As You Wish社のHPオープン

令和元年9月2日に設立したAs You Wish株式会社のHPがやっとオープン。

https://ayw.tokyo/

 

まだまだ内容的には薄いですが、、、興味がある人はご覧ください。

*本ブログからもリンクボタンがあります。

 

 

 


知人の別荘にて

登山を共にする方の別荘は、台風19号の影響で被災して、修理中。

 

もう一人の方の別荘は、あまり使っていないらしく、

10数名で押しかけて、遊ぶことに、、、。

以前よりも酒量が減ったといっても、皆さん、よく食べよく飲む。

暖炉の前で、ゆっくり過ごしたせいか、あまり酔いすぎずに心地よい。

 

別荘いいな〜、、、と思いつつも、僕の場合は利用が少なさそう、、、。

海/山/湖と色々行きたい僕の要望にはキャンピングカーの方がマッチしてるか?

 

今の車が7万km/12年目なので、まだまだ傷みも少なく、安全に乗れます。

が、乗り換えも考えようかな、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ドコモOpen House2020

今年はCES@ラスベガスには行かなかった。

SONYが車を出したり、トヨタがスマートシティ計画を打ち出したりと

産業の垣根を超えた次を目指す動きが多かったように見えたので、

報告会はどこかのに参加しようと思う。

 

で、本日はお台場の青海展示場で開催されている

ドコモ主催のオープンハウスに参加。

http://docomo-rd-openhouse.jp/2020/

 

当然ながらメインテーマは5G。

5Gは単体で威力を発揮するというよりも

既存産業の底上げによって、従来難しかった事が可能になると

捉えた方が、良いと思っています。

 

で、ざっと見た感想でいうと

「世界一、ショーケース的にまとまっていたのはここじゃないかな?」

 

=============================

5Gの導入にあたって様々な技術提案が必要であり標準化が必要です。

世界で一番出しているのは、中国のメーカーであるファーウェイ。

その後もメーカーが続きますが、世界で一番貢献している通信キャリアはドコモ。

 

一般的に、通信キャリアは研究開発力が弱く

メーカー依存なのですが、ドコモは違う。

自社でR&Dの体制をきっちりと整備し、技術標準化にもしっかりと貢献。

なので、様々な産業とのコラボレーションを進めやすいのだと思います。

 

ついつい煌びやかな展示に、目を惹かれがちですが、

ひっそりと会場の隅っこに掲示されていたこのパネル。

ドコモが通信キャリアとして強い根源的な理由や

社会的な意義がある事を理解できている人は、意外と少ないのかも。

 

 

=============================

ちなみに、個人的に一番気になった技術は電力関連。

「遠距離充電」、「超高速充電」技術が、展示されていましたが、

これは劇的に様々なサービスの課題を解決するかなと。

 

5Gそのものの通信技術ではありませんが、

こういった要素技術の積み上げで5G時代は大きな変化につながると確信。

これからも、面白い時代になりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「未来の東京」戦略ビジョン

東京都が発表した「未来の東京」戦略ビジョン。

https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/basic-plan/author53762/vision.pdf

 

2040年の東京がどうなっているか?、どうなりたいか?、どうなるべきか?

をかなりの分厚さでまとめたものです。

*概要版もあります。

 

国際社会全体が、従来の資本主義の限界を感じ始めていて

株主資本主義でもなければ、社会主義でもないし、、、という事で、

向かう先はSDGs。

 

イギリスの工業化社会の延長で作られてきた

近代都市の行き着いた都市としての東京ですが、

目指すべき次の都市はどうなのか?

 

将来ビジョンなどの興味がある人には、一読をお勧め。

まー、ビジネスのネタも豊富にあるかなと、、、。

 

 


親族も元気

元旦には、実家に戻り、親兄弟甥姪と。

3日は妻の方の実家にて過ごす。

 

妻のお母さんが年末に入院したものの、すでに退院。

正月を一緒に過ごせてよかった。

 

親族も元気に過ごせていて何より。

 


令和2年 あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

 

平成31年、令和元年は、僕にとっても変化の始まり。

人生100年にあって、第2の社会人人生のスタートになりましたが、

今年は変化の方向性を定める年にしたいと思います。

 

ちなみに2月に48歳。子年の年男です。

おみくじは小吉。数年後に「大吉」にすべく、精進したいと思います。

 

多くの方にお世話になるかと思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 


餅つき

知人か開催している餅つきに、顔だけ出させてもらう。

「顔だけ」というのは、本当で、、、

会自体は数時間に渡って何と400kgものもち米を付くので

正式参加者は、何度も何度も、餅を突く。とても凄い会。

 

息子と顔を出して、10回ぐらい突かせてもらい、

つきたてのお餅を少しいただき、鏡餅を自作させていただく。

 

つきたてのお餅はとても柔らかく美味しい。

「顔だけ」出させていただきましたが、来年は正式参加かな?笑。

美味しく、楽しく、日本古来の伝統を感じる有意義な時間。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人口減と自治体政策

日本の人口減少が予定よりも早まっている。

86万人が生まれて、130万人がお亡くなりになって都合、50万人の減少。

減るのは想定通りですが、出生数が予定よりも少ないのが大問題。

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/compact-city/

 

根本的な課題は、人口減ですが、

その事実を目の前にして、自治体が取る政策は

「定住人口を増やそう」=他所の自治体から人を呼び込もう・・・。

 

この大方針に基づき、自治体は宅地ではなかったところに

「住んでも良い」と規制緩和して、市街地を無駄に拡大。

行政コストの拡大に、、、定住人口を増やそう、、、。

 

このマイナススパイラルを止めるのは「都市のコンパクト化」

しかないのは、どの地域行政も人も、わかってるはず。

 

実行できないのは何故なのかな?

 

=======================

東京都などの都市部は人口拡大。

土地の資本効率が上がるので、戸建てがマンションに、、、。

急激に増える人口。

結果、地下鉄やJRは1本遅延するとホームに溢れる。

生徒の増加に追いつかない学校などの地域インフラ、、、。

 

 

昭和的=拡大期の行政方針ややり方は、もう無理。

人口減少時代の新しい行政指針を、きっちりやるためには、

小規模行政区分から中規模での行政にして、

「全ての住民の意向は叶えられない」前提で、

現実を直視して、少し厳しめにルール設定しないと、

対応できないんじゃなかろうか?

 

=======================

 

本日で、仕事納め。

令和元年も、変化の年でした。

来年は、方針を定着させる年にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


メリークリスマス♪

24日は自宅にて、クリスマス。

息子は以前よりも、プレゼント希望カードを

書くタイミングが遅くなったなー。

 

それもそのはず、親族で一番幼いので、6ポケットから色々いただき、、、。

結果、欲しいものは、それなりに手に入れているんだろう。

 

息子が欲しいのは、物ではなく、親が居ない

「友達との時間」とかなのかも?

 

もうすぐ、一緒に過ごせなくなるんだろうなー、、、。

去年のニュージーランド旅行、楽しかったな〜。

と、子離れできない今日この頃(笑)

 

 

 

 


年末会食

西オーストラリアバッセルトンのアイアンマン大会の前2週間は

出来るだけ会食を入れずに、飲まない生活。

 

戻ってからは、毎夜会食、忘年会。

飲まない日々が続くと、アルコール耐性って弱くなるんだな、、、。

単に眠くなるのが早くなっただけかな?

 

年末年始に向けて、痛風が出ないように、気をつけないと・・・。

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM