夏野さん

夏野さんと話す機会があった。

ドコモを退職した後のメインは慶応大学の教授や
ニコニコ動画の黒字化担当などとなっているが、それ以外にもいろいろやっている様子。
W3Cのボードメンバーも務めている。

最近では、フジTVの「とくダネ」にコメンテーターとして登場したり書籍なども積極的に出している。

ご存知の通り、iモードのエコシステムを創り上げた一人だが、
その夏野さんから見た現在のスマートフォンについて意見をもらう。
「普及している台数のわりには、課金総額が少ない。要はエコシステムとして弱い。」

当然ながら見解は、僕も一緒。

過去に戻ろうなんて言う気はさらさらないが、
スマホはもう少しエコシステムを意識しないと「誰も儲からない市場」になりそうだな〜。


数年前までは、D2Cの非常勤「無給」代表取締役だったなんて贅沢な話だな〜(笑)
今後も気楽に相談をさせてもらいたいと思います。








ソーシャルゲームにおけるベンダーの囲い込みについて

小学生の後半から中学生の頃はファミコンブームで、ゲームばかりしていた。

その後PSとか出てきて「あのゲームは、このプラットフォームでないとできません!」みたいなゲームの取り合いがあったのを記憶している。

それと同じ事が、DeNAとGREEの間で繰り広げられている。
プラットフォームの優位性をゲームの取り揃えで争っている訳だ。

競争の原理から言えば、当然の想定される事。


D2Cとしては、コメントする立場にはないですが・・・
ユーザを囲い込むというよりも、様々な競争を通じて
ユーザを拡大させる方向に向かってほしいな〜と思ってます。















Mobile Equity2010

日本ブランド戦略研究所が「Mobile Equity2010」を発表した。


視聴動向を定点情報として観測し、モバイルサイトに求められる役割を明確化し、閲覧後の商品認知やコンバージョンの視点からサイトの事業貢献度を明らかにする目的で調査されている。


それによると、日本マクドナルドのサイト価値は137億円。
次が日本コカコーラの66億円と続いていく。

調査対象の社名を見ていくとD2Cでお手伝いをさせていただいているサイトもいくつかあるな〜。



まだまだモバイルサイトを構築してない会社も多いですが、
モバイルサイトをベースにして、スマートフォン向けサイト対応を
検討する企業は確実に増加するはず。


モバイルコンテンツとコマースで約1兆5000億円の直接売上規模があり
今回の様な一般企業のサイト価値=マーケティングバリューを足せば、
2兆円ぐらいのインパクトは有るという事だろう。


まだまだ伸びるはず、伸ばせるはずなので、
D2Cも「サイト価値」を意識しながらソリューション分野でも頑張りたいと思う!





フラッシュマーケティング

最近「フラッシュマーケティング」なる用語が良く語られる気がする。
少なくとも、僕の周りで聞く機会は増えた。


正式な意味や定義があるのかわからない。
が、僕が一言で説明するとすれば「限定・時限セール」ってことかなと。
概念自体は目新しくないんだと思う。

例えば・・・
・TV通販で「今から2時間、100台のみ!」
・会員に対して「会員限定!50%オフ!」
・モバイルのメール会員に「限定10セット、DVDボックス」とか。


モバイルでのフラッシュマーケティングの先駆けって、TSUTAYAだと記憶してます。
店頭で売れないDVDボックスをモバイル会員にメール告知し、一気に販売したという事例です。

モバイルメールの一斉同報性が高かったのは遥か昔。
ブログやTwitterなどにより、メールと比較にならないほど同時性が高まっているのが今。

要はネット環境、デバイス、サービスの革新により「同時性を伴う、限定・時限セール」=フラッシュマーケティングの可能性が、高まっているんだと思います。

なので、従来の様な「モノ」だけではなく「旅館」、「チケット」、「クーポン」など
同時販売というのが馴染まなかった商材も、取り扱われるようになっているのだと思います。改めて、ネットって凄いな〜と素直に感じてます。
この周辺でのビジネス拡大は進むだろうな〜。


============

一方で、安易なフラッシュマーケティングの多用は、利用企業側の長期的ビジネス破壊も起こすんだろうな〜と予測してます。
消費者やユーザは「どうせ、直近になれば限定にして時限セールするんでしょ!?」って。



古くて新しい「限定・時限セール」どうなっていくでしょうね〜。
売上の縮小均衡にしか向かわないはず・・・雇用しなくなる・・・さらに消費者が安値を求める・・・デフレスパイラルしか産まない気がするな〜。少し心配。







ドコモも海外パケ放題!

あまりリリースや派手なニュースにもなってないが、これは凄い!
9月1日から2011年3月31日までは、日額最大1480円の海外パケ放題。
いくつか注意事項はあるものの、海外キャリアとよく交渉したな〜。

現時点でのエリアは24カ国。
日本人が良く行くエリアはほぼカバーしてると言うといいすぎか?

バッファローの無線wifiルータもそうですが「派手な展開」はしないものの
「着実」にユーザに必要なサービスを提供しているのは、さすがドコモ。






Xi(クロッシィ)

昨晩は、SPIREの早川社長、山下執行役員と会食。
本間君に同席してもらい、市場課題などを話し合う。

以前LTEに関する記事を書いたが、
もう少し利用イメージが湧く情報がドコモからリリースされた。
ネットワークのサービス名はXi(クロッシィ)。

Xiの普及により、ワイヤレス機器が更に生活に浸透していく。
どうやって広告・マーケティングに応用できるか?

D2Cがやるべき事は多い。




勉強会の後は、交流会

まじめな経営論の勉強会の後に、社長の方々と一緒に、ミスユニバース日本代表の壮行会に顔を出す。「とりあへず、顔を出す」というのが重要なわけだ。

ム.jpg
日本代表の板井さんとか、2010年度ファイナリストとか、
地区予選を勝ち上がったあたりから見させてもらっていますが、
「人は変わるんだ!」って痛感させられてます。

セミファイナルから残って以降、素人があっという間に、プロになってる。

2010年の板井さんは、元大分市役所の人ですが、今回見たらオーラが増してた(笑)
少し細すぎるので、世界大会でどの程度までいけるか微妙な感じですが、
アジアンビューティ目指して、頑張ってもらいたいもんです。


仕事も遊びも?!一生懸命な1日でした〜(笑)








勉強会

話す機会はあっても、お話を伺う機会と言うのは、減って行くものである。 
なので、時間が許す限り、いろんな方の話しを伺うようにしている。

本日の夕方はFUNAIキャピタルアドバイザリー 代表取締役会長 平林氏の話し。 
タイトルは「今後10年間 明るく、楽しく、元気に、利益をあげ続けるコツ」。 

日本の法人のうち、利益を出している企業は約30%。
上場している企業は、0,1%。
10周年を、迎えられる企業は、約6%。
50周年だと、1%以下。 

企業経営は難しいと言う事だ・・・。
いろんな視点で、アドバイスを頂けたと思うが、ここには書けない。
講演会=オフレコならではの、面白さがあった。

経営者の先輩方と交流して、着実に右肩上がりでいける様に、頑張りたいと思う。

中国語研修

D2Cは、2020年に国外での売上/利益比率を50%にしたいと
野心・野望を持ってます。

とはいいつつも、人、モノ、金があるわけじゃない・・・。
いろいろ戦略は考えてますが・・・
「基礎の基礎」ということで、有志で集まって開始したのが、語学研修。

毎週、火・木の朝8:30〜10:00に中国語研修です!
R0018735.JPG
写真左から、川崎、山口、杉本、西井先生、渡辺、藤田、糸井、西村、近衛、毛利
写真にいないが、大良と僕も受講します。

中国語検定 準4級を目指して頑張るぞ!


英語もやらないと(笑)




新吉本興行お披露目会

 昨晩の夜は、『新』吉本興行のお披露目会に、少しだけ顔を出す。

プリンスタワーのバンケットを全スパン借り切って行っているのは流石!。
来場者数も凄い人数。ベンチャーのパーティとはひと味違う。

司会は、今田さんと友近さん。ゴールデンタイムな感じです。

大崎社長の挨拶に続き、今後の吉本を考えている人がご説明。
国内外で、さらに積極的に攻めて行くいく感じ。

2012年に100年を迎えられるそうですが、
『何か新しいビジネス』をご一緒できないかな〜なんて、考える夜でした。





profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM