D2Challenge2010

第3回目を迎える事業プランコンテストの「D2Challenge」
先ほど、一次審査が終わった。

で、明日、1次審査評価会議があるが、その前に思った事。

1:アイデアと事業は違う。
 アイデアがないと事業はできないと思われるが、
 アイデアがなくても、事業はできる。
 
 他人がやっている事業内容を、真似して
 より精緻に事業遂行すればできる。
 これはアイデアが不要な場合。

 だが、市場創出をミッションとして掲げるD2Cに求められるのは
 アイデアを伴う事業なんだと思う。

 
2:言うは易し、行うは難し。
 プレゼンにかかわる資料もそうだが、
 口頭で説明している事が「適切な資料になってない」ものがある。

 頭で100の事を考えていたとすると、口で話すのは10ぐらい。
 資料に落とせるのは1ぐらいにしかならない。

 それぐらい、頭で考えている事を、相手に伝わるように資料化し、
 コンセンサスを取っていくのは、難しいという事。

 さらにコンセンサスを取ったとしても、
 実行するには、さらに難しいという事だ。


応募は任意なので「応募してくれた事」に対しては労いたいと思う。
応募しないよりも、応募した方が良い。
また応募した人に改めて感じてもらいたいのは
「事業化して遂行し、成功するのがいかに難しいか?」という事だ。


============
将来的には、20%〜30%程度、起業家マインドをもった
メンバーがいる会社になる事を願いながら、今後も続けたいと思う。





お盆明けは、猛スピード。

先週は、すこしゆったりと。今日からは、仕事のスピードを上げます。


上期は好調で推移することができそう。これも社員や常駐している方々が頑張っているだけではなく、多くの広告主、広告会社、媒体社の皆様に支えられているからだ。ありがたいことです。


下期は政治動向、政策動向、経済動向含めて読めない部分がある。
柔軟に対応する事は重要だが「計画」をしっかりたてて、10月を待たずに9月からは下期のつもりでスピードをあげて事業を推進していきたいと思う。








自分があるのは、先祖のおかげ(お盆)

僕の実家は、300mしか離れていない。なので、毎年お盆は、妻の実家に。
といっても、埼玉なので、高速が混まなければ1時間程度、「帰省」している感じは乏しい。


自分があるのは、先祖のおかげ。

別の経営者向けセミナーでも説明があったのだが、
1代30年と考えて、10代ぐらいさかのぼると300年。
となると、2000名ぐらいの方のお世話になって、今の自分が存在しているわけだ。

お礼をしてもしつくせないな〜。

お参りと、花火で夏を感じるこの土日でした。









水は低きに流れる。

【水が低い方に流れるのは、極自然なこと。
人間も安易なほうに流されるものだ。だから努力をしないといけない】


これは、電通 第7営業局時代に、先輩がくれた言葉だが、
この間TV番組を見ていたら、ふっと登場した。


大元は、中国の客家に伝わる格言のようだ。
「水は低きに流れるが、人間は志高きに住め」



金言・格言・名言など、戒めたり、気付かせてくれたりする言葉は多数ある。
少しづつ書き溜めて行きたいと思う。


また、経営の神様と言われた松下幸之助さんの「一日一話」も役に立つ。
経営者ではなくとも、働き方も示していると思う。いろいろと使わせてもらおう。





ガラパゴス、ガラパゴスってうるさいな・・・

最近よく聞く「ガラパゴス化」という言葉は僕は好きではない。
オリジナリティあふれるユニークなガラパゴス諸島に失礼だと思うし、自虐的すぎる。
なんで、日本人は自分達に自信が持てないのだろうか?

で、参考になった記事2つ


後者の記事は、2008年末に書かれたものだが、状況は今も同じだろう。
世界から見た日本人の評価は高いのに、活かしきれてないと思う。


来月始めにシアトルで開催されるイベントにて講演する。
内容は、日本のモバイル広告・マーケティング市場の現状と今後。

通信業界の先輩方を差し置いて、話をさせていただくが、
それぐらい「ガラパゴス化」した日本市場に興味が高いと言う事だ。
いかに日本人が自虐的に「ガラパゴス」と自分たちで言っているのかが伺える。


世界を相手にした日本の先輩方に負けないよう頑張りたい。




お父さん業って大変・・・

D2Cは、結婚&出産など、おめでたい事が最近多い。
そういったご縁があるのも、そもそも両親が自分を産んでくれたからだ!
それを忘れてはいけないな〜と感じている。
子供が産まれてから少し考えが改まり始めました(汗)

=====
月曜日は子供の誕生日だったのでお休みをもらい都合3連休に。

土曜は両親を呼んで誕生日会。
出張から戻った当日なので、少し疲れた・・・。親が喜んでいたので、面目躍如。

日曜は河口湖に泊まりに。
高速はそれほど渋滞してなかったので助かった〜。
温泉入って、食事して、9時には就寝。Zzz Zzz

月曜は富士急ハイランド!といいつつ「機関車トーマスランド」へ。
子供がトーマスのキャラクターを全部覚えていて、あれは何だ、これは何だと
拙いながら一生懸命言う訳です・・・。うーん、わからない・・・。
子育てって大変ね・・・お父さん業って大変・・・仕事の方が楽・・・。

世の中のお母さん、頑張ってるんだな〜。
うちのママチームも、両立頑張ってるんだろうな〜。
イクメンはいるのかな?いないのかな?
会社の成長に合わせ、育児支援策なども本格検討していかないと駄目だろう。


体力的には少し大変でしたが、頭は切り替わって、リフレッシュできました。
お盆休み期間中はゆったりできるので、頭の整理に使いたいとおもいます。



PS:そういえば、営業推進部の磯部長は、
 富士急ハイランドのアトラクションを昔々作っていたそうな・・・。




世界の「工場」から「消費大国」へ

中国に初めて訪問したのは1997年。今から13年以上前。
ドコモが北京での通信イベントに出展するのに伴いアシスタントとして初訪中。
以来、何度足を運んだだろうか?

初訪中時の中国のイメージはまさしく「発展途上国」。
発展途上といっても、かなり進んだ方だったが、それでも「世界の工場」。
低賃金を武器とした労働力供給基地。
国力を成長させようとインフラ整備に励んでいた感じ。

それが今ではどうなったか?下記の写真は北京と上海。

銀座に押し寄せる大量の中国人観光客。
世界のメーカーが黒字になるほど強力な購買力など、
既に「消費大国」に生まれ変わっている。

携帯電話は7億台。モバイル広告市場は、まだまだこれから。
焦る事なく、チャンスを狙いたい。





中国Mobile Marketing Seminar2010

今回のメインタスクは、Madhouseが実施している
モバイルマーケティングセミナーに協力すること。
北京、上海2都市で開催されている会には、いずれも約100名程度が参加。
日本と比較すると、まだまだ小さな市場だが、確実にのびていきそうである。

D2Cと日本の事を説明したのは、レップ本部の王。26歳。
昨年は、国際担当の呉、おととしは篠崎営業推進本部長がプレゼンター。

いつも元気な王も、100名の前でのプレゼンは緊張しているようだ。
僕も初めての説明会では緊張したな〜。
改善ポイントがいくつかあったので、指導しなくては・・・。

で、関係者と会食。たまたま訪中していたHyper Factory(本社NY)のHowardも参加。アメリカでのiAdの状況や、中国でのGoogleの動向など、世界中モバイル広告に関わる人の関心ごとは同じ。
写真左から王(D2C)、Howard(NYのモバイル広告会社)、Joshua(MH社CEO)、僕。
呉(D2C)、Nelson(MH社CTO)、Sydney(MH)、Dan(MH社COO)。

MH社もD2Cが実施している広告大賞を今年から開始する。
皆で協力して、中国のモバイル広告市場を開拓していければと改めて思う。






羽田空港

今から北京ヘ。今回は羽田空港から向う。国際線が飛ぶのはうれしいが、すでに施設がキャパオーバーだ。人が溢れている。10月には、新しくなるので、それまで辛抱。

増床しました。

更なる拡大に向けて増床をした。
といっても、内部を作り込むのは、もう少し先。とりあえず、会議室にして使う。

売上を上げていく事も重要だが、コストを下げていく事も重要。
今回はコーポレート部門が頑張って、よりリーズナブルに更改。
その結果、増床が可能になりました。

ちなみに、景色はこんな感じ。
上海、北京、ドバイなど建設ラッシュの都市と比較すると、東京の空気はとても奇麗。
夏なのに、早朝だと空気が澄んでいて、富士山も見えたりします。


話は変わるが、営業推進本部の部員3名が骨折したらしい・・・。
階段を転んで・・・とか、ボールを投げて・・・とか。
仕事ばかりしすぎか?「厄払い」が必要か!?(笑)
N村、I藤、O澤 早く直してね!



パソコンばかり見てないで、たまには外を見てリフレッシュ!
健康に気をつけましょう!!








profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM