ユーザに最もメリットがある環境。

→LTEのネットワーク環境で、
→処理速度が高く、メモリ容量も大きく日本独自の仕様も取り込んだ端末が普及し、
→SNS機能を取り込んだポータルは充実し、コンテンツ提供のCPも儲かっている。

そんなスマホ時代です。




現在のスマホは「第2世代」。
早く「第3世代」に移行してもらいたいと思います。







業際

業界と業界の際(きわ)にある「業際」を超えるのは、容易ではない。

i-modeは、垂直統合と揶揄されたが、現在目立っている企業は
垂直統合を行い、業際を超えようとしている企業ばかり。

amazonがキンドルを出したり、googleやfacebookが携帯端末を作ったり、
googleやappleがTVを提供したり、mixiとSBMの提携や
Rekoo(サンシャイン牧場)がKDDIと組んだり。
ドコモとエイベックスのBeeTVもそうかもしれない。

「業際」を超えるのは簡単ではない。が、今、世の中から求められているのは、
利便性を追求した「業際」を超えたモノなんだろうと思う。


D2Cにとっての「業際」は何だろう?
広告主、広告会社、媒体社が望む者は何だろう?
早めに壁を取っ払ってしまいたいと思います。







御殿場プレミアムアウトレット

土曜の早朝に成田到着。やっぱり良く寝れないな〜。帰宅後、寝る。
午後からは完全なオフ。家族サービスに徹する。

白飯と刺身とお味噌汁を食べる。
ベトナム料理も悪くないけど、日本食だな〜。



日曜は、御殿場プレミアムアウトレットに。

アウトレットに行って思うのは、「皆さん、たくさん買い物するな〜」と。
仕事でもプライベートでも大抵の「必須」なものは、そろってる。

なので、僕がアウトレットで購入するのは
「必須」ではない「あったら望ましいもの」が「たまたま安かったら」購入するぐらい。
なので、購入する時は50%オフでは心が動かず、80%オフとかです(笑)

購入しておいて何ですが、80%とかで利益がでるんですかね?
在庫として残すぐらいなら赤字でも現金化した方が良いんでしょうかね?
なんて、ついついビジネスを心配してしまいます・・・。

購入目的というよりも、デパートだとギャギャーやりにくい所を
買い物しながら、外で子供を走らせる場所みたいな感じで使ってます。

冠雪した富士山も奇麗でした。UPしておこう〜。



ハノイ

昨日、ホーチミンからハノイに移動。
飛行機で2時間かかる。ベトナムの国土が南北に長いことを改めて感じる。



打ち合わせの合間を使い、市内を歩く。
経済の発展を感じると共に、開発途上である事を強く感じる。
バイクが異常に多い、道路を逆走するバイクがいたり、
パワーケーブルが無数に伸びていたり・・・。



 



ベトナムは昔、漢字を使っていたのdが、現在は独自のローマ字表記になっている。
戦争の爪痕により、昔の文化との断絶が起こってしまったようです。

この銅像の人が、Ly氏。現在のベトナムの首都をハノイに遷都させた人。
1010年の遷都から今年で1000年。千年祭も開催されました。


国内のイベントに留まらず、
ASEAN2010がハノイで開催された事や世界銀行が経済発展著しいTOP10に
選出するなど、発展はしばらく停まりそうにありません。
20年後ぐらいには、オリンピックも開催されたりするんじゃないかな?


今回、初の訪越に際して、キャリアやCPとの打ち合わせを調整をしてくれた
電通アルファの方々にお礼します。ありがとうございました!

※左から電通アルファ ハノイ支社長山口氏、僕。
電通アルファ Quynh氏、Dung氏、D2C山口、中西。



PS:オーバーナイトフライトで、日本に早朝到着予定。
 良く寝れるとうれしいな〜。




ホーチミン

祝日を利用して、ベトナム視察。初のベトナムホーチミン入り。

深夜に空港到着。タクシーにてホテルへ。支払い時に、ボラれる・・・。
旅行客から無駄にお金を取ろうとするあたりは、まだまだ途上国感がある。

■人口:8800万人 60%程度が30歳以下の人口構成。
※10年内に1億人の大台を突破するだろう。

■携帯普及数:1億2000万SIMカード発行。
※50%程度の人口普及率と推測。

■2009年秋から3Gが開始。
====================

翌朝(日本祝日)、早朝から打ち合わせ。
海外での打ち合わせは通訳を挟むので、2倍時間がかかる・・・。

街中を移動すると、13年前に北京で感じた途上国感を感じる。
国際レベルのホテル建設ラッシュ。高級外車が販売好調。車よりもバイク。
その一方で、道路の陥没、路面外食、上下水道の整備不良、
無駄に座り込むおじさん・・・。





新聞では、Viettelという通信キャリアのインタビュー記事が掲載されている。
Q:3Gは本当に必要なんでしょうか?
A:3Gは、ユーザに生活の進化をもたらします!
みたいなやりとり。

1999年当時にも、日本で同じ議論が交わされたのを思い出す。
高速無線ネットワークに馴染んでしまうと、後戻りできないのは、
日本の人は体験している。

3Gの早期普及と2Gからのイミグレーションを期待。

===================
ホーチミンは経済首都、これから政治首都ハノイに移動。
現在、空港。1時間半の出発遅れ・・・。先は長いか?






新卒採用向け冊子

日本の大学生の内定率は70%を割っているようで、超就職氷河期。

D2Cは毎年10名程度の内定者だが、
2012年度は学卒採用を少し増やす事も検討した方が良いかもという話が
堀部人事部長からあった。

多少なら検討の余地があると思う。経営会議で議論しよう。

多くの学生にモバイル広告産業に興味をもってもらい、
D2Cに「入社したい」と思ってもらえる様に、冊子を作ろうと思う。
まだ300名も届かない規模なので、全社員に協力してもらおう!と思ってます。

センスよくまとめたいな〜。人事、広報、協力よろしく!












profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Affle

Wil

     

D2C

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM