富士登山2014

 毎年恒例、D2C富士登山研修。
今年は、新卒入社組に加え、タイの出資先企業MCFIVAの18名も参加。
都合40名程度の大パーティでの挑戦です。
さてはて、どうなるか?


出発前。

6合目あたりです、ここから山登りって感じです。

登り始めは元気なメンバー。山頂まで、この元気が持つかな?


山の天気は変わりやすい。晴れたり曇ったり。


あんぱん食べたり。


途中、女子の荷物を男子が持つみたいな青春チックなシーンもありましたが、
陽が落ちる前の19:00頃に、無事8.5合目に到着。

一方の、MCFIVAチームは、一人脱落、また一人脱落と、、、
8.5合目の山小屋に到着したのは、遅れる事2時間の夜21:00。
大丈夫かな??

星空がとても綺麗だ!


いかにも山小屋な寝床。深夜1:30に起床し、準備開始。

新卒チームとアタック開始するが、MCFIVAチームで、離脱者追加2名。
新卒チームは大丈夫そうなので、少し心配なMCFIVAチームに、僕だけ合流。
登ってるメンバーは、なんとかなりそう。
ご来光までに登頂できるか??

少し雲が厚かったのもあり、ご来光は遅れ気味。
結果、新卒チーム、MCFIVAチームともにご来光!

登頂おめでとう! バンザーイ!


と、お祝いをしつつ、僕ともう一人だけ別行動のお鉢巡り。
お鉢巡りとは、山頂を一周するコースで、本当の山頂に行くコースです。
過去4回はご来光後に下山してましたが、今回は無理を言って、行かせてもらいました。

剣が峰の急坂を登りきるとあるのがコチラ。3776m地点です。

みごとな影富士にも、満足。

その後5合目までざっと下って、皆と合流。

登頂できなかった人も居ましたが、全員無事で良かった良かった。

皆で協力して登ったという共通体験としての横糸。
先輩方も登っているという時代を超えた縦糸。

一歩一歩進めば、大きな山も越えられる事を実感できる
富士登山研修! おつかれさまでした!



PS:ドコモのLTEネットワークは良く繋がってました。凄い!

富士登山2013

本日は恒例のD2C富士登山研修。
今回は新卒、アダルトチーム合わせて23名。

バスで向うも、天気予報は雨で登山には適さない天気らしい。
5合目からフル装備でご来光も見れず、ただ下るだけかなと・・・あきらめモード。
更には、高速の事故渋滞で、2時間以上のロス・・・。先行き不安な感じ。


ですが、5合目についてびっくり。登山客は少なく、天候は良好。
ん??もしかして行けるか??





本来は、新卒チームが吉田口登山道、アダルトチームが須走登山道を登り
8.5合目の宿を目指す予定だったのですが、出発が遅れたので、
全員同じ吉田口登山道を進む事にしました。

新卒同士が声を掛け合うのは良いね。たまには「空」元気も必要です。

今回は出発が2時半前後で遅め。8合目に入る当たりには、真っ暗で
宿に向うにもヘッドランプが必要で写真があまり取れませんでした。
なんやかんやで、9時前には全員宿にて夕食。

===========================
深夜1:30に起床し、2:00に出発。黙々と登頂を目指す。
やはり今回は登頂ツアーをキャンセルした人が多かったのか、
登山道が空いている。

月は三日月。空は暗く、雲のない空に星が煌めく。
一生分の星を見たのではないかと思うぐらい、壮大で美しい。

時折休み、空を見上げながら登頂をつづけ
3:35分には全員山頂に登頂完了!

山小屋で時間を過ごし、なんとかご来光まで見る事ができました。
登山ガイドさん曰く、「最近ご来光が見れない中、奇跡的です!」との事。
やはりご来光を見る事ができるのは、嬉しいですね!。


雲海を見下ろしながら下山。

写真には描けないことがたくさんあります。

登山中や下山中に、いろんな思考がめぐります。
そういった事は体験した人にしかわかりません。

いろいろあって、無事下山。
下山後はダラダラと、アイスを食べたり寝転がったり。

最後の〆写真はお決まりの集合写真。

無事登頂&下山おめでとう!
自信をもっていろんな事に取り組んで行きましょう!

PS1:新卒へ
 「やる」→「やった」→「できた」→「できる」の心を忘れずに!




PS2:今回、高速道路の事故は想像以上にひどく、2時間半程度待ちました。
 高速道路が歩行者天国状態に。その間にトイレを探して一般道に降りた所に、
 何のご縁か・・・「宝珠寺」。ありがたやありがたや(笑)
   




富士登山2012

恒例の富士登山。
昨年はご来光が見れなかったので、リベンジ!

前回は体調を万全に整えましたが、今回は前日も飲んでしまい、
睡眠時間が短め・・・。大丈夫かな〜と思いながら、早朝にオフィス集合。
バスで一路富士五合目に向かう。約2時間の異動はスムーズ。

到着後、着替えてうどんを食べる。
総勢30名の団体は新卒チームとオトナ(希望者)チームに別れて出発
オトナチームはお参りした後に13:00頃に出発!

天気は快晴!6合目ぐらいまでは準備運動。
こっからがいざ登頂!

と思ってはみたものの、結構な人数が山頂を目指します。
7,8月の2ヶ月間で30万名が登るみたいなので、単純計算すると
毎日5000名の人が登頂しているようです。

なので、登山道は渋滞・・・。
まだ、元気なうちに登山写真をパシャリ。

7合目途中や8合目に到着する辺りで、前を進む新卒チームと合流。
オトナチームも想定よりも元気です(笑)






結局、オトナチームが先行し、登山を進める。
8.5合目の宿を目指して、1歩1歩。


気がつくと周りは夕暮れ、雲海は遥か下に。
駿河湾に映る満月が登山道も照らしてくれます。


結果、20:00ごろ山小屋に到着。遅れる事20分前後。新卒チームも合流し夕食。


いつもならビールを飲むところですが、今日はグッと押さえてお味噌汁。
食後直ぐに、就寝。おやすみなさい〜。

================================
翌朝1:30起床。辺りは真っ暗。
外に出ると満月が「良く来たね、元気に早く登りな!」と囁く。

7合目、8合目に宿泊していた登山客はもっと早く起床して、
ヘッドランプを頼りに、黙々と登頂してくる。うちらも急がねば。

防寒対策をしっかりして2時に出発。渋滞しており体が暖まらない。
1歩進んで休憩の繰り返し。寒さに堪えて、歩を進める。

ヘッドランプの灯りを頼りに、とにもかくにも1歩づつ。



で、3:40頃に無事登頂!想定よりも、早い登頂。全員成功!
皆で山小屋に入り、ご来光まで朝食&休憩。


===============================
外気は数度、ご来光をじっと待つ。
東の空が明るみ始め、日が射すのを待つ。
寒すぎて眠さもない。ただ待つのみ。

4:45分頃、ご来光!

登山を嫌がっていた社員も、この時ばかりは大喜び。

一時間程度、山頂で自由に過ごして、6時に下山開始。
眼下に広がる雄大な雲海。写真では伝えきれません。



2時間程、砂埃が舞う砂利道を下山すると、雲海は目前に。
よく登ったな〜、よく降りて来れたな〜。



今回も全員登頂、無事下山!良かったです!
お疲れさまでした〜。来年は別ルートで登山したいな〜(笑)



PS:新卒社員へメモ。(忘れないでね!)
 1:作業と仕事の違い
 2:「できる」←「できた」←「やった」←「やる」の違い







富士登山 無事登頂!

バスから見た富士山は、頂上部分に雲。あまりよい天気ではない。
どうなることやら・・・。


10:30に富士登山の吉田口に到着。着後、お参りの後、着替え。
12:00〜新卒チーム、12:30〜僕含めたメンバーが雨の五合目を後にして登頂開始。
「頑張って昇るぞ〜」


6合目から7合目に向かうあたり。皆、元気です。


7合目を超えて、霧の中を進む。


8合目では、猛烈な霧と風。


僕の髪の毛は凍ってしまうぐらい・・・。


なんとか晴れないかな〜と思っていると、8.5合目の宿に到着する直前に
晴れ間が!なんとかご来光を拝めるか???

宿に荷物を降ろした後、外を見てみると珍しい雲が。
雲なんて気にしてる場合じゃないので、夕食後、即座に寝ます。
といっても、良く寝れない・・・。軽い高山病かな?


写真がよくとれてませんが、夜中1:30ぐらいの登山道。
富士登山「狂」の人が、ヘッドランプ着けて、黙々と猛烈な人数が昇ってきます。
うちらも負けずに、2:15分に出発。


2時間ぐらい黙々と登頂して、4時6分に僕は登頂。
他のメンバーも4時前後。
宿を出て山頂に向かう間は、寒くて手足の指が痛い。
とても写真を撮ってる余裕はありませんでした。

で、念願のご来光は見れなかったのですが、脱落者を出す事もなく
D2C参加者全員が登頂できました!皆さんお疲れさまでした〜。


PS:下山後の様子(笑)


PS:ご来光の写真をガイドさんに頂いたので、UP!
見てみたいな〜、来年またチャレンジかな〜。











本日は富士登山

本日は、富士登山。電通に習って、D2Cでも行っているものです。
従来は、新卒入社の社員だけ行っていたのですが、
今回は僕を含めて「昇ってみたい人!」も参加。


7:00現在の富士山麓、富士山の天気は、曇りのち雨、雷雨・・・。
東京も、東京タワーが隠れるぐらい天気が悪い。

うーん、無事昇れるかね〜。昇れたとしても、ご来光は無理かな?

いずれにしても、山頂目指して1歩1歩向かいたいと思います。









profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Affle

Wil

     

D2C

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM