杞憂に終わるのを願う。

先週、今週とスケジュールが流動的になり、ぽっかりと時間が空く事も。
そういう時は、本を読んだり、いろんな整理をしたり。
偶発的ですが、たまにはこういうのも必要。

週末は海外からのお客さんが来日し、少しシビアな話もせざるを得ない。
が、逃げずにコミュニケーションを取ろうとしている相手が、
無理な話をしてくるとも考えにくい。杞憂に終わる事を願うのみ。
話し合いには素直に望もう。







内定式2014

2015年入社予定の内定者17名。

D2Cグループでの採用になりますが、
グループ内は学閥もないし、学科も特に偏ってません。

そういうのが背景にあるのかもしれませんが、
内定に応諾していただいた17名の学部学科を見てみても、
1大学から2名来るだけで、あとは重なりがない。

たまたまそうなっただけですが、
オープンな選考方法なんだと実感してます。

学生時代を悔いなく過ごして、来年の入社に備えて欲しいと思います。
お待ちしております。





D2Cグループ全体会議2014下期

来週から始まる下期の前に、
上期の整理と、D2Cグループが下期にどう進んで行くか?
全体像を共有する説明会を実施。

上期は予算、前年ともに成長することができ社員、取引先に感謝。
その流れを組んで、この下期もいい雰囲気で進めると思うが、予断は禁物。

2015年度から始まる第6次中期計画への布石として
大きな変化を伴う下半期。
各社、各本部、各部門が着実に遂行してもらう事を期待。

数字を自己目的化せず、「明るく、楽しく、厳しく」働いた結果
数字がついてくると信じています。変化を恐れず、大胆に!







2014修正事業計画承認

本日午前は、2014年度修正事業計画の説明および承認を得る事。
株主にご説明し、無事承認。更なる期待と同時に、改善要望のお言葉も頂く。
期待を裏切らないように、前進したい。




ad:tech2014

今年も協賛させていただき、アドバイザリーボードを務めさせていただいた
ad:techが開催され、盛況のうちに幕を閉じた。


キュレーションメディアのブースやテクノロジー系の会社が、
ブースを設置し、歩きまわる来場者にパンフを配布したり、
くじやプレゼントでお客を誘引している姿が、印象的だった。

また、講演も日本ではなかなか聞く事のできない、
海外ゲストが話すなど、日本最大の広告イベントとして恥じない内容だったと思います。

一時期は日本のモバイル先進性と海外の違いが明確すぎた事もありましたが、
デジタル広告、マーケティング産業の抱えている課題は、現時点では世界共通に
なりつつあるのが、現実なんだろう。

結果、海外からの議論や解決策を、横文字を並べて、
わかったようなわからないような説明をする
日本人が増えたようにも感じます。


デジタル産業全体で見れば、コマースビジネスが伸び続け、アイテム課金なども
伸びてます。さらにはIoTに向けて、デジタルデバイス産業への注目が集まったりしており
デジタル広告への注目度はそれほど高くないというのが印象でしたが、
業界関係者の熱量を感じる事はできました。

様々な裏方としての広告産業だと思いますが「なければ困る」広告産業。

裏方同士が、頑張りましょう!と言い合える場所は貴重です。
来年にも期待したいと思います。

企画運営の皆さん、お疲れさまでした!










中途社員向け研修

数ヶ月振りの、中途社員向けの研修。

以前は、毎月行っていたが、数ヶ月に一回に変更。
タイミングによって、伝えるべき事が、少しづつ変わるので、今回も少し更新。

特に大きく変更したのは、
D2Cグループの個別事業領域と関係性がわかるように修正した(つもり)。

創業以来2012年までは、広告単体の事業構造で、会社も単体だったのが、
ゲーム事業含むコンシューマ事業、さらには子会社、出資先もあるわけで、
全体像がわかりにくくなってしまいます。

なので、自分が働くとこが、D2Cグループ内でどこに居るのか?
どういった関係性があるのか?ざっくりと理解してもらう事を主眼に
修正したつもりですが、伝わってるかな?

研修の始まりが僕の役目です。
引き続き、自分の言葉で伝えたいと思います。








ママさんランチ会

本日のランチは、ママさん達とのランチ会。
先月と今月にわたり、開催しました。

産休後に保育園、幼稚園が見つかり、業務復帰したママさん社員です。
D2Cは復帰率が高く、元気に働いてくれてます。



=================================
現政権は、「女性の活躍推進」が成長戦略の筆頭と騒ぎ、
役職率の目標を●×%に!とか、少し無理な指標が一人歩きしそうな状況です。

政府が言っているのは、「働き手が減っていくから、女性労働力が必要
で、役職者も増やしましょう!」と、労働力不足の観点から
一生懸命働く人を増員しようと目論んでいるに過ぎないように受け取ります。
少し無理してないですかね??


管理職を目指して働きたい女性は働けば良いし、
家庭にて主婦業に専任したい人は専業主婦を全うすれば良いし、
子育てを中心に、サポート的に働きたい人は、そうすれば良い。
対価を伴わないボランティアを積極的に取り組む人、
趣味を主軸に、金銭的には最低限で、シンプルな生活を過ごせれば良い
という人も、数多く居るんだと思います。

何が言いたいかというと「労働における多様な価値観」
受け入れる事を、会社・社会ができるようにするってのが、
本来的な課題なんだと思います。

全員に働け!働け!働け!と言うのは、ナンセンス。
多様な働き方を企業が「受け入れる」。

更には、「受け入れる」というのではなく
「多様な働き方がある会社・社会」が望ましい。

=================================
いろいろ要望がでてくるのかな?と、少し緊張して望んだランチですが、
D2Cの制度を巧く使いながら、皆、楽しく働いているようで、ほっと一息。

大上段に構える事無く、多様な働き方があるD2Cでありたい。









今年も出ますアドテック東京!

例年通り、アドテックに参加させていただきます。

講演はD2Cソリューションズの社長である篠崎が
モデレータとして参加し、動画配信ソリューションである
アルフクラウドを中心としたソリューション展示も行います。



==============================
■公式セッション
会期: 2014年9月18日(木)14:25〜15:15
会場: 公式カンファレンスエリア【トラックA-8】
テーマ: スマホにおけるブランディングとは
登壇者: 【モデレータ】
・ D2C デジタルソリューション本部 本部長 篠崎 功
 【パネリスト】
•  花王 デジタルマーケティングセンター長 石井 龍夫氏
•  エバラ食品工業 マーケティング部長 鶴田 曉行氏
•  フェイスブック 執行役員 マーケティング本部長 須田 伸氏
•  PARTY Technical Director/Planner 中村 大祐氏
==============================


まだチケットがあるのかどうか?わかりませんが、
お時間のある方は是非、ご参加ください!




ノータイムポチリ 〜マラソンジャンキー小野さん講演会〜

昨晩は、IVP(インフィニティベンチャーズ)の小野さんに
社内講演会をしてもらった。

テーマは「オモロい未来の創り方」
iPhoneImage.png

小野さんに初めてあったのは、彼がCAMに務めていた頃。
2001、2年頃だと記憶するが、昔過ぎて思い出せない。

小野さんは2008年に独立し、その後マラソンを始め、
みるみる痩せていき、砂漠、北極、南極マラソンとかに出て、
ついには砂漠250kmマラソン世界一に!。

全く運動していなかった状況から
一転した人生を送っている訳ですが、
アタマ(思考)よりも<ココロ(感性)を優先し、決めていく
「ノータイムポチリ」が、すべての源泉。

・興味関心が人を動かす。
・人間は変われる。
・限界は思ったよりも先にある。
話を伺っての感想ですが、体現している彼を見て、僕も負けじと
トライアスロンのアイアンマン(計226km)に、挑戦しようと改めて決意。

熱量のある人の話は面白いな〜。
聞いた社員が人生のヒントを何か見つけたら嬉しい。

小野さん、ありがとうございました!

小野さんの本:マラソンジャンキー
小野さんのweb:http://hirofumiono.jp/






cciと包括提携しました。

お盆中に、ひっそりリリース

PC広告中心で成長してきたcci。
モバイル広告中心で成長してきたD2C。

2008年以降、モバイル、スマホ領域は協業をしてきたわけですが、
今回、包括提携で協業を深める事にしました。

主な協業は2つです。
・D2CもPC領域の広告を取り扱います。
・cciもドコモの広告媒体を取り扱います。

広告枠の話で言うと、上記ぐらいですが、
「統合デジタルマーケティング」をいかに提供できるか?
というのが、協業の根本です。

=========================
今回の協業をするにあたり、会社の定款も変更しました。

2000年の設立以来、いじっていませんでしたが、
今回、事業領域の拡大を目論み、変更する事に。
それぐらい本気です。

「統合デジタルマーケティング」を提供できる会社に
本気でなりたいと思ってますし、なれなければ業界内で淘汰されていくんだと思ってます。

御陰さまで第1Qは、良い滑り出し、第2Qも悪くないです。
下期からcciとの取り組み成果がでると信じています。

統合デジタルマーケティング時代に向けて
一歩ずつ着実に進めていきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。





profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

D2C

D2Cスマイル

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM