G1サミットも中止

本来であれば、この3連休はG1サミットに参加予定でしたが、

コロナの影響で中止に。

 

経営の視点だけではなく、自分の知らない領域の学びがあったのですが、

なくなってしまい残念・・・。正しい判断なのでしょうがない。

 

今回のコロナによる社会的な影響自体が、

社会人として、経営者として学びが多い(はず)。

 

今回のコロナ災を、「学び」と言っては失礼だが、

様々な領域で検討されていたオンライン事業案件が、

強制的に社会実装され、評価を受ける訳で、

単なる「学び」から「進化」につながれば良いなーと。

 

にしても、まだ底が見えない・・・。

底はいずこか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ZOOM、ZWIFT、猫

リモートワークで、会議の基本はオンライン。

一番使ってるのがZOOM。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

2月よりも利用者が世界的に増えたのか?

少し遅延とか音声の乱れもあるが、素晴らしいサービス。

 

ここ数年続けてきた週2回の朝練スイムは、

スポーツクラブ閉鎖で、今月は全く行けず、、、。

で、増やしてるのはオンラインサイクリングのZwift。

https://zwift.com/ja

こちらも世界中でユーザが増加中。

時間にもよりますが、数千人の同時アクセス。


学校に行けない子供の癒しと

毎食作り、子供の面倒を見なければいけない妻の癒しになってる

1ヶ月前に飼いだした猫。こちらは当然オフライン。とても良い感じ。

 

日常生活、行動を制限されてますが、世界を見回すと、まだ日本は緩いかな?

パンデミックに入ったコロナはどこまで人類に影響を残すか?、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


東日本大震災から9年

2011年 3月11日 2時46分。

大地震から引き起こされた、津波、原発停止、放射能汚染、

電源不足、物流滞り、消費も自粛。

 

多くの人命が失われたことに、黙祷。

 

本日は「家族が一緒に居られることを感謝する日」

 

 

 

 


4年に1度の29日

2月29日。4年に一度の、時差補正。

特に意味なく、ブログUPしとこう。

 

*ネコの写真も意味なくUP、、、笑

 

 

 

 

 

 

 

 


テレカンと学校休校

コロナウイルスの拡大を封じるために、中国政府が取った

春節時期の団体旅行禁止とか都市封鎖を裏読みすると、

かなり危険視したのだと考える。

 

なので、「コロナ拡大、やはり来たか、、、」という感じ。

それを見越して、2月上旬あたりから増えてきたテレカン。

 

一番使ってるのはZOOMですが、使ってみると、

共有、軽いディスカッションまではできますが、

ブレスト的なのは流石に辛いかな?

 

========================

政府からの要請で、大規模イベントの中止。

時差出勤、テレカンの推奨。ついには学校休校も。

 

ビジネスの世界は、テレカン的なサービスは普及済み。

学校教育の「授業」の変わりはできても

筆記などもある「試験」、「受験」のソリューションはまだ無い。

 

今回のコロナ騒動では社会の中で、

「ネット対応できている分野、できていない分野」が明確に。

 

 

 

人類対コロナウイルス的な感じになってきましたが、

歴史的に見て、超えられなかった課題は無い。

問題は「いつ解決の目処が立つ」か?

 

もうしばらくは、少し引っ込み気味で、耐え忍ぶ感じかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ICC@福岡のはずですが、、、

ICC(Industry Co Creation)サミット福岡に参加予定でしたが、

コロナウィルスの影響を鑑みて、不参加にしました。

うーん、残念。

https://industry-co-creation.com/events/icc-fukuoka-2020

 

 


ネコ

ネコを飼うことにしました。

 

家族で猫カフェ行ったり、ペットショップで、見てみたり、、、

けど、子育ても大変だし、ペットを育てあげるのは大変で、

長期旅行の際にペットホテルに預けるのも嫌だしな、、、

ペットロスとか嫌だしな、、、とか、以前から悩んでいたのです。

 

僕は子供の頃から生き物は飼った事はないのですが、

妻の実家は犬猫ともに飼っていて、可愛いのは知っていました。

 

で、今回、悩みに悩んで、、、「飼おう!」と家族一致。

サイベリアンというロシア原種のネコで、毛がボハボハしてます。

生後2ヶ月でうちに来たので、ゆっくり育って、長生きしてほしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


干支も4周

本日、誕生日。干支も4周し48歳に。

あと1周で還暦か〜。全く実感がない、、、笑。

 

米国の研究によると47歳が一番不幸に感じる時らしい。

あまり考えたことありませんが、、、。

 

で、どうやらしいたけ占い的には、悪くない感じ。

女性向けの占いですが、、、笑。

 

2019年は、僕にとっては変化の始まり。

2020年の48歳で方向決めて、それ以降は邁進したいと思ってます。

 

健康第一。

引き続き「明るく、楽しく、厳しく」生きたいと思いますので、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


百名山17:赤岳(八ヶ岳) その2

アイスクライマーの人達は、遅くまでワイワイガヤガヤと。

山小屋なのに、少しうるさいです、、、が

楽しみ方の違いなので、しょうがない。

 

熟睡とまでは行きませんでしたが、

それなりによく寝れたので、良しとしよう。

 

5時前に起床。歯磨き、食事、トイレ、着替えで6時半前に出発。

すでにヘッドライトは不要なぐらい明るい。

 

写真の上部が目指す「赤岳」ですが、

山頂を目指す前に、まずは行者小屋に行き、不要な荷物を預ける予定。

 

気温は氷点下15度ぐらいかな?アイゼンをつける指先が痛い。

歩かないと足先も冷たい、、、ので、6時半ごろには、登山再開。

 

 

 

 

見えてきたのは、行者小屋。奥に見えるは阿弥陀岳。

行者小屋は冬季営業を通常はしていませんが、本日は特別に営業中。

これもアイスキャンディイベントのお陰。

こちらに泊まれば良かったかな?

 

うちらが目指すのは八ヶ岳最高峰の「赤岳」2899m。

 

さー、荷物も軽くなったところで、山頂アタック開始!

 

最初は森林地帯なので、風がありません。

 

日に照らされる阿弥陀岳と中岳が美しい。

 

 

稜線に出ると、風が強かったりしますが、

吹き飛ばされるような強さはありません。落ち着いた天候に感謝!

 

 

山頂まであと一踏ん張り。ここから高度を一気にあげます。

アイゼンが雪に食い込んでいるのを確認し、

ピッケルを指しながら安全に登ります。

 

 

最後の急登。登りと下りが同じ道なので、多少の渋滞発生。

まー、景色見たり写真撮りながら楽しみましょー。

 

 

 

行者小屋から登る事、約2時間15分。

2899mの赤岳山頂に到着!

赤岳鉱泉の山小屋からだと、休憩含めて3時間半。

ほぼオンタイムな感じ。よく頑張りました。

 

雲もなく、快晴な中の360度の絶景。綺麗だな〜。

 

 

 

 

北面は風が強いのですが、南面は風がなく、ゆっくり過ごすことができました。

写真撮ったり、意味なく山頂の山小屋を見に行ったり、

景色見たりと、、、20分ぐらい過ごして下山開始。

 

登りと違い、下りは軽い。

膝への負担を和らげつつ、転ばないようにしないと。

 

 

 

 

 

 

行者小屋にて荷物をピック。

アウターを脱いで、荷物整理して、下山あるのみ。

振り返ると赤岳が。ついさっきまであの山頂に居たのか?

名残惜しいが、ズンズンと下る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、13時半に、無事下山。

 

靴下とブーツの相性、体重の掛け方、

マイナス15度前後での登山の時の汗のかき具合とウェアの相性、

アウターの使い方、アイゼン/ピッケルの適切な使い方など

トライ&エラーが続く中ですが、少し要領を得た気がします。

 

今年夏の目標はヨーロッパアルプスなので、

もう一回ぐらい雪山登山訓練しておこうと思います。

 

にしても、今回は天候に恵まれて最高!

あー、楽しかった! 次はどこ行くかね?

 

 

 

============================

■八ヶ岳

■標高:2899m 赤岳

■登山日:2020年2月1、2日

■登山ルート

 初日:美濃戸口→美濃戸山荘→北沢コース→赤岳鉱泉

 二日目:赤岳鉱泉→行者小屋→文三郎道→赤岳山頂→文三郎道→

    行者小屋→南沢コース→美濃戸山荘→美濃戸口

■移動距離、時間

 初日:約7.8km、約3時間半

 二日目:約11km、約6時間半

■天候:晴れ

■備考:コースは整備されており、迷うことはない。

 ルート上、美濃戸口、美濃戸山荘には、トイレ、売店あり。

 赤岳鉱泉は、至れり尽くせり。テント泊も山小屋泊も選べる。


百名山17:赤岳(八ヶ岳) その1

久しぶりの雪山登山は八ヶ岳へ。

八ヶ岳はいくつかのピークがありますが、今回はその最高峰の赤岳(2899m)を目指す。

 

早朝の新宿から、あずさ1号で茅野に向かう。

天気は快晴!登山日和!

駅に降りると、多くの登山客が下車。

登山口に向かうバスも満員。

 

登山開始は、美濃戸から。車で入ることもできますが、バスはここまで。

仕方ないので、登山開始。と言っても、まだ雪はマダラ。

 

 

 

アイゼン付けるが、すぐ外し、、、

 

結果、本格的な登山開始の美濃戸山荘まではアイゼン付けずに歩行。

今年は雪が少ないとは聞いてましたが、例年もこんなに雪が無いのかな??

 

 

やっとここからアイゼン付けて、本格雪山登山開始!

今日の目的地である「赤岳鉱泉」の山小屋は、北沢ルートで向かいます。

 

 

 

 

 

そんなこんなで、少し休憩とりながら、登ること3時間ちょっと。

 

グオっと目に入る氷柱アイスキャンディー。

宿泊地にて開催中の「第10回アイスキャンディフェスティバル」

http://akadake.main.jp/info20/index.html

 

珍しいことに本日は「赤岳鉱泉」の山イベント!

人工的に作られた氷柱をアイスクライミングしています。

 

 

 

 

 

多くの登山アイテムメーカーが協賛していました。

流石にアイスクライミングには手を出さない予定ですが、

こういったトライアルみたいのはやっても面白いかも?

 

雪山登山とアイスクライミングのアイテムの違いを目の当たりにしつつ、

お汁粉をいただきつつ、アイスクライマーを横目に、、、宿にて休む。

 

本日の宿は標高約2230mに位置する「赤岳鉱泉」の山小屋。

https://userweb.alles.or.jp/akadake/

 

 

 

 

お酒も飲み物もお菓子も買えるし、電気もあるし、

うちらの予約した個室部屋にはコタツもあるし、

夕飯のビーフシチューも美味しいし、、、と、至れり尽せり!

夏にはお風呂もありますが、冬はないのが、残念。

 

 

 

テント泊もできますが、流石にマイナス15度の世界で寝るのは

まだ早いかなと、、、。

 

うちらは部屋にて、ぬくぬくと寝させてもらいます。

明日は5時起き。夏山と比較すると遅めの起床かな?

おやすみなさい〜。

 

 

 

■八ヶ岳

■標高:2899m 赤岳

■登山日:2020年2月1、2日

■登山ルート

 初日:美濃戸口→美濃戸山荘→北沢コース→赤岳鉱泉

■移動距離、時間

 初日:約7.5km、約3時間半

■天候:晴れ

■備考:コースは整備されており、迷うことはない。

 ルート上、美濃戸口、美濃戸山荘には、トイレ、売店あり。

 赤岳鉱泉は、至れり尽くせり。テント泊も山小屋泊も選べる。

 

 

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM