6000人の採用か〜凄いな〜

グーグルが6000人ぐらい採用するらしい。

凄いな〜。

昔だったら、銀行や自動車産業などが雇用吸収力があったのだが
インターネット時代は、新興とされていた企業が雇用を生み出すわけです。

25%程度の従業員が増加するようですが、
企業文化の維持養成とかって、どうしてるのかな〜。






大卒内定率悪化していますが、何か?

僕は平成7年入社なので、バブル崩壊後の入社。

先輩が暢気に就職活動をしていたら軒並み落とされているのを見ていたので、
早めに就職活動対策を立てた。大卒内定率は80%程度だろう。

僕の友人は、就職浪人を選ぶ人も居たが、海外に新天地を求める人も居た。

戦前はどうだったんだろう?
開国前はどうだったんだろう?

古今東西、自分の生まれた国で仕事に着けないならば、
新天地を求めて、国外に行くというのは普通の事なのではなかろうか?


今年は68.8%という数字で、平成8年以降最悪と言われているようだ。
他の国を見てみれば、もっと悪いところもあるんじゃないかな〜。

また、率ではなく実数で言えば、もっとひどい時もあったんじゃないかな?

=======================
六本木に、飲みに行く。
世界各国からいろんな人がきているので、少し話す。

Q:何故日本に来たの?
A:日本には仕事があるから

Q:日本語はどうやって学んだの?
A:日本に来てから、日本語学校に行ったり、日本人の友達作って学んだ

Q:どのくらいの期間で勉強したの?
A:大体3ヶ月ぐらいかな〜。


日本には仕事があるんじゃなかろうか?

来日している人は、タフだな〜。

日本人にはハングリー精神が足りなくなり始めてるのかな〜。

=======================

既卒者を新卒者と扱うようにする企業も増えているというのは
限られた採用枠を取り合っているだけ。

内向きな競争の激化でしかないと思います。


日本国内だけ見て、内向きに解決策を模索するだけではなく
「日本人の優秀な学生を、世界中に紹介する!」ぐらいの心構えを持って
国レベルでアクションを起こす時なのではないのかな?
なんて思います。


と言いつつ・・・
「大卒内定率が悪化していますが、何か?」と開き直るつもりはない。
根本的な課題である「雇用の増大」に経営者として努力したいと思います。








最近流行の「伊達直人」

最近やけに聞く伊達直人=善意の寄付ですが、
「寄付活動が増える」のは良い事だと思います。

が、置き逃げと言うと言い過ぎですが、手法としてはどうなんでしょうか?

・自分の身勝手な押しつけ善意ではないか?
・何故、素直に寄付ができないのか?
・受取る側も「モノ以外」に困っている事があるのではないでしょうか?

寄付行為自体を否定している訳ではありませんが、
表立って普通に「寄付」した方が、世の中に良い活動として
きちんと定着すると思います。


適切な寄付行為が社会に根付く事を切に願います。







最近思う事

本日から、仕事始め。先ほど年頭の挨拶を終わらせ、業務に戻る。

本日のブログは、年末から年始にかけて思った事。

●法人税減税5%決定は素晴らしい!
 雇用と給与に回れば、もっと素晴らしいが、どうなりますかね?

●新知事に期待。
 石原さんの都政は意思がはっきりしていて良かったと思っていますが、
 東国原さんや蓮舫さんが都知事選にでるかどうか?わかりませんが、
 出馬するなら、頑張ってほしいと思います。
 
●モバゲーやGreeの広告表現トーンが下がったな〜
 年末年始に大量出稿されていたTVCMですが、「無料」表記がとれましたね。
 新しいサービスが根付くときに、一般に普及する過程で起こる
 コミュニケーションギャップを解消する上では必要かもしれません。

 携帯も普及期には「マナー問題」とか「もっと分かり易く教えて」とか
 社会に根付く過程で、いろいろと議論されたものです。

●ステークホルダー資本主義の再来に拍手
 株主優先の資本主義のお手本が90年代〜2000年代後半のアメリカであったとしたら、
 リーマンショック以降の反省に基づいて、株主だけではなく、株主を含んだ
 ステークホルダー全てが丸く収まる資本主義が再来するんだと思います。

●国家資本主義とか保護主義に反対
 2012年に迎える、世界各国のリーダーチェンジは、大きな転換点だと思います。
 その前の選挙を控えた年だと考えると、国家資本主義的な考えや、
 保護主義が台頭すると思いますが、気をつけないと世界平和を脅かすのでは
 ないでしょうか?

●日本って素晴らしいな〜
 市場としての日本の魅力は減っているかも知れませんが、
 「ホスピタリティの高さ」「技術力の高さ」「新たなモノを創造する力」は、
 やはり目を見張るものがある。
 悲観的視点ではなく、楽観的視点でいろいろと語られて欲しいと思います。



身勝手な思いもありますが、宝珠山の勝手な視点という事でご容赦。



















最近いろいろ思う事

最近思った事を、つらつらと書いておこう。


1:政党を選んだのは誰だろう?
 アメリカも日本も政治で悩んでいる。
 ちょっとした事で周りががやがや言い過ぎなのではなかろうか?
 結果、本当にやらねばならない事に注力できず、表舞台から消えていく。

 アメリカで熱狂的にオバマ氏を選んだのは誰?
 日本で民主党を選んだのは誰?

 政党支持率が急上昇を急降下を繰り返していたら、
 まとまるものもまとまらなくなるのではなかろうか・・・。

 選んだ責任は誰なんだろう?
 もう少し長い目で見てあげた方が良いのではないだろうか?


2:OSって日本で取り組まなくて良いのかな?
 最近ウェブやアプリの方が、注目されている気がする。
 ユーザに直接わかりやすいからだろう。

 しかし、今朝の新聞記事で、OSのバージョンUPができなかった結果、
 サービスの更新もできなかったと書かれていた。

 得意でないかも知れないですが、誰かOSレイヤーのビジネスに
 より積極的に取り組んだら良いのではないでしょうか?
 ※たくさんの方が取り組んでいると思うのですが、、、スミマセン。

 簡単に言ってしまってますが、土台や基礎が壊れれば、すべて壊れる。
 「土台や基礎を、もっと大切」にという基本的な考えだと思ってます。


3:スカイプ普及したら、誰がインフラを引くリスクを取ってくれるのだろうか?
 無料通話ができるスカイプですが、まさに禁断のアプリ。
 TV-CMでも流れてますが、ユーザが無料で使い、短期的な利便性は
 高まるかもしれない。が、多額のインフラ投資を必要とする通信キャリアが
 適切な利益が出なくなり、インフラの保守メンテだけじゃなく、
 次期インフラに投資できなくなったら、結果、ユーザ利便性は下がるのでは?

 
4:ストライキなんて検討している場合なんだろうか?
 クライアントだったりもするので、言いにくいですが、個人として。

 某航空会社のキャビンアテンダントが所属する「一部の組織」が、
 12月下旬にストライキを計画しているとか・・・。

 整理解雇の撤回を求めているようですが、「ほぼ破綻してしまった」という
 現実をなぜ受け入れないのか?他の企業であれば、給与なんて支払われないし、
 全員即刻無職になるんだろう。
 
 それでも、業務があるのは事業の特殊性があるからですが、
 事業が遂行できているのは、事実上の国の担保=税金があるからです。

 当然、ほとんどの人は理解されているだろうし、LLCが台頭する厳しい中、
 改善・改良を繰り返し、再建への道を歩んでいるんだと思う。
 僕は少しでも応援したいと思っています。

 「一部の組織」は対「会社」としてストを考えているのかもしれないが、
 世の中、それほど甘くない。
 実際は「一部の組織を含む会社」対「社会」の構図です。
 

 一方、会社側には、整理解雇に及ばない様な策を求めたいところですが、
 万策尽きたという事なんでしょうか。

 雇用を維持するのも、会社の努めだとも考えます。
 雇用がなければ、給与がなく、消費も伸びない。結果経済の活性化は遠のく。

 「会社」対「社会」の構図にならないよう、
 「一部の組織を含む会社内部」の納得いく整理を望みます。




※できるだけ、言葉に注意していますが、言葉足らずであったり、
 不適切な表現の場合など、真意が伝わりきってない場合がありますが、
 ご容赦ください。



 
 

 
 

早いもんで、もうすぐ12月

早いもんで、もうすぐ12月。
空気もキリッと冷たくなってきたし、都心でも紅葉が進んでます。



既に忘年会もスタートしてますが、飲み過ぎに注意しながら
頑張りたいと思います。




最近いろいろ思う事

政治って難しいと思うので、偉そうに言えた身分ではありませんが、
最近の国政はどうなってるんでしょうかね?

1:借金増え過ぎじゃないですかね?
 平成21年度末に825兆円だったのが、平成22年度末で862兆円。
 1年間で37兆円の増加→1日で約1000億円の借金増加。 
 http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

2:子供手当とか議論してる場合なのだろうか?
 今年度の総額は2兆5000億円程度。中学生以下1万3000円なり。
 所得制限を設定し、手当金額を変額するとかしないとか・・・。
 3歳以下に限って2万円にすると、支払いが2500億円増加するとかしないとか・・・。
 1日1000億円の借金が増える国で、そんな事してる余裕あるのかな〜。

3:法人減税、実質増税、なんじゃそれ??
 法人税を減税する代わりに、課税する対象を増やして、
 実質の税金金額はトントンにする案。
 そもそも法人減税をする意味は何なんだろう?
 優良企業の日本への帰属?諸外国の優良企業の取り込み?
 http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/101103/fnc1011030131001-n1.htm

4:TPPに加盟するのかしないのか?
 環太平洋パートナーシップ協定に加盟するかしないか?は、
 国がどうやって外国とビジネスをしていくのか?という大きな政治判断。

 そもそもどの産業を強化していくのか?
 1次産業をどうするのか?2次産業をどうするのか?3次産業をどうするのか?
 1次、2次、3次産業すべてがIT化していく中で、どうするのか?
 国として大方針が決まってから、TPPをどうするのか?
 検討するのが普通なんじゃないでしょうかね〜。


いずれにしても、1日1000億円の借金が増える日本。
何に使うか?ではなく、何を止めるか?を徹底的に議論し、
どの産業で食べていくのか?どう雇用を増やすのか?
企業の利益増、個人の所得増加により、どうやって税収を増やすのか?
結果、国の借金を減らせるのか?

国が支払うのではなく、民間がビジネスを創出し、
社会に金が回る世の中にならないと駄目なんじゃないかな〜。

国が支払ってる限り、借金は減りませんからね〜。
なんて、つらつらと世の中について考えます。








69億と53億

国連での人口推計は、2010年で、約69億人。
1位は中国、2位インド。日本は10位で、人口減。

1950年頃が25億人で、僕が産まれた1972年だと39億人。
38年間で、30億人も人口が増えたという事。

なので、レアアースだけじゃなく、水も食料も足りなくなる訳です。
=================
年末の携帯契約件数は約53億。

第3世代携帯は143ヶ国で提供されており、
2Gから3Gへの移行も順調に伸展。年内には9億4000万件に達する模様。

『No Wireless, No Marketing』になる日は遠くないと信じてます。











ビジネスジェットで遅れをとる日本

猪瀬直樹氏の記事が面白かったので、ブログUP.

『ビジネスジェットで遅れを取る日本の空港』
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20101018/248756/

グローバルビジネスが進むに従い、ビジネスジェットの台数は増えている。
にもかかわらず、日本だけ、前年比マイナス。

で、起こるのが、
・国際会議は、日本では開催しない。
・日本で、ビジネスをしない。
とか・・・。

さらに問題は、ビジネスジェットの受け入れ態勢が、全くできてない。
何の為の、ビジネスジェットなのか?

僕はそこまで忙しくないし、ビジネスジェットの必要性も感じてないが、
数兆円のビジネスをまかされている企業TOPの1分間は、
数百万の価値があるはずだ。

そういう層を受け入れていく事ができなければ、
市場としての魅力が薄れていく中で、日本離れは加速するのではなかろうか?

ちょっとしたことなんですが、改良・改善に時間が掛かる・・・。
政治にもビジネス感覚が必要だと強く思う今日この頃。












猛暑の中、日本はどこへ?

猛暑が続く。明治31年の統計開始以降、もっとも暑い夏となっているようだ。
スーツって、日本の夏の仕事着として、あってないんじゃないかな〜なんて思うな〜。

で、本題。
民主党の代表選挙が繰り広げられている。
小沢さん、管さんのどちらになっても、選挙後の民主党は党として、
まとまっている事はできないのでは?と誰もが思っているだろう。

要は政界再編はさけられないのではなかろうか?
代表選挙と同時に、政界再編も早く決着してもらい、政策を実行を強く願います。







profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM