ART DMP拡張

D2C−Rのリリース。

http://www.d2c.co.jp/news/2017/03/03/1709/

 

そもそもART DMPとは

広告効果を測定するデータ基盤です。

 

これまでは、広告効果測定ツールを提供している

adjust、AppsFlyer、TUNEの3社と提供していましたが、

今回新たにAdStore Spp Tracking、Force Operation X、

Metaps Analyticsと提携し、国内外を問わず、

多くの広告主にご利用いただける状況になりました。

 

 

既に100以上のアプリに導入され、

アプリデベロッパーを中心に利用が進んでいますが、

今回の提携拡大により、よりいっそうの活用が見込まれます。

 

ぜひ、ご活用いただければと思います。

 

 

 

 


2017年度 事業計画策定開始

年もあけて一ヶ月。

 

そろそろ4月からの2017年度事業計画の策定に。

一ヶ月ぐらいかけて調整していくことになりますが、

継続的な成長だけに頼らずに、どうやって非連続の成長を行うか?というのは

僕の中にずっとある課題。


=============================

経営者向けに叱咤激励するレターをいただいた中に、

「コンフォートゾーンから出ろ」と、良い言葉が。

 

「コンフォートゾーン」とは「居心地の良い範囲」の事。

 

人は居心地の良いところを見つけると、

なかなかそこをでないもので、

そもそも脳がそういう風にできている。

成長する為には、意識的に脱する努力をしなくてはいけない。

てな事です。

 

会社で言えば、居心地の良い事業領域をみつけると

そこ以外に拡げようとしないことって事かと。

 

簡単に言えば、「ゆでガエル」です。

 

 

「コンフォートゾーン」を抜ける努力。と同時に、

突飛、突発、偶然ではなく必然を持って何か起こしたいです。

が、実際は難しいですな〜(笑)

なので、ずっと課題として持ち、改善を続けて行こう。

 

 

 

 

 


D2Cグループ全社忘年会@D2Cホール

本日は、D2Cグループ全社の忘年会。

 

こういう時に自社ホールがあると、大変、都合が良いです(笑)

 

300名以上集まると、熱気が違いますね。

 

来年度の学卒入社予定のメンバーを紹介したり、

毎年恒例D−1グランプリがあったり、大抽選会があったりと

終始和気あいあいな会でした。

 

D2Cグループの全社忘年会は、いつも早めですが、

それは、部門やチーム、社外の方々など、より近しく働いている人々との集まりや

いつもサポートしてくれている家族との時間を優先してもらいたいからです。

 

忘年会も「明るく、楽しく、厳しく!」

お疲れさまでした!

 

 

 

 


祝!長城賞グランプリ!@上海

日本人には聞き慣れない広告賞ですが、

中国では、その名が指す通り最大の広告賞です。

 

長城賞に選ばれるには、アイディアと表現そのものが審査され

10作品程度選出されます。それだけでも誇らしい事ですが、

グランプリはその作品群の中で、一番に選ばれるという事。

 

チャンスを頂いた広告主は「C&A」というベルギー拠点のアパレルメーカー。

代理店は北京电通广告有限公司CDC(北京にある電通)。

制作会社は迪尓希(ディーアールシー)広告有限公司(D2Cの上海子会社)です。

詳細はこちら→ http://www.d2c.co.jp/news/2016/11/25/1635/

 

2011年に上海に子会社を設立し、事業内容をいくつか変更しながら

やっとたどりついた「ストアエンゲージメント事業」。

現上海社長の近衛(写真中央)が切り開いた事業領域で、今回の賞を頂けました。

よく頑張った! 本当にありがたいです!

 

店舗周辺でのお客さんとのエンゲージメント需要は高まる一方。

アイデアとテクノロジーで面白い提案をしていきたいと思いますので、

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

D2C上海の他作品等はコチラ http://www.d2c-china.cn

 

 


協賛などいろいろと。

アプリ甲子園が終わって、間もないですが、

それ以外にもいろいろと協賛などしてます。

 

教育系だとこんな感じ

=============================

■G7プログラミングサミット
 早稲田大学、フジテレビKIDSとイベントの共催です。
 世界のプログラミング学習ツールが集結!

 開催は11月12日!

 http://g7.washi.cs.waseda.ac.jp/


■D2Cコンテスト

 これは弊社が主催するイベントではなく、数年前から取り組まれている

 Device2Cloudコンテスト(通称D2Cコンテスト)への協力です。
 IoT時代を見据えた取り組みで、デバイスやクラウド活用のアイデアが出てきます。

 会場提供、事務局運営や特別審査員として協力させていただきます。

 http://www.device2cloud-contest.com/

 
 日時:12月10日(土) 場所:D2Cホール(これは東銀座の弊社オフィスです)

■松田校長イベントへの協力

 松田校長と言っても、分からないと思うのですが、、、

 総務省の総務省「プログラミング教育事業推進会議」委員も務める方です。

 http://kodomomirai.com/author/matsuda

 

 プログラミング教育の大きな課題の一つに

 「教える先生をどうやって増やすか?増やせるか?」があります。

 意志のある先生方に集まって頂き、先般D2Cホールで

 「先生のためのプログラミング講座」が開催されてます。

 1回目の模様の記事はコチラ。

 http://blog.ict-in-education.jp/entry/2016/10/01/050000
 第2回目もD2Cホールで開催されます。

 

==========================

制作系だとこんな感じ。

 

■HCD-Net認定専門家交流ラウンドテーブル

 「人間中心設計専門家と一緒に考えてみよう」

 協賛:D2C dot


 人間中心設計と聞いて理解できる実務で頑張っている専門家同士、

 あるいは専門家を目指している方々との交流イベントを開催します。

 これは、制作系の中でも特に先端というか、深い人の集まりかなと・・・。

 

 形式はラウンドテーブルで問題提起やプレゼン、ディスカッション。

 日時:11月17日(木) 19時〜21時 (18時半開場)
 会場:株式会社D2C dot D2Cホール
 定員:35名(先着)

 話題提供予定者(敬称略)
 ・井上 誠氏 (株式会社DMM.comラボ) 
 ・遠藤 哲生氏 (Supership株式会社)
 ・山岸 ひとみ氏 (株式会社Gaji-Labo) 
 ・和田 あずみ氏(株式会社DeNAトラベル)
 ほか *突然の業務都合により欠席の可能性あり。

 

 参加費:HCD-Net認定専門家・スペシャリスト:2000円
     HCD-Net一般会員:3000円
 一般:5000円
 *実務を行なっている方向けのイベントですので学生価格はありません。

 

 主催:人間中心設計専門資格認定センター
 協賛:株式会社D2C dot
 運営:HCD専門資格認定センター、HCD-Net Clubほか
 参加方法:「ラウンドテーブル参加希望」としてhcdnet_registration@hcdnet.org まで。

  氏名:
  所属先名:
  会員種別:認定専門家・スペシャリスト/正会員/一般/その他( )
  電話番号:
  メールアドレス:
  参加費領収書の宛名:
  ※記載がない場合は所属先名で発行いたします。

==============================

 

 

広告事業領域を中心に周辺事業領域にも、

いろいろと接点を持って行きたいと思いますので、

皆さま、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


D2C dotに社名変更!

「伝えたいコトを伝わるカタチに」を経営理念に掲げ、

D2Cソリューションズが、D2C.dotに社名変更しました。

 

HPもリニューアル!

https://www.d2cdot.co.jp/index.html

 

実施させている案件のほんの一部でしかないのですが、

いくつか紹介させてもらっています!

 

本会社は2代目の中継ぎ社長を務めさせてもらいましたが、

現社長の四栗で4代目に。

僕よりも制作系や企画系の業務歴は

長いので任せていて安心しています。

 

途中、様々なメンバーもジョインしているのと、

今後より一層の上流行程の案件が増えるのを見越しての社名変更。

 

経営理念である「伝えたいコトを伝わるカタチに」していけるよう

引き続き、メンバーも増やしつつ、頑張ってもらいたいと思います!

 

 

 

 


内定式2016

2017年4月学卒者の内定式@D2Cホール。

 

厳しい選考過程を経て、内定式に来てくれたのは22名。

多くの会社からD2Cグループを選んでくれて、嬉しい限り。

本当に、ありがたい。

 

卒業までの半年間は、予定調和にならないように

多様な価値観を受け入れられるような経験をしてきてもらいたいと思います。

 

 

 


修正事業計画

8月に入ると修正事業計画の策定が本番に。

事業本部、子会社からのヒアリングが中心になりますが、

少し新しい視点で動かないと大きな飛躍はないかも。

 

着実に遂行する部分をミニマムの計画として、

大胆に遂行した場合の上振れを目指して、修正していければと思う。

無理をしてもしょうがないので、きっちり仕上げたい。

 

 

PS:キナバル山の下りは想定以上に体にこたえた様子。

 久しぶりの筋肉痛・・・。

 

 


VR表示対応したゲームフレームワークVRUE

子会社のブループリントからリリース。

・VR表示にも対応したゲームフレームワーク「VRUE」を開発!

・VR表示対応3Dシューティングゲーム「Motivator」を国内外で配信開始!

 

両方ともにVR関連ですが、大きな考えは一つで、VR時代に向けての準備です。

 

今回開発した「VRUE」はVR対応ゲーム開発を簡易に行う事が出来る枠組みで、

ユーザへのプッシュ通知機能、Appストア、Googleプレイでの課金、SNS連携

多言語対応など、様々な機能を簡単に実装できる仕組みです。

 

これを活用して作ったのが、「Motivator」というわけです。

 

ゲーム自体のヒットも願いたいですが「VRUE」のようなフレームワークが

機能して、少し遅れ気味の日本のVR開発を後押しできれば嬉しいです。

 

 

米国で突然ヒットしたPokemonGo。凄いですね〜。

街中にポケモンが居るという、現実社会とミックスさせた

AR(拡張現実)、MR(ミックスドリアリティ)になってます。

 

VR、AR、MRなどこういった領域が拡大して行くのは自明の理。

ブループリントだけではなく、クライアントからの個別VRコンテンツ開発要望も

散見されてきたので、地道に事例を積み上げて行きたいと思います。

 

 

 

 

 


幹部合宿@東京駅

下期修正計画を策定する前の、幹部合宿。

 

今回は東京駅上のカンファレンスセンターにて。

合宿はせずに、日・月で集中討議のみ実施。

 

各本部、子会社から、現況報告や修正方針等聞くにつけ

立派に運営してくれているなと感心する部分もあるが、

「連続的な成長」型が多いかなと・・・。

 

突発席な成長領域も取り込むような「非連続の成長」も模索しなければ

デジタル産業の拡大と異業種の参入がある中、グループとしての成長は

おぼつかなくなるかもしれない。

 

意図的に非連続の成長を起こす事はできないのですが、

目論まなければ何事も始まらない。

 

「連続的な成長」領域と「非連続の成長」領域の

バランスを上手く取りながら、成長を狙い続けよう。

 



profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM